公演【クラウンタイム2022】〆切まぢか!まじかっ【WS情報】WEB講座5月デス

2022年05月20日

公演【クラウンタイム2022】終了

FullSizeRender
公演が終了しました。
怒涛の3日間でした。

無事に終わって、本当にホッとしています。
いつもいつも思うコトですがー。
一人じゃできない。

たくさんの人の協力が無いと、出来上がらないのが劇場公演。
それぞれの持っている能力と心意気で幕が開くのだーと、3年ぶりの劇場でもやっぱりそう実感しました。

参加者の中には体や心の不具合を抱えているメンバーもいて、「迷惑になるからー」という理由でダンス参加を諦めようとするクラウンもいました。

「困ってる時は、お互い様って言うんだよ。」と、引き止めると、目の中に玉のような涙を浮かべて、笑顔が開きます。
諦めるのは最後でいい。
その瞬間まで、お互いを頼りにして歩き続けるのが「劇場公演」という船の乗組員だと考えます。

間違いも失敗もあります。
一寸先に落とし穴があるかもしれません。
それを恐れて、一歩も前に進むことができない時もあります。

だからこそ仲間が助け合うー当然のコトです。
能力の範囲や限界はそれぞれに違います。
相手の「できない」事を責めたり、不満に思うのは正当な行為ではありません。
どうやってフォローするか、を、考える、それが「学ぶ」トコロです。

リーダーシップの本質のひとつがここにあると考えます。

そして、お客さまのアンケートを読み返し、クラウンの友達は、やっぱり優しくて寛容で、細やかに言葉を選んで書いてくださっていると感じました。

先鋭的で刺激的なアートシーンも好きですが、クラウンは、温かな陽だまりの中でゆっくりと育っていいー。
クラウン文化は、現代の読み捨て使い捨ての消費されるようなものではなく、童話の絵本のように、子どもから大人までを魅了するからです。

それは、人間の本質に関わる何かをシンプルに現しているからだと、考えます。

関わる事ー助け合うことー温かい方へ向かうこと。
この3年、参加者と粘って迎えた公演で、私たちが学んだ事は、本番の拍手で納得に変わりました。

ご来場、本当にありがとうございました。


clown_gigi at 07:50│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
公演【クラウンタイム2022】〆切まぢか!まじかっ【WS情報】WEB講座5月デス