2018年01月22日

レッスン ボケとツッコミ

2018年最初の「クラウン基本のき」でした。

この日のタイトルは「ボケとツッコミ」。
初めてさんも経験者さんも一緒になってクラウンのレッスンをする、ユニークなクラス。

いつでも初心に戻れるって、いいと思うのです。
どんなに経験を積んでも、そういう場所を残しておけるのは大事だと思います。

さて、今日は2名以上のグループ作品の作り方や練習の仕方、心構えーなどをお伝えしました。

グループの作品は、本番では稽古でやった事以外の即興は出来るだけ避けなくてはなりません。
ある意味、ソロより制約が多く、自分の頑張りだけでは良いショーになりません。
稽古の回数や、稽古場の広さ、時間を合わせたり、気持ちを整えたりーと、気を使うことも増えます。

それでも、ソロとはまた違う魅力があるのは確かです。

グループで行う一番興味深い点は、複数のクラウンの関係性を見せられる事にあります。
笑いのスタイルは古くからボケとツッコミの形となっているのは、和洋を問いません。

因みにあなたはボケ派?ツッコミ派?

一口にボケと言ってもいろんなボケがあります。
不思議ちゃん、いじけ君、大ボラ吹き男、のんきさん

同じくツッコミもそのタイプはさまざま
律儀、誠実すぎる、王様気質、過保護、厳しい教師ー

などなどーあとは組み合わせ次第です。

そんなキャラクターの説明のあとは、先だって用意したシンプルなルーティーン(3人バージョン)をチームに分かれてやってもらいます。練習の後に発表と提案ー。

そこでは自分の作品だけでなく、互いの作品を見ながらさまざまなアイディアの可能性を見つける事ができます。
時間の短いレッスンなので、完璧なものなどできようはずもありません。
ここでは、評価される事が大切なのではなく、演技に集中し、そこから生み出される課題に注目したいのです。

可能性を見つけるー
そのセンスこそ、ここで得ていただきたいものです。

自分の持つ全てのものが笑いのアイテムとなるのがクラウンです。
ここでは、自分の弱点や欠点すら愉快な要素となり得ます。
但し、まずは、その事実を客観的に自分が受け入れなくてはなりませんがー。

レッスン後は参加者の緊張が一気に解け、仲良しのクラスメートのようでした。
本当にお疲れ様です。
ご参加、ありがとうございます!
また一緒に遊びましょうね!




clown_gigi at 11:00|PermalinkComments(0)基本のき |

2018年01月19日

3月ライブ「The 晩餐会」へ!

live-card20180309じゃじゃーん!

ロネジジの2018年最初のライブが決定しました!
3月9日(金)、10日(土)の、2日間です。(おお、土曜日だ〜❤️)

作品は「The 晩餐会」としました。

時代は、風と共に去りぬ後のアメリカ南部の大農園、という設定。
開拓100年を記念して、領主の館で晩餐会が催されます。
執事やメイドたちが、お客様を家族同然に『オモテナシ❤️』。
メインディッシュはBeefグランプリ で金賞を獲った牛ーのはずが、執事が感極まっている間に逃げられて、、、
一体どうなる晩餐会!!

ーん?これってどこかで?と思ったあなた!さすがのセサミファン❤️
ご名答〜。2015年に初演の「25年目の晩餐会」が元になっています。
再演か改訂版にしようと思ってたら、やっぱりのほぼ新作ー。

相変わらず、新しいスキルにも挑戦しています。
それでもロネジジのユルさは変わりません。
いろんな意味でハラハラ、ドキドキ、ワクワクしながら見守ってやってください。

明日から先行予約がスタートします❤️
是非、この機会に良いお席を確保なさってください!
お申し込みは上記のサイトからお願いします。

これからの稽古場だよりもお楽しみに!









clown_gigi at 12:44|PermalinkComments(0) |

2018年01月09日

奈良公演 終了~

26694120_1608693499187176_165753935_n1月8日ーわくわく製作所さん主催の「ロネ&ジージ」と仲間達の公演が開演しました。

セサミのエンターテイメント仕様の衣装に身を包み、それぞれのキャラクターを磨いたメンバーの表情は、終演までご覧のように生き生きとしていました。
メンバーには開演前にグリーティングとパレード、終演後に再びグリーティングの出演をしてもらいました。


26230669_1608717405851452_3442271602409877674_nクラウンの仲間達は公演前の2日間、ほぼ6時間×2回のワークショップを受けて、本番に臨みました。





26732296_1608840179172508_1137484674_o研修では安全管理に関する事や、複数での即興演技、キャラクターの維持など、おおよそこの本番の為に必要と思われる基礎知識を学んでもらったつもりです。




2018関西セミナー1月本番に先駆けて始まるグリーティングの会場は大変盛り上がり、開幕後もずっと興奮が続いていました。おかげでロネジジのステージもとってもノリの良いシチュエーションで、のびのびと演じることができました。

主催者のピエコロさんの努力は凄まじくー。150準備した客席は足りなくなり、急きょ椅子を追加するという嬉しいハプニングもー。結果は200名ほどのお客様がいらしていたようです!す、すごすぎる!

また、当日は日本クリニクラウン協会のクラウンさんたちにもご参加いただき、終演後はピエコロさんが進行する、クリニクラウンさんとロネジジの対談ーなんてとっても貴重でレアな企画が!

クラウンを演じる人、企画する人、社会貢献の活動にする人、学ぶ人、お客様ーと、文化と呼ばれるに値する輪がそこにはあったーと、感じています。

30年前、たった二人で始めた時の心細さーあの頃の自分にもし、声をかけるとしたら…。
「夢を見なさいーそれ以上の幸せが待っているから」と言うでしょう。

終演後の拍手と笑顔はロネジジだけではなく、その日、その会場にいた全員に降り注いだものです。
スタッフの一人一人、お客様の一人一人に感謝をしております。
ありがとうございます!!!




clown_gigi at 23:30|PermalinkComments(6)パフォーマンス | セミナー|

2018年01月07日

わくわくクラウンセミナー 初日です

imageクラウンを学びたい!そんな熱気あふれるレッスン会場ー。
様々な問題、課題をひとつひとつ乗り越えようとする人の事をヒーロー、ヒロインと呼ぶのです。
こんな愉快な姿をしているけれど、彼らもまごうかたなき勇者たちー。
冒険はまだまだ続きます。

本番は8日ー


clown_gigi at 00:49|PermalinkComments(0)セミナー | プロジェクト|

2018年01月01日

2018年 スタート

imageあけましておめでとうございます!

2018年がやって来ましたね。
というか、自分がそこにたどり着いた〜というか。

とにかく、今、元気にお正月を迎えられたという事に感謝しています。
まだまだ、やれる事、しなくちゃいけない事があるらしいです。

今年は新規ジャンルでのお仕事も本格化しそうでー(詳細はまたお知らせしますね)忙しい一年に変わりはありません。
でも、忙しいを言い訳にして、生きる事をおろそかにしないようにーと、言い聞かせています。

生きる事ーはシンプルで心と体が幸せだと感じられるようにあることーだと思います。
幸せは、見せかけの楽しさではなく、心が喜ぶような事です。

たぶんね、それは外にあるものじゃなくて、今ある余分な物を手放していくと見えてくるんじゃないかな?
なんて、思っています。

去年のセサミは、皆さんに支えられてなんとか全ての企画を実現する事ができました。
本当にありがとうございます。

今年のセサミは昨年以上のバラエティーに富んだ企画を準備しています。
また、一緒に遊びましょう!

宜しくお願い申し上げます!







clown_gigi at 12:35|PermalinkComments(1) |