【ステイ・ホームおすすめ】クラウンの教科書お久しぶりの・ビッグイヤーズショー!

2021年02月21日

アートトーク2021 オンデマンドはいかが?

2月20日のアートトーク2021、とても濃厚で深い時間でした!
やっぱり、専門家の話って違うーという、説得力と知識の波が何度も押し寄せるトークショー。
ああ、ずーっと漂っていたい~・・・。
アートトーク2021 (13)






ご来場のみなさんには、冒頭からリーディングパフォーマンスに拍手をいただき、かなりお調子に乗ってしまったGigiでした。
やっぱり身体表現は楽しい!!!



ご来場のみなさま!!大・大・大、感謝!です。



1部は、野﨑美子氏が日本人の「お堅い」イメージと大違いなチェーホフのこと、ロシアの演劇のこと、その生活や芸術の価値観についてを、さすがの切り口で語ってくださいました。




野﨑さんは、かの「RADA」=英国王立演劇アカデミーで学ばれ、ロシアの演劇に没頭していくという、優秀かつユニークな感性の持ち主。
彼女のアートに注がれる視線はとても鋭いのですが、それは決して冷徹なものではなく、熱すぎるほどの愛情にあふれています。




そんな彼女の周りにはそういう「引力」があり、このトークショーが最後まで暖かかったのは、そんな野﨑さんのおかげだったと思っています。




2部はロシアで30年間のジャーナリスト経歴を持つ、日向寺康雄氏のお話し。
こちらはロシアの一大イベントである「春の祭典」のお話を中心にロシア人の価値観の原点が、どこにあるのかーということを伺いました。




現在大学で講師をされている日向寺さんの知識は深く、とても1時間におさまるようなものではありません。口調は穏やかですが、その後ろに垣間見える歴史・芸術・文化などの情報量は大きな山のよう・・・。





そんな博識な日向寺さんですが、さわやかなセーターの下にウォッカプリントのTシャツを着こんで、お客様を喜ばせようという、茶目っ気とサービス精神旺盛なところは、本当に愉快な「ロシア」人のよう・・・。





で、2時間はやっぱりあっというまに過ぎましたね…。
今回、とても納得したのは、ロシア人の価値観の軸が、厳しい自然環境の中ではぐくまれたものだーということです。




気温だけでも夏から冬の間に30度から-30度へと移り、真冬は散歩中だって遭難する可能性があり、
体力が無いと生き抜けないーという、とってもワイルドな環境なわけです。




当然、ここで語られる「生きる」ことへの価値は、デジタライズされた世界とは大きく異なります。
そして、抗い難い「大きな自然」の影響は、おおらかな諦念や受容というユーモア感覚につながるように思えます。




死と隣あわせに生が存在し、だからこそ、「生きる」コトを楽しむような・・・。
そうそう、「死」が禁忌ではなく、近いんです。
それは、どこか古い日本の感覚とも似ているように思います。




20歳にソビエトの末期・混乱期にモスクワで体験したたくさんの大変なことや困難や冒険が、今、ようやく、その本当の意味を理解できるような気がします。
あの時だから「行けた」し、二度と訪れないとても貴重な体験をしてきたのだと、二人の話を伺って感じられます。





長い時間がかかってわかる答えも、あるものですね。
さて、そんな濃い内容のトークを、会場にいらっしゃれなかった皆さんにも、是非、ご紹介したいと思います。



オンデマンド!です!!
ご予約をお待ちしております♡





ここからは講座情報です♡

<講座情報>
【1】WEB講座 <オンライン講座> https://clown-academy.com/web-class/2781/
  2月 27日web基本 クラウンの「ストーリーテリング」19:00-
     https://clown-academy.com/web-class-rg-2021002/3156/
  3月 6日WebG「クラウンのエチュード」演技の法則・ステイタス 14:00&19:00
  https://clown-academy.com/web-class-g-2021-0306/3184/
    
13日WebR 
27日Web基本
  個人研修 75分間 【2】台本道場<オンライン講座> 3月生募集中:〆切2月25日/*お試し受講 1回往復 随時 【3】対面プログラム《ボディ・サポート》パーソナル&グループ 随時 

その他
そして!ロネ&ジージの動画を観るならこちらから!
チャンネル登録もお願い♡

 

ストレッチ動画 ごいっしょシリーズ 



ツィッターもやってます♡
@RoneGigi_ch



clown_gigi at 17:27│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【ステイ・ホームおすすめ】クラウンの教科書お久しぶりの・ビッグイヤーズショー!