40代からのロードバイク  備忘録

このとこブリに縁遠い、こんなにタイミングが悪いと、また釣れない
んとちゃうか?思うわけですわ。

朝の4時に起きて、車を100キロ走らせて、船に乗って約1時間で白石
という漁場に到着。ジギングなんで、朝の10時から夕方の4時まで休憩
入れながらですが、しゃくり続けます。

いわゆるワンピッチジャークですが、日本海は100Mと深いので疲れます。
このところスポーツクラブで、ワンピッチジャークに必要な筋肉を鍛え
ているので随分楽になったが、何時までできるやら。

先日も舞鶴に行き、しゃくり倒したが、鯛一匹ですわ。しかも、タイラバ
ですから。。。あかん
DSC_1967

DSC_1969

日本海に比べて和歌山の餌釣りは朝が早い、白浜に5時半となると、2時
半には起きないといけない、そんなことしてるとまた、胆嚢を痛めるので、
考えものです。

それと往復高速代だけで6000円は痛いですわ。ガソリンと船代入れたら高額
になりますわ、なので、できれば朝の遅い日本海の餌釣りは体にも財布にも
優しい、舞鶴の完全フカセ釣りです。これならヒラマサの大物も狙えて、タ
イも狙える。体も徐々に歳ですから、今度は一度フカセ釣りやってみようと
思う。

最近夜の晩酌をほとんどしていない、酎ハイ、焼酎を飲まなくなった。原因
は夜中の小便です。病気して酒を止めるという流れでは無かった。

お酒を飲みたいが、何度もトイレに行くは、夜中にのどが渇く、朝の目覚め
が悪いなど、全く良いところが無いのです。飲まなければそれはそれで、慣れ
てくるとは思います。そして、新たなお酒の飲み方を発見する。休みの日に
自転車の練習に行って昼に帰る、昼食とってしばらくして15時位から飲み始める、
17時には結構いい感じで酔っ払ってます。

酎ハイ2缶と焼酎お湯割りで十分酔えます。これなら、夕食前にはほろ酔い
の感じで、夜中に影響ありません。 体の変化も含めて日記のようにブログを書いて
いるが、ノコギリヤシも試してみよか 

王滝練と言いながら、IKさんと一緒にライド、IKさん今日は
シクロです。自衛隊から中山山頂方面からの左折れのいつもの
コースです。

県道に出たところでOHさんと遭遇、検見山から大峰山のショート
コースに行くということで、一緒に行くことに

OHさんとは久しぶりです。私も胆嚢爆弾持っているんで、ゆっくり
ペースがいいので、ちょうどいい感じ、しかし今日はシクロには
少しきついコースかもしれません。

IKさんは若いので、らくらくついて来張ります。
今日はいつもの自主練に比べてとても楽なので、楽しめました。

5月20日が王滝、まだまだ先ですが、もうすぐです。 
キャプチャ
 

今日は回復走です。鳥脇山の階段のとりつきから登ります。
29インチで二回目です。29インチではこの階段上るのは
無理だろうと思っていましたが、そんなことないです。
DSC_1964


以外に登れます。なので27.5インチならば全く問題なく
登れるということです。最近は27.5プラスというタイヤが
28インチぐらいの、セミファットバイクが人気が出ている
と聞いている。

27.5プラスのハードテイルであれば、この坂も難なく担げて
行けるだろう、フルサスのほうが安定感はあるが、担ぎの
多い北摂では、やはりハードテイルに軍配があがるのでは
ないだろうか。

鳥脇のコース、最初の登り終了後から足を着くことなく最後
まで行けます。29インチの足元は空回りすることはありません。

根っこにも強く安心できます。おそらく27.5プラスであれば
同じように安定しているとおもう。
キャプチャ

 

マイペースで王滝練です、今日はエデンの園の手前のとりつき
から入って六甲の縦走路まで出て、左に行けば縦走路右に行けば
塩平寺ということで、エンペイジ経由の中山、余力があれば鳥脇
山に行ってというコースです。
キャプチャ

