大山観光協会

山形県鶴岡市大山の文化と暮らしをお伝えします

椙尾神社・平成29年水無月大祓②お神輿お宮へ・松明行列

宮沢での大祓式を終えた一行は馬町のお宮へ還るため
夜に入り7時ころ、善宝寺駐車場に到着します。
青い半纏に身をまとっているのは、来年度の大山祭頭屋の若衆たち。
上頭、下頭、大山頭の3つの頭屋で一致団結してお神輿を担ぎます。
IMG_5127













写真で傘をさしている人がいる通り、夕方から雨がポツリと落ちてきました…。

その前駆けで、御神輿行列を明るく照らすために行われるのが
松明行列です。

椙尾神社は創始時、大祓式が行われた宮沢の洞窟にあったとされ、
時代の流れで現在地に遷座された時に、
崇拝者たちが道を明るく照らして迎え入れた―という言い伝えがあり、
大祓式の御神輿行列を迎え入れる前駆けで
氏子、地域住民たちによる松明行列が行われるようになったそうです。
創始は定かではありませんが、200年以上続いているといわれています。
大きな菜種殻の松明を担いで駆けるという点で
こちらもまた全国でも数少ない
火祭り
ということです!

こちらは毎年松明のトリを飾るリヤカーの巨大松明で、
地元馬町の青年部の方々が担当しています。
3m以上はあります!
「かっこよく写真撮っての~!」
IMG_5158













こちらは前にも紹介した出羽商工会青年部大山支部の皆さん。
今年も気合が入ります!
IMG_5166














さあ午後8時過ぎ、松明行列のスタートです!
しかし雨の中、しかも松明が湿気で煙がモクモクと…
IMG_5182













それでも子どもたちは果敢に駆けていきます!
IMG_5194













お父さんたちは大きな松明を抱えながら、勇ましい姿です!IMG_5197
















IMG_5214













途中で火が消えたお母さんの松明、他の人から火を頂戴しています。
IMG_5218














商工会青年部の面々です!
IMG_5212















IMG_5219














そしてトリは巨大松明!
IMG_5227













中に爆竹が仕掛けられていて
「パンッ!パンッ!!」
とすさまじい音を響かせていました。

松明の余韻が残る中、お神輿行列がくねっていきます。
IMG_5235















IMG_5237















IMG_5243














そしていよいよクライマックス、お神輿が階段を駆けていきます。
大山犬祭りの宮巡りとはまた違う雰囲気ですが、懸命に担いでいきます。
IMG_5250













小雨降る中で大変でしたが、お神輿を無事にお宮に納めました!
IMG_5259















夕方からの雨で少々松明日和とはなりませんでしたが、
(当方も写真があまり良くなかった…雨というか、もっと修業しなければ!)
松明に出場した人、観衆の皆さんも例年より多かったような気がします。
大山の歴史と伝統ある神事と、勇壮な松明行列…
商工会青年部の皆さんが製作したチラシで思いが伝わったのか、
盛り上がって本当に良かったと思います!
今後ももっと
伝承
という意味でさらに盛り上がっていけばと思います。

そして水無月の大祓が終わると
尾浦の里山に本格的な夏が訪れます…。

(写真協力・H30年度大山祭大山頭頭屋・下本町町内会)

椙尾神社・平成29年水無月大祓①氏子廻り・大祓式

半年の晦日(みそかび)に当たる6月30日(金)、
全国各地の神社では罪や穢れを祓う行事
「水無月の大祓」
が行われました。

大山犬祭りでおなじみの大山馬町・椙尾神社でも
早朝から夕方まで大祓の各神事が行われました。
早朝から神社本殿では
御神体をお神輿に移す神事が行われます。
お神輿には麻の輪がかけられており、
「水無月の夏越の祓する人は千歳の命延ぶと云ふなり」
(拾遺和歌集、よみ人知らず)の短冊が刺してあります。
IMG_4907














