随筆「豊かさについて」Clown Time 順延に伴うお知らせ

2019年12月11日

12月講座「シアタークラウンの演技講座」と「基本のき」

とうとう12月ですね~。

今年はセサミにとって、近年中、最も忙しくて充実した1年だったと総括しています。
のんびり振り返って反省会でもしたいところですがー12月の下旬までイベントを企画しているので、当分お休みはできそうもありません。

さて、そんな2019年最後のクラウン講座をご紹介します。
2つの講座が同日開催です♡

12月の講座概要  https://clown-academy.com/
(1)シアタークラウン演技講座   12月21日(土)13:30~16:00 @品川区内
 講師:Gigi 内容:シアタークラウン演技講座 VOL.10「場所」
(2)基本のき講座  12月21日(土)18:30~20:30 @きゅりあん
 講師:RONE 内容:古典を極める(クラウンの綱渡り その2)
 ※受講をご希望の際は、事前にご予約をお願いします♡

今回、Gigiが担当しますのは、TCL(シアタークラウンの演技講座)です。
「場所」という課題です。
過去にも何度もやっていますが、何度やっても意義深いのです。

劇場で演技する際、クラウンが登場していきなりジャグリングやマジックを披露するーというのは、決して悪いことではありません。が、それは劇場でなくても成立します。よね?

当講座では、劇場でなくては成立しにくい事を試行します。
そう、こだわります。

ストリートやオープンスペースでのショーが好きなら、どんどんその方向に進めば良いと思います。
でも、もし、あなたが劇場での演技をしたいと思うなら、是非、一緒にこの課題に取り組んでみて欲しいのです。

考えてみてください。

お金が充分にあって、好都合の劇場の日程がおさえられたとして、客席が満席だとしてー
さて、あなたは、そこでどんな作品を演じてみたいですか?
そうですね、上演時間は90分あるとしましょう。
そんな公演チケットを握りしめて、期待に胸を躍らせてやってくるお客さまに、あなたは何を伝えたいのでしょう?

『伝えたい』衝動ーこれが、全ての原動力になります。

世の中はコミュニケーションについて考えさせられる時代です。
『伝える』というシアタークラウンのスキルは、その最先端にあるものといえます。
なぜなら、あらゆるボーダーを越えて「笑い」としして広がっていく可能性を持っているからです。

あくまでも、可能性(笑)ね-。

『伝えたい』という衝動の先に、じゃあどうやって伝える?となりますよね。
平和、愛、リスペクト、友情、感謝ー
誰だって大切にしたいと思っていますよね。
(ですよね?)

社会活動で、家庭や個人として、作家は文章で、絵描きは絵画で、音楽家は旋律で、
クラウンはクラウンでーシアタークラウンは劇場作品として、表現します。

ええ、もちろん、ポジティブな表現ばかりではありません。
光の対面にある闇だって描かねば!
となると、必然として、演じる幅を広げなくてはなりません。

平和の真逆、愛の真逆ー…永遠の課題となってしまいそうです…。
そんな途方に暮れた時は、足元の一歩を見ましょう。

伝えるスキルがなければ、せっかく生まれた衝動も、あなたの中で空回りします。
そのスキルとは何か?
相手に受け止めてもらう表現力=演技力ーと、なります。

上手に台詞が言えるとか、良い声をもっているとか、キャラクターが奇抜だとか、そういう事ではありません。(顔やスタイルはもうどうでもよいくらいです。)

もっともっとベーシックに考えたいーこれがクラスで行いたい事です。

前回行ったのは、表現する身体についてでした。
現在の自分の身体の動きに対する可動域を確認したり、イメージすることで反応する身体について体験してもらいました。
それを使って、相手に伝えることが可能か?というところまでの試行でしたね。

次に行いたいのが、次回、「場所」についてです。

その場所をイメージすることで、身体に反応があらわれ、当然感情にも影響がみられるはずです。
演技を絵空事にせず、リアリティーを持って「存在する」という経験を踏むこと。
「存在」するからこそ、伝えられるー。
「存在」があやふやだと、表現は解説書のように体温(共感)の無いものとなるからです。

自分というキャラクターにこわだわるタイプは、「誰か」になることで、この「存在」があやふやになるのが課題になっているようで、実は、クラウンにはとても多く見られます。

あ、今は「場所」の課題で「誰か」ではありませんでしたね-話を戻しましょうー。

そう、まずは、自分のキャラや感情表現はおいておいてー「そこはドコか?」を表現することにフォーカスします。
赤ちゃんの手を触るのと、冷たい氷を触るのは違いましたよね?
じゃあ、豪華なレストランにいるのと、貧相な食堂にいるのは?
小道具はテーブルと椅子のみ使えますが、他には何もなく、それでも違いを伝えられるでしょうか?
感情とキャラクターは封印してね。(ココが味噌!)

大体、眉をしかめたり、埃臭いことを不快に思ったり、美味しそうな香りで笑顔になったりするんだけど、それをしないでも伝えられる可能性を探ります。
感情表現をして、「やったつもり」になってしまうことも多いからです。

これらの課題は、自分の課題をみつける為に行います。
褒められるためじゃないんです。
楽しいのは、それを自力で捉えた瞬間です。

ですから、講師が行うのは、鍼灸師の仕事に似ています。
「ここが痛いよね?ちょっと胃腸が弱ってるみたいですよ。」です(笑)。
受講者のみなさんは、そこから自分のクセと個性の見極めをつけていく事になります。
そう、いわゆる「ダメ」や「間違い」はありません。
全員が成長の過程にあるからです。

クラスを行うのは、これらの試行が一人では難しいからです。
自身が演じる事、他者の演技を観る事ーその両方が、つまり、すべてがレッスンとなります。

と、まあ、そんな講座になるはずです。
尚、「シアタークラウン演技講座」の受講には、5年以上の表現者としての経験値が必要としています。自分はどうかな?と思った方は遠慮なくご相談ください。


では、それぞれの講座のスケジュールをご紹介しますね~。

(1)シアタークラウン演技講座   12月21日(土)13:30~16:00
タイムスケジュール
13:10 開場・受付・準備
13:30 説明「場所」
13:45 ウォームアップ
14:10 場所について
16:00 Q&A・連絡・終了
16:15 退出

(2)基本のき講座  12月21日(土)18:30~20:30 @きゅりあん
18:10 開場・受付・準備
18:30 説明
18:45 ウォームアップ
19:00 綱渡り(その2)
20:30 Q&A・連絡・終了
20:45 退出

皆様のご予約、お待ちしております!



ここからは2020年1月の講座のご紹介です♡

1月の講座スケジュール 
 
 ※詳細は、近日中にサイトにて公開。
 1)シアタークラウン演技講座   1月13日(月)13:30~16:00
 2)基本のき講座  1月18日(土)18:30~20:30

〇月曜日(東京)と火曜日(神奈川)の定期クラスは常時、無料体験を受け付けております! 
 お気軽にご連絡ください♡
 https://clown-academy.com/lesson

〇Gigi個人研修を承ります。
 ご希望の内容と日程をお知らせください。詳細は下記をクリック!
 https://clown-academy.com/personal

ツイッターはコチラから!
https://twitter.com/ronegigi_ch

ロネジジのコメディ動画もお楽しみください♡
【RONE&Gigi ショート劇場】バスケットボールーBasketball

【RONE&Gigi ショート劇場】芝居見物の休日― a vacation of a Japanese clown family



clown_gigi at 22:01│Comments(0)お知らせ | スクール

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
随筆「豊かさについて」Clown Time 順延に伴うお知らせ