筋腫で5回手術、UAE10回。体験者は語る。皆一緒に乗り越えよう!

26歳核出開腹。27歳核出開腹。29歳子宮全摘。でも再発!?30歳~UAEを約10回。その後、筋腫が巨大に成長34歳4回目の開腹。しかし、直後に筋腫再発。36歳で4回目の手術(でも腹腔鏡!)しました。子宮筋腫の治療はFUS以外経験済み。ホルモン治療もプリン・ディナゲストやりました。筋腫発覚でたどり着いた方、良い治療方法が見つけられますように。お役に立てれば嬉しいです。

2014年11月

俺のテリトリーに入るな!義父がルールな家。

題名の通りだったんです。
自分のテリトリーには、入ってくるなという感じだったんですよねぇ。
(いちおう、血のつながった息子とその嫁なんですけど)
義祖父母の家だったものですが、今は義父が権利をもっていると言うことで。
義父のテリトリーだったのかな?

義父家は、義父がすべてを決めると言うそういう風習のようでした。
なので、義母は、経済的にも、物理的にも全て夫の言うがまま。なんです。

先日、台所のリフォームをしたのですが、
義母は背が高くないので、台所の棚を可動式にして欲しいと言ったらしいのですが。
「予算外だから、駄目」と言われたそうで。
(安ければ、6-7万で出来るのに・・・)
それに、ガスコンロがかなり古くなっているから変えたいと言っても。
「まだ、使えるのに、なぜだ?」って感じだそうです。
(おめぇの飯作ってるんですけど!ですなぁ。)

その上、家の中の物を動かすのも駄目。
壁にピンを打とうものなら、「なんで、壁に穴をあけるんだ!」って怒るらしい・・・。

「ソレハ、タイヘンデスナ・・・」

続きを読む

物が捨てられない義父・・・

短期間(数年間)、お金をためるために義祖父母の住んでいた家を貸してほしいと義父に頼みに行った。
良く言えば、自然が豊かな場所にある。悪く言えば、田舎の中の田舎。
定期的に寺の掃除とか冠婚葬祭なんかで、
近所の集まりなんかもあって、そういう用事のたびに義母が出かけていくのも知っていたので、
私達がいる間は、私が用事を済ませれば楽になるかと思っていた。
でも、義父にとっては、思い出の家だろうし。
義祖父母が住んでいた家の、別宅を貸してもらおうと思っていた。
小さな台所と、部屋が2つある離れがあったので。
初め、義父は、「わかったぞ」と言っていた。
「ガスは、ひき直ししないといけないだろうし。大変だぞ」
と、心配しているような雰囲気を出していた。

続きを読む

持ち家は諦めた。

田舎の持ち家率は高い。
土地が安いからというのもあるだろう。
結婚したら、子どもを産んで、そして持ち家を持つ。
という王道コースを進む人がほとんどだ。

でも、うちは、子どもを産んで。
の所から、つまづいた。

続きを読む

虐待事件

札幌市で4ヶ月の赤ちゃんが虐待される事件がニュースで流れていた。
あれ?
亡くなった子は、もっと大きい子じゃなかったけな?と思った。
良く見てみると違った。
少し前にニュースになっていた子どもは、大阪茨木市で餓死した子だ。
こんなに短期間の間に、子どもが虐待の犠牲になっている。
信じられる?
こんなに文明が発達して、仕事が無い人だって最低限の福祉が受けられる日本でですよ?
ネットニュースで、ニュースの詳細を見ていたら、涙が出てきてしまった。



続きを読む

治療の大きなストレスは?

治療の一番の大きなストレスって、何だと思います?
病気がある人は、治療のストレスって何ですか?

痛いこと、される?

ううん。

私は、経済的なものが、一番大きいです。

痛いことなんて、怖いことなんて、開腹手術に比べたら痛くないし。
再発の怖さに比べたら、治療は怖くもなんともない。
(ただ、不快感と嫌な気持ちはありますけど

続きを読む
ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログへ
最新コメント
プロフィール

病歴10年オペ5回

26歳の時に、子宮筋腫を発症。核出手術をするも27歳再発。再び核出手術を行う。摘出したものが子宮筋腫ではないと診断される。治療方法もなく、29歳に腫瘍が巨大となり子宮全摘を行う。ここで子宮筋腫ではなく、血管内平滑筋腫症との診断を受ける。病名が決まるまで3年・・・。これで、病気とはさよならが出来ると思ったのだが、4ヶ月後には再発。婦人科では治療方法がなく、他の治療方法を模索。子宮動脈栓術を行っている病院を探し、ようやく対応可能な病院にたどりつき腫瘍の増大を止める治療を行ったが、コントロール出来る大きさで無くなってきたので、4回目の手術をしました。 すぐに再発;;5回目は腹腔鏡手術をしました。

スポンサー