御神輿をトラックに乗せて氏子廻り行を行います。
氏子は大山、西郷地区と、大泉地区の一部と広範囲で、全部廻ると半日はかかります。
IMG_4946













「ドン、ド、ドン」
の触れ太鼓の合図で住民の皆さんが軒先に出てきて
各家の罪けがれを遷した人形(ヒトガタ)を託します。
IMG_4932












御神輿を前に神官がお祓い、御祈祷を行い、住民たちが拝礼して無病息災を祈願します。IMG_4977












この日は梅雨の合間で晴れましたが、蒸すような天候で、
神社の方や関係者の方は相当汗だくのようでした。お疲れ様です。

氏子廻りが一巡すると夕方になり、
かつて社を構えていたという
鶴岡市宮沢の海岸へ向かいます。
これが椙尾神社の石碑「潮掛岩」です。
IMG_5011













この岩の前に祭壇を設けて御神輿を安置して
大祓式が執り行われます。
IMG_5042













IMG_5045














麻でできた茅の輪で神事を行います。
IMG_5053














IMG_5067














そして隣地区の金沢漁港から船を出し宮沢沖で
「茅の輪」と「人形」を流します。
IMG_5089













人形はこの「弧包(こもつつみ)」にまとめられています。
IMG_5092















IMG_5102













この間、沖では御神輿を波打ち際に遷し、一同で御祈祷を行っています。

神社の方に聞いたのですが大祓で
「人形を海に流す」
神事を行う風習は全国でも3神社のみで、
大変珍しい行事とのこと。
住民の罪けがれを託されて、古来より続く方法で流して除災する。
地域でいつまでも大切にしていきたい行事です!

大祓を終え、いよいよお宮への帰路に向かう…

(写真協力・H30年度大山祭大山頭頭屋・下本町町内会)

水無月大祓・松明行列に向けてたいまつ作り

先日のブログで
6月30日に行われる
椙尾神社 水無月大祓・松明行列
のチラシを紹介しました。

そのPRに躍起な
出羽商工会青年部大山支部
の皆さんが
本番出場に向けて6月25日(日)
松明製作
作業を行いました!

作業場の出羽商工会大山支所に菜種殻を積んだトラックが到着です。
IMG_4837












軒先に吊るされているのは、大山新酒・酒蔵まつりのおなじみの「酒林」です。
酒林の製作もこの場所で行われています。

こちらが菜種殻です。
IMG_4833














春の風物詩菜の花が種を付けて茶色くなったところを刈り取り、天日干しして乾燥させたものです。
この菜種殻は5月5日に三川町で開催された
「菜の花まつり」
で咲き誇っていた菜の花たちです。
三川町観光協会様のご厚意で頂戴することができました!

松明の製作です。
菜種殻を扇状に広げて、茎部分を軸に包んでいきます。
IMG_4850














IMG_4854










形を整えたら、下の茎部分から縄で縛っていきます。
IMG_4857












最後に茎部分の端をきれいに裁ち完成です。
IMG_4858














松明製作は昨年、元大山自治会長で椙尾神社お膝元在住の中浜裕氏に指導いただいたそうで、
今度は自分たちがこれからの世代に伝えていこうと、懸命に励んでいます。
IMG_4841













大人用の松明は高さを出すため上部分に肉付けしていきます。
IMG_4845













今回は大人用と子供用の松明20個近く製作しました。
IMG_4862









予定ではリヤカーに乗せた巨大松明も作りかったのですが、菜種殻の収量が少なかったので断念したそうです。次回に期待しましょう!

最後は作業で飛散した殻の後片付けです。
IMG_4866













皆さんお疲れさまでした!

この日製作した松明は
本番で青年部メンバーと身内の子ども、問い合わせがあった方の分として、
行列で使うそうです。
皆さんの勇壮に松明を掲げて駆ける姿、
活躍をぜひ見物に来て下さい!!

H29大山犬祭り⑧ 例祭行列・宮巡り

平成29年6月5日(月)
大山犬祭り

今年の祭をこれまで7回にわたってご紹介しました。
かなり面倒だと思われてしまいますが…
それだけ魅力、見どころ満載だということでご容赦願います!

