アンケート② 「秋のラプソディー」学校のクラウン

2018年10月16日

10月の基本のきはー

今月の基本のきはクラウンの劇場作品の創り方についてです。
中級以上の内容ですが、「基本のき」ですから、初めての方にもわかりやすく解説&実地のレッスンをご紹介したいと思います。

なぜ、劇場クラウン作品の創作を「基本のき」でご紹介しようというのかー?
答えはシンプルです。
「それがキャラクターをみつける近道だから」です。

でも、そんなにすぐ劇場で演じるチャンスは無いよ~ーという方もいるでしょう。
大丈夫、実際に劇場で演じなくても、作品を創ることでキャラクターは豊かになります。
(もちろん、出演のチャンスがあれば尚のこと良いですが♡)

考えてもみてください。
劇場を自分で借りて、自分でお客様を呼んで、自分で全ての責任を負うとしてー
となると、誰もあなたのやることに文句はいえません。
あなたは自由に創作し、演じることができます。
(劇場を借りるお金は?などと心配してはいけません。あくまで想像の世界です!)

もし、そんな空間と費用と時間と観客が揃うとしたらー…
あなたはどんなクラウンの作品を披露したいと思いますか?

こどもから大人までが楽しめるほんわかワールド?
社会風刺を効かせた問題作?
ミステリーチックなクラウン作品?
古典作品を織り交ぜたクラシカルなクラウンショー?

大きなショーのイメージがわかなければ、あるシーンを思い描くのも良いでしょう。
作品のはじまりーとか、終わりとかー。

そこからイメージを広げて物語をつくることも可能なのです。
シアタークラウンの世界では、その気になれば、なんでも作品になります。

そう、ですから「その気」をどうやって湧き起こすか、維持するかー実はそこが肝心です。
今回の基本のきでは、そのあたりについて、レクチャーしようかな?とー…。

お時間あれば是非、ご予約ください!

基本のき
クラウンの基本を座学中心で分かり易く解説します。
会場:きゅりあん 大井町駅徒歩3分
日時:10月20日(土)18:30~20:30 講師Gigi
内容:シアター・クラウンの作品創作 vol.2
  「輪になる物語り」A Flower
        クラウン作品の創作についてレクチャーします。

■講師:クラウン ジージ (クラウン劇団 OPEN SESAME)

■参加費(税込・教材費込):一般 4,320円

■持ち物:動きやすい服装、運動のできる靴(中履き)、タオル、飲み物、筆記用具

■参加のお申込み■

下記1~4について、メール(order@op-sesame.com)、もしくは、FAX(03-3762-1535)で、お申込み下さい。

また、件名には、「10月クラウン基礎講座申込」とご記入下さい。

[1.お名前、2.お電話番号、3.メールアドレス、4.参加希望日、5.クラウン歴、6.ご質問・メッセージ]

※折返し、ご確認のご連絡をお送りします。 

※申込締切:10月9日(金)17時/定員20名(先着順・要予約)





そしてここからは祗園ライブのお誘いです~♡

ロネとジージの「祗園deライブ」
ライブ「秋のラプソディー」の再演を晩秋の祗園で!
会場:Silver Wings (シルバーウイングス) 
   〒605-0064 京都市東山区東大路通新橋上ル西側 梅本町270 プレステージ祇園 1F
    http://www.limekoubou.com/main/flame.html
日時:11月3日(土・祝)マチネ13:00/ソワレ19:00内容: 
   ☀マチネ 『ロネとジージのThe Big Ears Show!』(45分間)
   ☽ソワレ 『コメディMusicライブ:秋のラプソディー』(100分間)       


clown_gigi at 23:30│Comments(0)基本のき | お知らせ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アンケート② 「秋のラプソディー」学校のクラウン