2017年01月20日

使いやすいイベント検索

使いやすさを重視したイベント検索ツールです。
「本日」「近くの土日」など、目的に合わせた検索が可能です。
検索結果はポケカ公式サイトと同じものなので、安心して使ってください。

http://style.s192.xrea.com/blogs/event/

モバイルで使う場合は、ページ表示後に「検索」ボタンを押す必要があります。
このブログの右側からも使用できます。

※以前公開したページを、今年の公式サイトリニューアルに対応させました。

ootsuki_mire at 22:49|PermalinkComments(0)clip!ポケモンカード 

2016年12月25日

ポケモン名和英ユーザー辞書

Windowsパソコンに辞書登録できる、ポケモン名の和英辞書を作りました。
サン&ムーンのマギアナまで、801匹のポケモンに対応しています。

また、右側リンクにある「日英ポケモン辞書, 英語データベースの検索」のポケモン名変換を同じくマギアナまで対応しました。

スペルチェックは厳密でないので、間違いを見つけたらメールかコメントで教えてください。

【使い方】
(1) 下記リンクを右クリックして「名前を付けて保存」
※ブラウザによって表記が異なります
http://style.s192.xrea.com/blogs/dict/PokemonDict.txt

(2) ユーザー辞書ツールを開き、「ツール」→「テキストファイルからの登録」で先ほどダウンロードしたファイルを指定

(3) 登録完了

ootsuki_mire at 09:18|PermalinkComments(0)clip!ゲーム 

2016年02月02日

用語解説:メタゲーム

TCGをやっているとたまに耳にする、「メタゲーム」という用語を解説します。
とはいえ言葉の意味や用例はHKさんがまとめた記事があるので、私は概要の部分を受け持ちます。

そもそも「メタ」とは「高次の」という意味の、ギリシャ語の接頭語です。
なのでメタゲームとは「高次のゲーム」という意味になります。

ひとつの対戦を通常の「ゲーム」とするならば、ゲーム開始以前のデッキ選択までが上流の工程であり、「メタ」です。
対戦ではデッキ選択により勝率が変わってくるため、デッキ選択までの駆け引きがあります。
駆け引き=競争(ゲーム)ですから、デッキ選択までの駆け引きを「メタゲーム」と呼びます。

他に「トップメタ」や「メタる」などの表現がありますが、これらはメタゲームという言葉を前提に存在しているだけです。
文法的にはおかしいですし、元を辿れば意味をよく知らずに使った誤用なのだと思います。
(もっとも、現在では意味が定着しているので知っていた方が良いです。)

メタ系の用法が載っている、HKさんの記事はこちらからどうぞ。
http://hkspokeca.diarynote.jp/201303200315314404/


以下、余談です。

海外の記事を読んでいると、単に「meta」という場合は「メタゲーム」の意味で使っているみたいですね。
「メタる」などの表現はなさそうです。
また「トップメタ」は「Tier1〜2」と表現されてます。
Tierは段とか層といった意味です。

メタゲームで誤用が多いのは、metaがギリシャ語のため馴染みがなく、英和辞典でも出てこないからでしょうね。
metagameはMTG関連の外来語でしょうから、ポケカにも入ってきたあと、意味がわからず調べられず、ニュアンスで使って様々に派生したのでしょう。

ootsuki_mire at 21:37|PermalinkComments(0)clip!ポケモンカード 

2016年01月24日

Jan.24th 第38回みらチャン杯

56ef681b.jpg2016年最初のみらチャン杯へ行ってきました。

今回のデッキはMライボルト。
BREAKバトルでよく見るゾロアーク系統や、オーロット、ゲッコウガに強いポケモンを選択しました。
訳あって、受けが強いデッキを使いたかったこともあります。

※結果的に、ゲッコウガに強いというのは見込み違いでしたが。

:第38回みらチャン杯(Bリーグ)
デッキ:Mライボルト・ランドロス・ガブリアス
:AB合わせて100人以上

1:ライチュウクロバット@たかぼーさん 勝
2:ガブリアスルカリオ@アキパパさん 勝
3:サンダースEX@とーしんさん 負
4:ゲッコウガオクタン@kazuさん 負
5:ライボルトクロバット@あべさん 勝
6:オーロットゲンガー@SORA君 負

3勝3敗 予選落ち

苦手の闘に勝っている割に、相性の良いサンダースやオーロットに負けています。
ドローが噛み合わなかったせいもあるのですが、それを差し引いてもコンセプトに無理があった証でしょうね。
今のポケモンカードは、受けるよりも攻めるほうが強いです。