8回目、いよいよ最後の紹介は上頭、下頭、大山頭の3頭屋の
宮巡りです。
3頭屋の神輿渡御行列は馬町へ入り、いよいよお宮(椙尾神社)が目の前となりました。
三頭とも大体15時過ぎに行列役配者の休息所
椙尾神社直会殿
に到着。
しばしの休憩を取ります。

宮巡りの開始時間は3頭屋が揃い、行列責任者の協議で正式に決まりますが
毎年おおよそ16時30分から開始されます。
上頭、下頭、大山頭の順に並びます。
行列は神社入口の四足鳥居(県指定文化財)をくぐり階段前に待機します。
IMG_4308













行列が階段を上っていきます。
IMG_4313















IMG_4360















IMG_4387














IMG_4330















IMG_4368















そして観衆の皆さんお待ちかねの
御神輿の階段上がり
です。
平日にもかかわらず階段の周りにはすごい人、人…
カメラやスマホを携えて今か、今かと待ちかねています。
上 頭
IMG_4343












下 頭
IMG_4377














大山頭
IMG_4401













三頭とも立派な階段上がりでした!

境内に入り、
本殿脇の斎庭(ゆで)を三周します。

先頭には道案内役の天狗。
IMG_4414













子どもたちの頭をなでると無病息災、賢くなる とのことです。
IMG_4415













こちらは露払いの獅子頭。鬣の紙をいただくとご利益が…
IMG_4424














太鼓の音で進んでいきます。
IMG_4464














IMG_4441














IMG_4436














斎庭も御神輿担ぎの見せどころ。
先達役が山道坂の上を見据えながら、どのように上がらせるか思案中です。
IMG_4445













坂道を一気に駆け上がります!
IMG_4453














そして斎庭を三周して本殿に御神輿を納めます。
IMG_4476













お宮まで神様を乗せる大役を無事に果たしました!

この後、神社本殿では
宮上り
の神事が催行。
御神輿から御分霊が本殿に還されて、頭人と奥方がそれぞれ拝礼、神事を行います。
そして丸一日にわたって執り行われた例祭がおひらきとなります。

大山犬祭り、今年もありがとう!
また来年も楽しみにしております

H29大山犬祭り⑦ ワンちゃん行列

ワンちゃん行列を紹介する前に…
主催した
出羽商工会青年部大山支部
の皆さんの活躍を紹介します!

青年部の皆さんは毎年、大山犬祭りの行列の各所に配置、
現場で行列全体を把握しながらスムーズな進行に努め、
盛り上げ役を買っています!

行列の先導車
IMG_3793














振舞酒
IMG_4264















IMG_4293













既出ですがミニからぐりの補助も行っています。

また大山出身の歌手・鹿野光代(てるよ)さんによる
大山音頭
の生歌披露です!
IMG_4182














1983年(昭和58)に青年部の企画で誕生した大山音頭。
地区民のおなじみのナンバーに観衆の皆さんもノリノリです!
IMG_4188













ちなみにこの場所辺り、鹿野さんの生まれ育った思い出の地ということです。

ワンちゃん行列
「“犬祭り”なのに犬は行列に出ないの?」
「うちのワンちゃんも参加させてみたい!」
などの声に応えるため、青年部の皆さんが昨年初めて企画。
今年は第2弾です。

集合・出発地点の奥田米屋さん向かい駐車場です。
IMG_4074













県内外から集まった愛犬家同士で犬にまつわる話題に花が咲いていました。

ワンちゃん行列は午後2時からスタートです!
奥田米屋前から北進して、田中自動車前までの約800m間を
飼い主とともに行列していきます。
IMG_4247















IMG_4209















IMG_4252















IMG_4257















ワンちゃんたちもちょっと小休止
IMG_4204













沿道の子どもからも「かわいいね」とスキンシップです
IMG_4218













「おい、どうしたんだよ!?」
IMG_4213













また炎天下によるアスファルトの熱対策で、道路に散水しながら行列しました。
様々な事態に対応すべく、事前に入念な打ち合わせを重ねていました!
IMG_4194










平日の開催にもかかわらず、多くのワンちゃんたちが
「メッケ犬伝説」の地・大山の街を
堂々と闊歩しました!

来年もより多くのワンちゃんたちのお越しをお待ちしております!
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