40代からのロードバイク  備忘録

こんなことブログネタにする必要はないのですが、備忘録として記載です。
腎臓に水泡ができてるが・・・・造影剤入れて再検査です。先日胆嚢の
痛みで病院行くと、腎臓かもしれへんけど、本人の痛みの感覚は一番確か
あんたがそういうんなら、そうやろな!えっ!

ということで、明日もCTに入るわけですが、できればCT入りたくない
放射能嫌いですからね、ここ最近何かと内臓に黄色信号ですから気を付けな
いといけません。

今週末はアオリイカに栗です。その前にジギング行きたいんですけどね、
10月も奄美遠征に行きたくてうずうずの毎日です。

毎年恒例、秋の味覚の栗、黒豆をGETしました。王滝最後にほとんど乗って
いませんでしたが、何とか足もつらずに60キロ完走です。

なんともまた頼りないペダリング、抜かされても追いつけず、前方に人影見えて
も遠ざかるばかり。まあ、これでいいのだ~

悟りのライド、目的は秋の味覚ですわ。普通なら3時間で帰れるところが帰れま
せんわ、スピード遅いんですわ。

いつもの、末広公園でストレッチすると、体がバキバキですわ。あきませんね、
この年になればストレッチは大事です。もっと計画的にしないと反省です。

帰宅後黒豆食べるも、全然おいしくないですね、でたバカリですからでしょうか?
いろいろありますわな、天候にもよるでしょうし、しかし、あまり美味しくない
のでテンション下がりますわ。来週はおいしいのにあたってくれますように!

またまた、年寄ネタですが、車に乗っているとき、街を歩いているとき
など、子供を見るとかわいくて仕方ない、なんていうか、昔は自分の子供
とリンクしているところがあって、さほどではなかったんですが、なんか
最近見てしまうんですわ~あやしい親父のように、私は変な人であありませ
んよ!あの悪意のない目、あどけなさ、たまりませんわ。

子供と目が合った時、思わずニンマリですわ。なんか、娘が二人だとせめて
どっちかは結婚して子供産むやろと思うわけですわ。期待してるねんけどね

そういえば自転車仲間のM砂子さん、息子が9月末結婚とのこと、もうすぐ
孫できるんちゃうの?でも、息子やから、嫁さんの方の実家に行ってまうか?
そんなこと考えてると、うちももしかして、いきなり来るかもなんて思うわけ
ですわ。

嫁さんと話していると、「育じい」になれることは幸せなことらしい、育じい
したくても、できない人が沢山いるらしい、育じいか~~まあ、まだ先でしょうが、できればやりたし!

それまでは、自転車と釣りやりまくっておきますわ、それと孫にも自転車買って
やりたいな、マウンテン、ロードバイク、回転木馬で皆そろえましょうかな?
八代さんも、この世にいないかもな、キッズレースなくなるやん!

夢だけはいろいろ膨らみます。

朝起きた時やけど、右手がこわばって手を強く握ることができない、これも加齢によるものか?

朝起きて立ち上がる時、すごいしんどい、すぐに階段おりると足が動かん、俺ヤバイ?
四柱推命で見てもらうと、この3年間健康に注意と言われた。まじやばい

最近のライドは殆ど武庫川CRです。このところ朝の仕事が忙しく
毎朝の朝練ができてません。そして、胆嚢炎症始発、右手の腱鞘炎
などなど、やっぱり体は確実に老いてます。
マイペースで乗れば腰も大丈夫なんですが、いまいち時間が取れてま
せんね。
10月半ばからはマイペースでの自転車再開できる予定です。最近
はもっぱら釣りばっかりですが、釣りもいいんですが、やっぱり
自転車乗らないと体の方もなまってきます。

