人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

お盆のこの時期、「大山小学校同窓会」の方々のご厚意により
「新民館」の内部が開放されていました。

P1220468  b
外観から見ても、歴史を保ち続けた深い魅力が溢れています。
P1220469  b
木造校舎を知らない若い人達にも、きっとこの「新民館」は心惹かれるはずです。
その理由は、長い時間に培った物の醸し出す雰囲気の素晴らしさを
若い人がより、理解しているからです。
P1220471   b
入口には、「大山小学校同窓会」会長 佐藤憲二さんと
副会長の村田勇冶郎さんが出迎えてくれました。

「何か質問があったら、声をかけて下さい。」
御丁寧な対応をいただきました。

まず、真っ先に向かったのが一階に展示された、尋常小学校の教科書
P1220474  b
今では考えられないほど、絵画的なものばかり
P1220475   b
ああ、ありました、ありました!!
子供時代のこんな光景…。
P1220476   b
こちらは「作法」の教科書です。
戦前の日本では、女子がこの様な教育を受けていたのです。
今の日本女性も、もう一度この様な教育を受ける必要があるのかもしれません。

洒落でも良いので「ごきげんよう」「ごめん遊ばせ」
などの、今では失われた言葉遊びをしてみては如何でしょう。
P1220478   b
こちらは、裁縫の教科書。
採寸の仕方が書かれています。
P1220479   b
「墨塗りなる勉強が有ったようです。」
P1220481   b
切り取りとなっていますが、切り絵でしょうか…。
ススキとホタルの絵が郷愁を誘います。
P1220483   b
まだまだ、御紹介したい場面が一杯です。
BlogPaint

続きは次回へ~
  いつも応援いただき、ありがとうございます。
人気ブログランキングへ