【ライブを創る①】ウェイターズ in TOKYO【WEB基本のき6月】オリジナルなクラウン作品(ドラマ)のつくり方

2022年06月20日

【ライブを創る②】オリジナルソング歌います ウェイターズ in TOKYO

ウェイターズTOKYO2022-2






ロネが新しいチラシを作ってくれたっ!


爽やかだ~。
夏だもんね~。
熱中症にならないように、気をつけなくちゃね~。


ここのところの稽古は、途中で2回くらい着替えなくてはなりません。
そうです、汗が、半端ない…。


湿度ですね、これは。


稽古は、ほぼ、歌からスタートします。
これってライブを始めてからの習慣。
前は歌わなかったからね~。


唄だけでも45分は必要です。(それでも足りないんだけれどー)
(一人でレッスンする時は90分くらいやってしまいます。)


今回は、久しぶりに「オリジナル」ソングをお披露目いたします。


「鐘はひびく」という、懐かしいイメージのシンプルな曲です。
この曲、実は、コロナ前に作っていたのですが、歌うチャンスが無かったんです。


で、今回、作品を改稿していたら・・・「あ、この曲はこの作品用だ」って気が付いたんです。
ふしぎです。ピタッとはまった。
もともとバラバラだったパズルが収まるところに戻った感じ?


ロネの提案で、前半をブルース調にしたら、更に素敵に…。
後半でぐぐっとテンションがあがる曲なので、力まずに安定した声が出せるようにしておかないといけません。


とにかく練習。
作品の意図に添った、メッセージを伝えるための歌なので、音程通りに歌えても足りない。
(いや、それだってたいへんなんだが・・・)
「表現」にするってむつかしい…。


そんな曲、「鐘はひびく」の歌詞をご紹介します。



「鐘はひびく」 作詞 Gigi/作曲 RONE & Gigi

街の片隅 銀の鐘の見上げる空は 青く高く
さえずる鳥の その調べに 思い起こすは懐かしい歌

街の高台 銀の鐘の輝く空は 青く高く
打ち鳴らされる その調べに 思い起こすは希望の歌

磨けや磨け われらの鐘
掲げよ天にもう一度

リンドンリンドン 高く強く リンドンリンドン 鐘はひびく
リンドンリンドン 遠く深く リンドンリンドン 鐘はひびく




短くてシンプル。
小学校の音楽の教科書に出て来そうな…(笑)。


この曲そのものにストーリーがあります。
ま、歌詞通りなんですが・・・

路上にごろりと置かれたまま忘れ去られている、寂れた街の教会の鐘ーという光景からスタートしています。
青空の下、さび付いた銀の鐘の上を飛んでいくのは一羽の鳥。
そのさえずりに、銀の鐘は過去の栄光を思い出しています。
それは、青い空に掲げられた銀の鐘の高らかな響きー。

すると、その希望の響きを思い出した人々は、また街に戻ってきて、忘れ去られていた鐘を磨き、再び天に掲げるのです。



という、再生の歌です。


考えてみると、結構いろんなオリジナルソングを作ってきました。
昨日は、スクール生に「CD出してください!」って言ってもらえてうれしかったな(♡)。


リンドン♪リンドン♪




ここからは講座のご案内です~

【WEB講座 <オンライン講座>6月】


基本のき 6月25日(土)19:00(100分間)「物語りのつくりかた」

オリジナルなクラウン作品のつくり方のコツを伝授します。
台本道場<オンライン講座> 随時応相談


【リアル講座常設クラス〈スタジオセサミ東京〉】
仲間といっしょに学ぶことで、理解と喜びは倍以上に…!


clown_gigi at 00:02│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【ライブを創る①】ウェイターズ in TOKYO【WEB基本のき6月】オリジナルなクラウン作品(ドラマ)のつくり方