中山に向かう途中の疑似王滝道でOZ氏と遭遇、なんと自衛隊コース
7往復目とのこと、やりますな~王滝6時間半男は違います。

私も今日の予定を変えて3往復付き合いました。今日は1300m
登りました。でも、ゆっくりと体に優しく無理しません。

王滝前に胆嚢の調子が悪くなって思うように走れませんが、それも
仕方なし。久しぶりにきれいな甲山見ました。
 DSC_1962

老いを感じるとき
1.夜中にトイレに行く回数が多くなった
対処法→お酒の量を減らす、寝る前に水分とらない
2.手足が冷えてつらい 
対処法→つま先カイロ、自転車では手袋の中にミニカイロ
3.物忘れがひどい
対処法→これは特になし
4.気長になった
対処法→対処する必要なし
5.吉野家に行って並みの牛丼が入らない、お好み焼き定食
  を完食できない。焼肉よりへれ肉が好きになった。
  大盛と言って出てきた後に、食べれない自分を発見した時
対処法→牛丼は並→ミニ丼にする
6.朝早く起きるのが苦痛でない、夜中に目覚める
対処法→とくになし
7.50肩になったらほんとに腕が上がらないと経験する
対処法→痛くても回す
8.ちょっと油断すると、すぐぎっくり腰になる、 
対処法→予兆を見逃さない
9.自宅のトイレでは小でも座ってする、 残りがジュワ~と
  来てしまう。
対処法→残りはティッシュで先っちょ、チュンチュンする
10.外のトイレで小するとき、残りが不安
対処法→小が終わった後に、たまたまをぐいっと持ち上げて
    絞り出す。
11.頭の毛が薄くなってきた
対処法→リアップ処方
12.ちょっとした段差でつまづく
対処法→すり足で歩かない
まだまだ上げればきりがないような、思いついただけとりとめも
無く書き上げる。 

いつもの自衛隊からの中山ヨコ横練習のみだと飽きてくる
ので、宝塚南口から甲子園大学そして塩平寺まで、そしてまた
登り返して自衛隊までの練習。
キャプチャ

胆嚢が腫れもひいたが、胆嚢にやさしくゆっくりと練習です。
健康のありがたさが身に染みてわかります。
DSC_1957

DSC_1959


 

海は静かで、晴れて気持ちの良い天気です。前回和歌山では
このような陽気の時に全く釣れなかった。

まさか今回もなんて、あるはずもない。

舞鶴の魁皇丸さん、今回で3回目です。朝の8時出向です。
今日は5人で出向、片舷に5人並んでドテラで流せます。
DSC_1952

今回はぶり、さわらがメインです。できれば一匹ずつ最低
ほしいところ、10時前に白石のはずれに到着、水深85M
とりあえず第一投目、何にも反応なし、海は穏やかです。

そのまま、昼までしゃくり倒すが生命反応なし、船長が根魚
行って鰆いきますか?ということで、上までしゃくって何にも
なければタイラバしよかと思い、下から30回以上しゃくったとこ
ろで、くらいついてきました。

青物です、隣の人が「どの辺ですか?」と聞く、「上のほう、下から
30M」と返答すると両サイドが連続ヒットです。
上がってきたのはヒラマサでした、型は小さいですが元気が良いです

初ヒラマサです。しかし、その後全く当たりなく 大移動です。
 DSC_1953
もうすぐ夕方です、夕方の鰆タイム、魚探みたらいただき!と
思われる反応が通過しても、まったく口を使いません。

しゃくり倒しましたが、一瞬のヒラマサの地合いだけで終わり
ました。なんか、今日は天気がよいだけですね。結局3人が地合いで
GET残り二名ボウズです。
DSC_1954

 

胆嚢が痛くなった、数年前に痛くなった時も無理をしたとき
に痛くなった。今回も同じ現象でした。

昼食後、歩いていると胃のあたりがキリキリする。溝落ちの少し右側 
を手で押すと痛い、これはやばいな、今夜は痛みが来るかもと、思って
いると、夜中に痛みが来た。

寝ていると痛いので夜中の3時に起きました。次の日にかかりつけの先生
に見てもらうと、エコーでみる自分の胆嚢が、なすびのようにパンパンですわ

あちゃ~今回は切らなあかんかな、と思いきや。胆嚢自体はすごくきれいで
泥もたまっていないようだ、なので、大丈夫とのこと、念のため血液検査です。

先生から、脂っこいものはあかんよと言われる。とりあえず今日は痛みは
全くないので、薬も出なかった。

先生から、痛くなるパターンは個人で違うから、思い当たる節があるなら
養生するように言われる。それから日に日に痛みはなくなった。

この年になると、無理はできません、自転車で体を痛めつけすぎた後の
釣が連続すると発症することが多い、仕事ででることはない。

王滝用のハイドレーションバッグ調達です。300グラムでした。
水を500mmなんで、なんやかんやで1キロでしょうね。
DSC_1946

DSC_1947



 