自転車から遠ざかると、自転車仲間からも遠ざかります。友達の少ない
私には耐えれない孤独感なので、秋からのシーズンは復活です。10月
か11月予定ですね。

今年もツールド沖縄いくで~といっても、行くだけでレースは出ません。
ツールド沖縄に誘った友達が行くのに、俺、腰痛いからやめとくわ!なんて
言えなくて行きますねんけどね。まあ、レースは嫁さん家族から禁止令が出
てますし、練習してないし、実際腰が痛いし、あきませんわ。

今回はマリオットの朝食と、仲間のレースがマジに楽しみです。11月は奄美
大島にも出撃予定なので、今度こそはジギングで10キロオーバーのカン
パチGET予定です。できれば10キロオーバーのクエも・・・・・

秋の味覚の栗を買いに行くのも楽しみです。月曜はNさんと下見ライドで
すが、3か月は坂を上ってないので行けるか心配です。胆嚢で先日もあわや
救急のお世話になりかけたので、今まで頑張ってくれた胆嚢ちゃん摘出予定
もあります。

なんか、検査受けたら腎臓の中にみたらし団子サイズの水泡があるとか、ま
あ、ほんま怖いですわ、今週の水曜も再検査ですけど、大丈夫か俺?

現時点は体が健康で、食べ物美味しくて、自転車乗れて、釣りができて、子供たちが健康で嫁さんが元気なんで、感謝感謝です。神様、いつもありがとうございます毎度感謝いたしております。せめて、娘の孫は拝ませてくださいね。

〇ジギング
ジグはやはり200gが最低必用、スローピッチが主であったが、250g、300gまで使用
二枚潮にはジグの重さで対応する前に、あまりの暑さ、重みのしんどさでノックアウト

夏は二枚潮になる可能性多し、100m前後ではやはり根魚が主のターゲットになる。
今回ジギングではカンパチゲットはならず。泳がせでした、水深は130mあたりです。

ハイピッチでは200gのジグが限界なので、おのずと出番が少なくなります。

〇泳がせ釣り
生きたムロアジは最高の餌でかつ勝負が早い、各種の魚がターゲットになりうる。
デッドベイトは主に根魚系だと思っていたが、青チビキ、フエフキダイも釣れた、先輩
は私が帰った後に、カツオデッドベイトでカンパチゲットしているとのこと、なのでムロ
アジが少ないときは、なんでも釣れるベッドベイトです。

〇ジギングのタックルは、基本PE4号か5号で、リーダーは60LBから80LBです。リールは
 オシアジガー3000、ステラ8000番

〇泳がせのタックル
 リールはアリゲーターバトル20W、ビートマスター3000、ビートマスター6000
 ロッドは泳がせ専用グラスロッド(沖釣工房)
 PEはアリゲーター12号300m、ビートマスター6000は10号300m、ビートマスター3000
 は5号
 リーダーは50号、針は24号、26号、28号


最終日の今日は泳がせでも、ジギングでも釣れる方でということだったが、午前7時出船
ですがあいにくの、2枚潮ですわ、300グラムでも対応できません。

上潮と底潮の流れる方向が違うので、水深100mでも、130mぐらいのラインが出てい
きます。ということは、船の上でいくらシャクってもジグは動かないということ、動か
ないということはルアー釣りは成立しません。こういう時はきっぱりあきらめて止めま
す。

ということで、デッドベイト泳がせに徹します。ウンバルの100mから130mのところまで
ずっと流していきます。最初はカツオの死に餌です。
DSC_2732

なんとカツオ投入後30分もしないうちにいきなりヒットしました。上がってきたのはフ
エフキダイです。

DSC_2730
餌を見ると、針がかかったところぎりぎり迄食べてましたので、唇の先に針が
掛かってます。口から入れて頭に出す掛け方の方法では、フッキングして無かった
と思います。小さなことですが大事なことです。

そして、同じく餌は冷凍ソーダカツオです。2匹目もコンコンあたりがあった後に
ガツンと竿が水面に刺さりました、なにせ、泳がせは面白い、今回はスタンディング
用のアリゲーター20WでPE12号、ハリス50号ですから余裕です。一度もドラグ
が鳴りませんでした。
1503287315756