これからだんだんとオンシーズンになっていくので、デッキもプレイも精度を上げていきたいですね。

ootsuki_mire at 21:15|PermalinkComments(0)clip!ポケモンカード 

2016年01月01日

コラム:ポケカプロ 可能性と障害

スポーツや将棋など、一部の競技にはプロのプレイヤーがいます。
TCGにおいても、MTGにはプロ制度があります。
またポケモンの分野では、ゲームではWCS参加者にスポンサーが就いた例があるそうです。※1

※1シンガポールにて、WCS出場権のあるプレイヤーに渡航費を補助する企業がいたそう

ポケカはどうでしょうか。
海外の大会では奨学金※2の名目で入賞者に賞金がでますが、いわゆる"プロ"とは違うように思います。
違いを明確にするために、奨学金という表現を使っているのではないでしょうか。

※2海外の奨学金は、日本と違い返還義務のないものが基本です


この記事では、日本でポケモンカードのプロプレイヤーが誕生する可能性と、その障害になっているものを考えます。


●竜王戦の生放送から読み取れた結論
前年12月27日 ポケモン竜王戦の決勝大会が開催され、大会の様子がyoutubeでストリーミング配信されました。
タイミング良く家にいたので決勝戦のみ観ましたが、それを見て日本でポケモンカードのプロ制度を成立させるのは難しいと思いました。
理由は、

「ハイレベルな対戦に興味を持つ人が少ない」

からです。

ストリーミングにはコメント欄がありましたが、日本語だけでなく他多数の言語が使われていました。
そして最多の言語は日本語ではなかったのです。
厳密に数えたわけではありませんが、英語、日本語、韓国語、他ヨーロッパ諸語の順でコメントが多かったように思います。

日本の大会なので日本人が一番多いのが自然ですが、コメントを見る限りそうではありませんでした。
日本人は決勝大会などの対戦に興味が薄いのでは、と推測しています。


●プロ制度が成立する条件
プロプレイヤーとは競技に参加することでお金を貰う人のことで、お金を貰えるのは対戦が利益につながる価値を生み出すからです。
プロの競技によって生まれる価値は、次の2つに大別できると考えられます。

(1) 観戦料
(2) 広告効果

プロスポーツでは観戦のために入場料を徴収します。
テレビの放映権料も、広い意味では観戦料に含まれるかもしれません。

広告効果には色々あると思いますが、プロスポーツチームが企業名を名乗ることでのブランドイメージ向上が顕著でしょうか。
ポケモンゲームのスポンサーもこのパターンだと思います。
(ポケモンの公式に名前が載るわけではないでしょうから、小規模ですが)
また将棋はタイトル戦の主催が新聞社や出版社で、色々なところで主催者の名前が出てきます。※3

※3例えば竜王戦の主催は読売新聞社です

MTGの場合も、プロツアーがネット中継されるなど広報戦略に使われています。

どちらのパターンも、観戦者がいることで直接間接問わず利益につながることが重要です。
人気の競技の方が観戦者が多いですし波及効果も大きいので、プロ制度が成立しやすく収入も大きくなります。


●ポケモンカードの場合
ここで竜王戦に話が戻ります。
竜王戦のストリーミングのコメント欄を見る限り、日本人は大会の対戦を見ることに興味が薄いと感じました。
プロ制度を作っても、対戦が注目されなければ利益につながりません。
従って、ポケカではプロが成り立たないだろうと考えます。

(レックウザメガバトル、バトルフェスタにおいても、決勝トーナメントのエリアは他のブースよりも人が少ないですね。)


●今後の展望
結論は現時点のものなので、将来的に渡って同じではないと思います。
e-sportという言葉も出てきていますし、可能性はあるでしょう。

WCS2015 VGマスターディビジョン優勝のビエラさんがポケモンのネット界隈以外でも話題になっていたように、「対戦に注目しない」のは日本人そのものの気質ではないと思われます。
ポケモンカードの対戦を観戦する文化さえできてしまえば、可能性は高くなるのではないでしょうか。

ポケモンゲームは動画サイトに対戦実況動画がたくさんアップロードされており、それなりに再生されているようです。
ポケモンカードも同様に動画実況が増えていけば、大会の観戦者も増えていくのではないでしょうか。

イベントオーガナイザー制度が始まり、公式イベントのスタッフにも登用されるなどユーザの公式参加の流れもあります。
専業で生活できるほどではないかもしれませんが、将来的に簡易的なプロ制度ができる可能性は十分にあるのではないでしょうか。

ootsuki_mire at 23:38|PermalinkComments(0)clip!ポケモンカード 
プロフィール
サムネイル
Author:みれ
東京のPTCGプレイヤー。
Twitter:milles_ptcg
ブログの補完的にポケカの事をつぶやいてます。

Trick Room DN版:mille333.diarynote.jp/
mail:submission587(at)gmail.com
最新コメント
訪問者数