2018年のクラウンはじめは、ロネジジと!15分のクラウン作品

2017年12月19日

クラウンを教えること

2014-07-31-20-48-46クラスで教えることは、パフォーマンスする事とはまた違う次元の面白さがあります。

クラウンを教えることは、簡単ではありません。
一人一人の個性で表現は全く違い、これが正しい―と言えることが最少公約数のようになるからです。

でも、その中でもこれははずせないーと思う事が基本と呼ばれるセオリーになります。
その発見が客観的にできることーこれが教えることから教わる最大のメリットではないでしょうか。

その中に「止まる」事ーがあります。

動く事の方が大切なように思われるパフォーマンスですが、実は、しっかりと「止まれること」が、作品をキュ!と締めてくれるスパイスとなり、リズム感や共感を呼ぶのです。

クラウンパフォーマンスを既にやっていて、どうもイマイチ自分のパフォーマンス内容にメリハリがないなぁ~と感じているかたは、是非、同じルーティーンの中に、「止まる」瞬間を入れてみてください。
「え?」と思うような瞬間とか、緊張感を出したいとき、もっとドラマティックにしたい場面の直前などー「止まる」事が、次の演技をより新鮮に行わせてくれるハズです。

是非、やってみて♡

そんなレッスンを行っている通常クラス(SSS、SSK)の合同発表会の日程が決定しました!
2018年3月31日ー川崎市アルテリオ小劇場です!!!

詳細はまたお知らせしますね~。




clown_gigi at 23:30│Comments(0)スクール | お知らせ

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
2018年のクラウンはじめは、ロネジジと!15分のクラウン作品