久しぶりに堺浜行ってきました、9時にいつものローソン集合です
集合といっても、NGさんと二人っきり です。
DSC_1938

今までは4人で走っていました、懐かしさもありますが、あれ?
こんな速度だったかな?というぐらい遅いです。諸行無常

出足の遅いからなのか、無心で走れる堺浜は過去のもの、夏鈴鹿の
2時間エンデューロ状態でした。後ろに気を配りながらの走行です。

ローディーが増えましたね、いいことですが、走りにくいです。
体も爺さんですから5周で終了しました。コンビニ休憩してると

後輪を突っ込むタイプの自転車固定バーがありました。結構いい
ですね。また自転車もファッションも皆さん艶やかです。

その後はお昼に吉野家で豚汁で体温めて、高速で万博記念公園に
GO!駐車場が遠くて歩きましたわ。

関西はサイクルモード、アットホームというか、こじんまりというか
いまいちなんでしょうか。

そうは言いながら、アンダーと、帽子二個購入しました。
しかし、サーベロも進化してますね。写真載せます。
DSC_1942

 

和歌山の白浜に5時前に到着です。今日は深海根魚狙い、高級魚
のキンメダイ、クロムツです。水深400m近いところを400号の
おもりを付けて流していくというものです。

平日なので乗船者2名です。ほぼ貸し切り状態です。まだ暗い中を
沖に30分ほど船を走らせたところがポイントです。
白浜

乗船後船長が仕掛け等を準備してくれます。今日はレンタル竿に
仕掛けも船長オリジナルです。それにしてもデッカイ電動リールに
太いラインハリスです。
DSC_1913

DSC_1914

DSC_1917

こんな錘間違って落としてら針がブス~と指に刺さるなんと、想像し
ただけでも怖い、気を付けよう。

船べりにはマグネットが付いてあり、8本針を順に並べていきます。
タイサビキされた方はわかりますが、その特大版のような感じです。

400号のおもりを海に堀投げると、パサパサと仕掛けが海に吸い込まれて
行きます。餌はサバの切り身と、イカの切り身です。

錘がそこに付くまで数分かかります。そこに付いたらかけ下がりを、そこ
をトントンしていきます。上手に底に付くかつかないかの状態を保て
るかどうかが、釣果に影響します。

そして第一投目に底付近でコツコツとあたりがあります。これはもしや?
船長の「あげて~」の声で仕掛けを上げていきます。

また仕掛けを上げるのはゆっくりです。早く上げるとばらします。なので
時間がかかります。10分近くかかります。

DSC_1919

そして上がってきたのはキンメダイです。よっしゃ!
DSC_1922
しかし、今日はキンメダイ、これっきり、それっきりでした。
サバの猛攻撃に会いました。クロムつも2匹、メダイ2匹、サバ多数

カサゴにオニカマスでした。
DSC_1926

この船の船長はオニカマスやメダイなどは内臓とってさばいて渡して
くれます。サバは釣り上げたらサバ折にして内蔵出してくれます。
BlogPaint

そんな優しくしてもらったこと無いのですこしびっくり、白浜の
「代々丸」です。今日は釣果が乏しかったので最後にお土産まで
いただきました。内緒にしてほしいということですから、内容は
秘密です。ビビりました。

4時半に帰宅、十分魚を調理するじかんがあります。
1488446146221
キンメダイが一番おいしいと思いきや、クロムつの刺身、煮つけが
一番でした。甘みのある、こしのある刺身です。

煮つけも最高です、メバルの3倍おいしいですね。
DSC_1932






 

このページのトップヘ