2020年03月26日13:55☆またまた番組のお知らせです☆
みなさま、すっかりご無沙汰してしまいました大嶋です。
前回、このブログでお知らせした番組『はるなの故郷』、
ご覧いただいた多くの皆様から
「長崎でこんなことが起きていたなんて」
「はるちゃんの涙に胸が締め付けられるようだった」
「もっと多くの人にこの問題を知ってほしい」などなど
たくさんの感想をいただきました。
この場を借りてお礼を言わせてください。ありがとうございました!

そして、あれ以降も、実はコツコツと番組を作っておりまして…
前回の番組の拡大版がこの度、完成しました!
【確定版 未完のふるさと】タイトル
なんだか、不思議なタイトル…と思われた方もいるかもしれません。

実は今回の番組ではある男性が半世紀ほど前から撮り続けた
貴重な8ミリフィルムの映像が番組の核になっています。
秘蔵映像から見えてきたものとは…
番組の最後にはこのタイトルの秘密も解き明かされます。

去年9月、県が住民から強制的に収用した石木ダム建設予定地では
今、菜の花の黄色いじゅうたんが広がっています。
聞こえるのは川のせせらぎとウグイスの鳴き声、
そして、ダム工事の重機が山を削る音です。
この一見、のどかな集落で、住民たちがどう生きてきたのか、
ぜひ知ってほしいです。

放送は3月28日(土)午後1時から。
年度末のお忙しいところかと思いますが
チャンネルを合わせていただけますと幸いです。
多くの方の心に届きますように。