クラウンキャンプ、新装開店です!【CLOWN CAMP JAPAN】2024次回公演にむけて【アンケート②】ウェイターズ

2024年04月02日

発見の連続だったバルーンコミュニケーション♥ クラウン講座「基本のき」

先日開催した、WEB講座「クラウン基本のき」『バルーン・コミュニケーション』には、
新しい方も含めて10名以上の方がご参加くださいました。(ありがとう!!!)
IMG_4018






あいかわらず、100分間のレッスンはあっという間。
たくさんの質問に回答しながらの講座は、徐々に熱を帯びていく。


内容自体はとってもシンプル。
ペンシルバルーンで犬を作る、帽子を作るーの、課題から…
初めてバルーンを扱う参加者には、結ぶのだって難しい。


でも、クラウンとして表現するなら、この、基本スキルだけでもコミュニケーションには十分。
(だから、ここのところは時間をかけて、慣れましょうね♡)


スキルが安定し、人前で行う機会を得たら、さまざまな課題に向き合うことになる。
〇気が付いたら列ができてる
〇作るときに間が持たない
などなど…


ここで一度、リセットして考えたい。
何のために「バルーン」を使ってパフォーマンスしているのか?ーを…

確かにバルーンは素敵なアイテムだ。
けれど、クラウンは、バルーンを作る為にそこにいるわけじゃない。
あくまで、バルーンは作業の一つであって、目的じゃない。

バルーンを作る為にいるなら、それは「あなた」である必要はなくなってしまう。


あなた(というクラウン)が、バルーンを作りたいからそこにいる―という方が生き生きとパフォーマンスすることができるんじゃないか?
この課題は、どうして「クラウン(あなた)」はそこにいるのか?何がしたいのか?を、知っておくことで解決できる。


もちろん、更に、どのように?までを考えられればスキルアップすること間違いなし。
例えばー喋らないでやる、ジブリッシュで行う、できるだけ早く作る、できるだけゆっくり作るー
など、自分に自分で課題を出してみる。


ほら、ちょっとドキドキしない?
同じ事でもほんの少し角度を変えると違うものが見えてくる
それが冒険というもの(なにも、遠くまでいくことだけじゃないー)


WEB講座を終えたとき、20年バルーンパフォーマンスを行ってきた参加者が「発見の連続だった!」と興奮して感想を語ってくれた。


そんな参加者の喜びが、講師の一番のご褒美だ。

さて、画面越しの基本のきから、次回は対面、つまりリアル基本のきを開催予定♡
1回読み切りのオープン講座なので、誰でも参加できるよっ!!!是非!!!

 
4月20日リアル「基本のき」09:30-16:30
 頭も身体もクラウン的ワークアウト!基本で実践編です♡
 

ここからはそれ以外のワークショップ&イベント情報です♡

【1】WEB講座「基本のき」19:00-(100分間)
  WEBで!家でもじっくり学べるクラウンワーク
 
 4月13日座学「クラウンの鼻はなぜ赤いのか」

 


【2】4月27日 BES@ブックハウスカフェ  生のロネ&ジージに会える!クラウンと触れ合える!一緒に遊ぼう~♡



【3】クラウンキャンプJapan 
クラウンの合宿で楽しく深く学んで、ココロもアイディアもスキルUP♪




clown_gigi at 11:08│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
クラウンキャンプ、新装開店です!【CLOWN CAMP JAPAN】2024次回公演にむけて【アンケート②】ウェイターズ