2017年08月16日13:16ふるさとは待っています
お盆をふるさと長崎で過ごした人たちのUターンラッシュは
きょうがピークだそうです。

それぞれがまたそれぞれの闘いの場所に戻っていくのかな。
ずっと長崎で過ごしている私は
どうか長崎が、みなさんにとっていつまでも心落ち着く
帰りたい場所でありますように、と毎年思います。

さて、私もお盆休みをいただきました。
といっても、我が家には今年、受験生がいて
そう遠くまで出かけることはできません。
母が老後を過ごしている島原半島を気の向くままにドライブしました。

南島原海岸
海水浴場は波も穏やかで、最高の透明度!

イルカ
間近で300頭ものイルカと会えるイルカウォッチングは
子どもたちも大喜びでした。

小浜ちゃんぽん
小浜ちゃんぽんは、長崎のちゃんぽんとは少しスープが違って
こちらも美味!

小浜②
行列ができる『なばやま茶屋ひかり』のいちごかき氷は
並んででも食べる価値あり!

小浜①
そして小浜の夕日。

長崎は素晴らしいところがいっぱいあるな~と再認識しました。

さて、お盆休みが明けて
お正月まではノンストップ、という方も多いかもしれませんね。
疲れたら、また長崎に帰っておいで!

きょう夕方の『NCCスーパーJチャンネルながさき』も
長崎情緒あふれる季節の話題を中心にお伝えします。
夕方6時25分に5チャンネルでお会いしましょう!




2017年08月01日18:18お声が聴きたい♡お顔が見たい♡
佐世保市在住の作家・佐藤正午さんの『月の満ち欠け』が
直木賞を受賞したことが決まり2週間が過ぎました。

どこの書店でも売り切れていた本を
私もやっと手に入れました!
月の満ち欠け
県内からの直木賞受賞は30年ぶり。
嬉しいですね!
ずっと佐世保で執筆活動しているというのも
なんだか素敵です♪

しかし、
実は私たち、
佐藤さんには会えない事情があるのです...
佐藤さん、テレビがあまりお好きじゃない。。。
授賞式も「できれば行かずに済ませたい」とおっしゃる佐藤さん...
なので、テレビで受賞の喜びの表情や声をお伝えしたいところですが、
『動画NG』なのです。

わかります。
私もこういう仕事はしていますが
街中でインタビュアーなどに遭遇すると逃げちゃいますから。

でも、たったの一度でいいので
佐藤さんにインタビューさせてもらえないかな~と
野望を抱いています。

そんな佐藤さんの受賞の喜びの声を
『動画NG』ではありますが
このあとのNCCスーパーJチャンネルながさきでお伝えします。

佐藤さん、いつか、インタビューさせてもらえませんか?♡


2017年07月30日14:27部活の思い出
昨日は吹奏楽部の娘の
中学校生活最後のコンクールでした。
暑い中、夏休みも毎日、登校して練習してきましたが...
結果は満足のいくものではありませんでした。
今はズトーンと落ち込んでいる娘。。。
一生懸命、励んできた姿を知っているだけに
思うような成績がおさめられない姿を見ると
親の私も心が痛みます。

私自身、今の職業を選んだのは
高校時代、放送部に所属し、
そこでアナウンスや番組制作の楽しさ、素晴らしさを知ったことがきっかけでした。
けして順風満帆だったわけではありません。
2年生の秋の大会のアナウンス部門で九州大会2位になった私は
たぶん(いや、絶対に)ちょっぴり天狗になっていたのだと思います。

3年生の春の大会で、全国大会に出られませんでした。
当時の私にとっては部活動が生活のすべてでしたので
それはそれは落ち込みました。
伸ばしていた髪もばっさりショートに切るくらい。(失恋かっ!
私の人生で初めての挫折だったのだと思います。

あのときは何も考えられなかったし、
全国大会に進んだ仲間たちの姿に嫉妬もしたけど
今になって思うと、あの経験があったから
今でも放送に携わっていられることを感謝し続けられているし、
そのあとに待ち構える数々の挫折を乗り越えられたのかもしれません。



この夏、多くの学生たちが
挫折を味わいながら部活動生活を終えたのだろうと思います。
何と言ってもトップに立てるのはたったの1人なのですから。
でも、あなたの感じた挫折感は、そのあとのあなたの人生を支える強さになるし
いつか掴む夢のための一歩だよ、と娘にも伝えたいと思います。
きっと、いまはそんな言葉も空虚に響くと思うので
直接、伝えるのは、もうちょっと後にしようと思いますが。