【WEBG】クラウンのエチュード「バレンタイン・デー」まとめ【ステイ・ホームおすすめ】クラウンの教科書

2021年02月10日

【アートトークのこと】ロシアと日向寺さん

2月20日のアートトークは、再びのロシア談義です♡



先のブログでゲストの野﨑さんのことをほんの少しご紹介させていただきました。
今日は、もうおひとりのゲスト、日向寺康雄さんについて、デス!
Hyugaji




日向寺 康雄(ひゅうがじ やすお)氏
早稲田大学第一文学部ロシア文学科卒業。
1987年より、当時のソ連国家日本語放送(モスクワ放送局)に勤務。
ソ連崩壊後も、ロシア国営国際ラジオ放送局、ロシア国営情報通信社「スプートニク通信」で日本語チーフ・アナウンサー兼翻訳員を務め、2017年に帰国するまでの30年間、ロシア生活を送る。
現在中央大学法学部及び早稲田大学文学学術院非常勤講師。


という、日向寺さんは、一見、とても穏やかで、誠実なーむしろ、かの有名なロシアの愛らしいキャラクターを思い出させる包容力で相対した誰もを「ほっこり」させてくれる方です。
ところが、その実、「あのロシア」に30年間住み続けられる体力と知力と順応力の持ち主で、ロシア語を自在に操る姿は、むしろマジシャンかと・・・。






ジャーナリストで翻訳家で、ラジオパーソナリティという肩書もあり、本当にたくさんの世界に精通していらっしゃいます。
中でも、芸術や劇場文化への見識は広く、日本に招聘される有名なバレエ団やオペラなどの通訳者としての経験もお持ちです。






そんな日向寺さんとロネ&ジージが出会ったのは、まだ私たちがクラウンを始めたばかりの頃ー。
ソビエト体制が崩壊した大混乱のモスクワで、命を救っていただいたのです。
いや、これ、ホントに、比喩じゃなくー。






エントリーしたクラウンの国際大会参加は、さまざまな問題が生じて過酷を極め、絶体絶命な気分でした。が、そんな私たちの前に突然現れ、惜しみない援助をしてくださったのが日向寺さんでした。
危機を脱したロネ&ジージは、その後、最終日の大会までクラウン・ショーを行い、300組というクラウン・パフォーマンスを観て学び、大会後もモスクワのサーカス、バレエ、演劇、オペラーと、さまざまな芸術に生身で触れる事ができました。







ロシアのアーティストの凄さは、一言でいえば「存在感」です。
「上手な演技」とか「良い声」という一部分の良さではなく、「いる!」という生き生きとしたエネルギー…。
そしてそれを支える身体能力の高さー。








今だから言えることですがーロシア滞在の後半がより「すばロシア!」と輝いて見えるのは、前半の「おそロシア」の体験があったからかもしれません。(ああ、逆でなくてよかった!)
常識という狭い檻の中にいた私にとって、カルチャーショックどころではない体験・多数(笑)。








超貧困に「神に見捨てられた」と思い、混乱し、泣き、挫折し、悔しさのあまり立ち直り、人種偏見と友愛を同時に知るーなんてーそうそうあることじゃありません。そんな経験が今でも表現と創作活動のエネルギーとして、マグマのように熱を発しています。







貧困と混乱の社会の中にあっても、まさしく「拾う神あり」を実体験したロネとジージは、人間の中にある「ちいさな神さま」を信じます。
それは寛容や友愛、畏怖や献身というかたちできらめく、星のようです。
例えていえば「希望」かもしれません。








ロシアでロネとジージが学んだクラウニングの根底にあるものは、「マイナスをプラスに転換させる」そんな輝き=希望だと、いう事です。
「ウラー」





さて、そんなトークショーまであと10日を切りました!
ご予約はお済ですか?
会場で、もしくはオンデマンドでお待ちしております♡



1回目のトークショーを観ていないので…という方へ、こちらをどうぞ!



<講座情報>
【1】WEB講座 <オンライン講座> https://clown-academy.com/web-class/2781/
  2月 13日webR コメディには型がある 19:00-
    27日web基本 クラウンの「ストーリーテリング」19:00-
  3月 6日WebG 13日WebR 27日Web基本
  個人研修 75分間 【2】台本道場<オンライン講座> 3月生募集中:〆切2月25日/*お試し受講 1回往復 随時 【3】対面プログラム《ボディ・サポート》パーソナル&グループ 随時 

その他
そして!ロネ&ジージの動画を観るならこちらから!
チャンネル登録もお願い♡

 

ストレッチ動画 ごいっしょシリーズ 



ツィッターもやってます♡
@RoneGigi_ch



clown_gigi at 00:47│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【WEBG】クラウンのエチュード「バレンタイン・デー」まとめ【ステイ・ホームおすすめ】クラウンの教科書