掛かったのは青チビキです、おいしい魚です
1503287310113

細身ですが、この魚のサイズの中では大きい方です。とてもよく引きます、口は牙だらけ
刺さるとやばい魚です。

デッドベイトでも、結構釣れるんだという感触を得ました。最後はウンニュムで流し釣り
初日に釣った冷凍ムロアジです。投入後10分もたたないうちに、大きく竿がひん曲がります
まじか?慌ててロッドを持ち上げてやり取りしますが、余裕です。
アリゲーターの20wのリールのドラグ音はついに聞けませんでした。ロッドもグラスなので
よくパワーを吸収してくれます。スタンディングはカーボンより、グラスがおすすめですよ
上がってきたのはチャイロマルハタです、9キロと若干小さいですが、下に突っ込むパワー
ありました。ムロアジ丸のみなんでしょう、一気に反転したところ、がっつり口の中ほどで
フッキングしてました。

口の周りの歯は細かい歯ですが、鋭いです、生け花に使用する剣山みたいな歯が、内向きで
並んでいるので、かまれると抜けません。こんな感じです、口の中から出てきているのは
浮き袋、深いところから一気に上げられると出てくるんですわ、このハタさん。これが
出ると、おとなしくなります。

DSC_2739

DSC_2735

1503287305774


今日はジギングに見切りをつけて、デッドベイトの泳がせでした、ジギングが成立
しない時でも、泳がせで100m水深で300号のおもりであれば、何ともありません。

100mぐらいでも300号のおもりの方がいいかもです、捨ておもりのラインとの絡み
が全くありませんでした。ラインが一直線に張れて、流れが速いので、デッドベイトが
泳いでいるようにみえるのでしょうか?わかりませんが、いい感じでした。

あとは胴付きの、最強の仕掛け作成で、魚をゲットできますので、そこそこおかずは
取れたあとは、大物一本勝負の、一匹掛けがいいかもです。

しかし、生き餌のムロアジ、これが釣れたら、この生餌に勝るものはありません、なにせ
勝負が速い、魚がいれば即効で来ます。今回はいろいろ勉強になりました。

DSC_2749

奄美大島加計呂麻島、本日はウンバル方面に行きました。ウンバル方面は魚影が
濃い場所です。今日はここでジギングと餌釣り二本立て。

tizu
本来ジギングで通す予定でしたが、なにせ夏場のジギングは反応が悪く大変です。
カンパチは水温上昇のため深いところにもぐっているのでしょうか?根魚は大丈夫
なので、ここはもう一度、チャイロマルハタ狙いで行きます。
ジギングで3キロのチャイロマルハタ、4キロ程度のつむブリゲットするも、渋いで
すね。N先生は同じくチャイロマルハタ1匹のみ、大物の根魚掛かりましたが、惜し
いことに、フックのケプラーぶっちぎられてました。あれほどザイロンですよ!念
押ししたのにあきません。

後半は餌釣りで、胴付きの4本バリで、サバの切り身をつけてやってみました。なんと
着底同時にヒットが2回、そして、大物にブチぎられたのが2回、ハリス13号なのに
瞬間に切れました。餌に対する反応はよく、また五目釣りができる楽しみがありました。

根魚は歯が鋭いので、かかりどころが悪いとすぐに切れてしまいます。以前南紀の代々丸
に乗ってキンメダイ狙った時の仕掛け思い出しました。あれなら通用するでしょう。

次回はその仕掛け作成していきます。ハリス20号です。4本バリ。今日はウンバルですが
ジギングの場合釣れないと先に気持ちが折れてしまいます。今回もおんなじですね。

今日は後半の餌釣りで、カワハギ、シロダイなどのおかずもたくさん釣れたので満足です。
明日最終日にかけます。しかし、船上での鯖缶はうまい、おにぎりにも合います。塩分補給
にはちょうどいいです。
DSC_2717


カンパチ釣って港に帰ってくると我らが強い味方、U川さんがお待ち受け、カンパチ
裁いてくれるということです。いつもありがとうございます。さばいた後でお刺身も
フライも作ってくれてありがたいです。

港の階段でカンパチさばいていると、いつものようにウミガメさんは登場しますが今回
はGTまで登場です。U川さんが手から直接GTに魚の切り身をっ食べさせるのに成功しま
した。「あ~怖い!手までガブリといかれるか思った」そして何回も餌を食べにきます。

食べたら、素早く反転するので、水の音がすごいです、ジャブン~~!!こわこわ!

