2018年09月04日10:389月です

いつもよりちょっぴり長く
いつもよりかなり暑い夏休みに
すっかり疲弊してしまった大嶋です。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

さて、娘と息子がお世話になった学童保育の先生に
通勤途中にばったりお会いしました。
通っていた保育園に併設された学童保育にそのまま通ったので
足掛け16年間お世話になった先生です。
すると先生が
「2人とも立派に育ったよ。ママが頑張ったからだよ。お仕事もずっと頑張ったね」と言ってくださり、
涙が止まらなくなってしまいました。
朝から目を赤くして従業員口を通った私を、守衛さんはどう思ったことでしょう。

20代の頃は、まだまだ仕事をしたいのに保育園に迎えに行かなければならなくて、
いつも無愛想にギリギリに駆け込んでいた。
30代は仕事を優先しすぎて、ほとんど自分ではお迎えに行けなかった。
40代、もうお迎えに行かなくてよくなったのに、
あの小さな手を引きずるように帰宅していた日々がとてつもなく懐かしい。
できることなら一度でいいから、
娘と息子が、お迎えに行った私の顔を見つけた瞬間のあの笑顔を見たい。

「先生方が温かく見守ってくれたから、2人はどうにか大きくなりました」と言う私に
先生は
「これから、もっともっとよくなりますよ」と言いながら、
今日もまた、先生を待つ子どもたちとママたちのところに去っていかれました。

私もいつか、こんな温かな言葉を後輩たちにかけることができる女性になりたいな、と思った
今朝の出来事。