クラウンキャンプ木曽2019のキャンプショーは!シアタークラウン演技講座 6月 VOL.5

2019年05月26日

Gオモフ ココロの運転スキル

IMG_8783最近のニュースは、高齢ドライバーの運転スキルについての話題が目立っていますね…。
でも、それって、高齢者だけの問題じゃないですよね?

むしろ、車に乗ると性格が変わっちゃうタイプの方が怖いー。
年齢や性別に関係なく、荒っぽい運転する人の「慣れた」感じが怖いー。
でもって、自分自身の疲労しはじめの運転だって、怖いー。

その昔、弱視の友人に「どのくらい視えてるの?」と、おバカな質問をしたことがあります。
友人は「視えているっていうのがどのくらいかわからないから、答えようがない。」と言われました。
そりゃそうだー。

人は、自分の思う事、考える以外の事は、分からないし知らないし視えないし聴こえないーそういう風にできてる。

30年以上運転している方にでも起こる、そんな恐ろしい「何か」。
それが自分にだけはありえないーって誰に言える?


ここまできてーふと、思いました。

これは車のような現代のシステムの最高峰のような「物質」ではもちろんの事、個人から放たれる「気」や「言葉」という視えない事象にも同じことが言えるんじゃないかってー。

この「みえない」事故は、骨も折れないし血も出ないー死ぬことはないけれどーとても治りにくい傷を残す場合があります。(しかも事故を起こした側はそれに気が付いていない事も…。)

傷つくのは嫌ー。
でも、傷つけるのはもっと嫌だよなぁ…。

だから、思うのは、せめて自分が事故を起こさないように、何ができるかって事。
良く見る、ブレーキを踏む、方向を変える、スピードを落とす。
という基本に戻りつつ―更にー疲れを取るーが最優先かとー。

動ける脳と体があれば、アドレナリンは最小限ですみます。
判断と行動の基本は脳と身体の連携。

ストレス社会の現代人は自律神経が乱れがちー。
とっさの行動が混線して、うっかりな軽口や無責任な行動をとってしまうこともーある…。
(ううー痛い…)

だから・・・
言動や行動に行き過ぎを感じたら加速を緩められる、臨機応変なココロのアクセルー。
とっさの判断と行動を結べる直感力を生かしたブレーキングー。
状況を読む滑らかなハンドリングー。

その為にも、脳の疲れをとることは大切!
それは、自分と自分の周囲の世界を守ることに繋がるな~と思う訳です。




ここからはお知らせです~♡

ツイッターはコチラから!
https://twitter.com/ronegigi_ch

ロネジジのコメディ動画もお楽しみください♡
【RONE&Gigi ショート劇場】バスケットボールーBasketball

https://www.youtube.com/watch?v=przuUtFIoS4


シアタークラウンラボ6月
6月17日(月)13:30~16:00
詳細はもう少しお待ちください♡

クラウンキャンプ木曽2019】
長野県木曽で行われるクラウンの合宿です。
◆メインプログラム 6月27日~30日
◆ポストプアログラム 7月1日~5日


スタジオセサミ 令和キャンペーンスタート!

毎週月曜日と火曜日の週いちクラスに新規ご入会の方に特典がございます♡
詳細は下記をクリック!
https://clown-academy.com/archives/2034
https://twitter.com/ronegigi_ch


clown_gigi at 11:25│Comments(0)Gオモフ 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
クラウンキャンプ木曽2019のキャンプショーは!シアタークラウン演技講座 6月 VOL.5