DSC_2712


DSC_2711


DSC_2709

まあ、こんなGT見たこと無いですわ、餌付けできるなんてすごいですね。ウミガメだけでも
凄いのに、ちなみにウミガメ3匹来ました。そのうちの一匹は小型で、他の大型に威嚇されて
餌が取れませんでした。

初日は奄美大島の加計呂麻島の南東端のジャナレのポイントにてジギング
です。水深130m~150mですからかなり辛いジギングです。なにせ暑い、
一緒に行ってたN先生、早々にしんどいわ~と言ってますが、頑張ってシャクって
ます。私は電動リールでジギングするもあまりの深さにお疲れです。

すると、ムロアジの群れが通り抜けます、これは生き餌ゲットのチャンスです。
サビキで私が2匹、N先生が1匹です。私は泳がせにチェンジしました。泳がせ用意
してましたからすぐに生き餌投入します。あとは待つだけです・・・

今回はムロアジが取れないと聞いていたのでスーツケースの中に保冷剤と一緒に
サバ6匹、イカ4匹、サバの切り身、アジ10匹入れてきました。準備万端です。

待つこと15分ぐらいでしょうか、私の竿に反応が、ピクピク動いてます、ムロアジが
フィッシュイーターに追われて逃げる状況です。そしていきなり、強い当たりです、
コンコンとロッドがお辞儀したその後、水面にロッドの穂先が突き刺さりました。
餌を食べて魚が反転した瞬間です。そこで、ビートマスター6000の電動リールにスイッチ
オンです。キュ~~~ンという音とともに、水面からロッドが出てきません、頃合いを
見て、ロッドを持ち上げでスタンディングに変更、電動ですから持ってるだけ、時々
びっくりするような突っ込みがありますが、ドラグも出ていきません。小物かな?と
思ってましたが、上げてみたら11キロのカンパチでした。
1503296690016

その後ももう一匹のムロアジ使い、7キロカンパチゲット、さすがビートマスター6000は
余裕ですね、10号300m巻いてますから、そうそう切れません、ドラグも出ません。面白
みにかけるかもしれませんね。リーダーは130ポンドです。

針は24号仕掛けのリーダーは50号、生餌のムロアジは40cm弱でした。本日はN先生坊主
にて私のカンパチ二匹に終わりました。

ビートマスター6000の威力を肌で感じた一日でした。ビートマスター6000はさほど重く
無いのでスタンディング問題なしでした。次回ジャナレは200mライン攻略したいです。
1503296686406


いよいよ奄美に遠征の日が近づいてきた、釣り友のN先生は一足先に
奄美に乗り込んで私の到着を心待ちにしています。

N先生初日ボウズとのこと、150mをジギングで攻めていたが、自分の
体力は100mでジグの重みが200gが限界とのことです。

夏場は雨の後などは醜い2枚潮などになります。上下の潮の流れが違い
ますから、道糸にたるみが出て着底も、あたりもわかりません。

対策としては、潮の流れに負けない重さのジグと投入することですが、
これは体力的にきついです。

奄美の計り知れない大物の存在が、気持ちを高ぶらせます。今回はムロ
アジがつれそうな感じですから、泳がせ釣りもできるかもしれません。

いつもの年なら、ムロアジは難なく釣れているが、今年はそうではない
ようです。やはり生き餌に敵うものはありません、ムロアジさえ確保でき
れば、大物GETはかたいのですが、今回はどうなるかです。

このページのトップヘ