【WEB講座】9月25日基本のき【始動します】At The Theater in 山梨

2021年09月22日

Gオモフ ガンバらないスキル

FullSizeRender
気が向いた時だけする練習は、気分転換。
頑張ってする練習は、現状維持。
歯磨きくらいの習慣になれば、上達。
それってもはや練習とは言わない。


現在の自分(有間)は、意識しなくても歩くことができる。
けれど、Boss(有間の母)は、自立するのに介助が必要で、つまり、歩くためには多くの準備と努力を要する。

Bossは脳梗塞を患った後、リハビリに励んで自力生活もできていたのだけれど、徐々に「ガンバリ」が続かなくなってしまった。
座ったまま、「歩けたらいいなぁ」「イメージでは歩けるんだよ」と、口にするものの、気分が乗るまでは立ち上がらなかった。
どこかに、「やればできる」という気持ちと、出来ない現実を見たくない、という思いがあったのだろう。

そんなBossの身体は、あっという間に歩行のためのバランス感覚を失ってしまう。
80を越えた老体に、もはや「ガンバリ」は効かない。

そんなBossのありようは、言葉よりずっと強いメッセージ。
人は生きてきたように生きていくということ。


歩きたかったら、歩き続ける。
歌いたかったら、歌い続ける。
幸せになりたいなら、何が自分にとっての幸せなのかーを見つけられる感性を磨き続ける。

そうすれば、それは頑張らないと続かない「練習」から、「努力」を必要としない「習慣」に変わる。
それなら継続できる。

Bossの現在は、手すりに捕まって自力で立ち上がる事ができる。
「おお、立ってもらえると助かるよ〜」と、介護のたびに声をかけると、ニンマリと笑顔になる。
そう、継続の最中に必要なのは、叱咤激励より、何気ない感謝やホメことば。
寄添いもまた、習慣にしたいスキル。










clown_gigi at 08:00│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【WEB講座】9月25日基本のき【始動します】At The Theater in 山梨