筋腫で5回手術、UAE10回。体験者は語る。皆一緒に乗り越えよう!

26歳核出開腹。27歳核出開腹。29歳子宮全摘。でも再発!?30歳~UAEを約10回。その後、筋腫が巨大に成長34歳4回目の開腹。しかし、直後に筋腫再発。36歳で4回目の手術(でも腹腔鏡!)しました。子宮筋腫の治療はFUS以外経験済み。ホルモン治療もプリン・ディナゲストやりました。筋腫発覚でたどり着いた方、良い治療方法が見つけられますように。お役に立てれば嬉しいです。

2015年03月

病院で他の人より、良く診てもらいたい。どうすれば、良いのか考える。その2

こういうの考えていたら、嫌な患者っていうのをまとめれば良いんじゃないか?と思っちゃった。

私、医師じゃないので、
嫌な患者の想像がつかないな・・・。

でも、この前病院に行った時に、
看護師さんにタメ語で話してる人いた。
昭和生まれのオペ4回には、ちょっと衝撃的だった。

敬語にした方が良いよね・・・。

さぁ、昨日の続きでございます!
続きを読む

病院で他の人より、良く診てもらいたい。どうすれば、良いのか考える。その1

多くの人が考えるであろう、医師に良く診てもらいたいということ。
患者的には、医師は一人だけど。
医師にしてみたら、何十人(百人?)の一人の患者なんだから、
嫌な患者、良い患者?って言うのがあるんだろうなぁ?と思う。
患者は、医師を選べるけど。
医師にしたら患者を選べないって・・・。
結構、大変だよね。

自分なりに、考えてみたい。
続きを読む

家庭菜園やっています?春なのでハーブ植えました。

皆さん、家庭菜園やっています?
うちは、賃貸マンションなので小さなベランダがあるだけです。

初めは、安いパンジーとか、そこいら辺のお花を植えていたんですけど、
お花達、虫が付くと虫を食べに来ていくれるお助け虫がベランダということもあって、
来てくれないので、害虫が一気に増殖!という事態になることが多く・・・。
(殺虫剤もかんがえたけど、なんとなく、ベランダに農薬をまく気にはなれず)
お花はやめました(笑)

今は、鉢植えの梅(盆栽ではなく、南紅梅なんですけど)があるのみです。
この梅、鉢植えですごく窮屈そうなんだけど、
子宮全摘が決まって、なんか嫌ーな気分だった時に、
気持ちが明るくなればと思って植えたものなんです。
私の子宮があった時代から、家にあるもの。
ってことで、なんとなく捨てられないのです。
(植物、捨てんなよ!ですけどね^^;)
今年もしっかり、お花をつけてくれました。
子宮全摘が決まって・・・。泣いていた時にも、この花見ていたな。って思ったりしました。
植物は、話さないけど、落ち込んだ気分を癒してくれるのは、何ででしょうね。
小さいけど、一生懸命生きているからかな?
続きを読む

みんな思う?婦人科の患者の悩み(友人編)

病室どうしようかなぁ~。
困ったなぁです。

前回は、すごくラッキーだったんですけど、
消化器科と一緒の総合病棟の個室が取れました。

ムーベン(腸内を綺麗にする強力下剤)をやったりしたので、
個室でトイレに行けたのはありがたかったです。
できたら、個室が良いなぁ・・・。

自分は気にしなくても、病院に来た人が「周りが赤ちゃん産んだ人ばかりで可哀そう」とか思うと嫌だしなぁ。
って思っています。
婦人科疾患をお持ちの方、知人友人家族に自分の病気を話した時に、
微妙な空気が流れることはありませんか?
まぁ、世間的に考えれば、そうとう可哀そうな気の毒な病気なんだと思いますけど。

オペ4回は、あまり気にされるのが好きではありません。
子宮を取ってしまっているのだから、これから子どもを産めるようになることはないし。
そういうことを知らない人にも、たくさん会っていかなくてはならないと思っています。
続きを読む

みんな思う?婦人科の患者の悩み(病室編)

婦人科疾患の人は、産婦人科の待合室がきつい。
と言うのを前に書きました。
少なくともオリーブさんとオペ4回の2名以上は、そう思っているということで^^;
いつか配慮があると良いなぁなんて思います。

思えば、私が初めて手術を行った病院は、
産科がメインの病院だった。
総合病院に新しく母子センターが開設された直後で、
そこに良い先生が来たというので、
(その時は、いづれ出産もすると思っていたので)
そこにかかることにした。
受け付けも母子センター受付って書いてあって、婦人科の人は少なかったと思う。

待合室も、子ども赤ちゃん連れに優しい作り。
妊婦さんも問題がない人がほとんどだったと思う。
(大きな総合病院になると、妊婦さんでもリスクのある人が増えてくると思うけど・・・)
日の光がよく入って、パステルカラーの可愛い待合室だった。
続きを読む
ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログへ
最新コメント
プロフィール

病歴10年オペ5回

26歳の時に、子宮筋腫を発症。核出手術をするも27歳再発。再び核出手術を行う。摘出したものが子宮筋腫ではないと診断される。治療方法もなく、29歳に腫瘍が巨大となり子宮全摘を行う。ここで子宮筋腫ではなく、血管内平滑筋腫症との診断を受ける。病名が決まるまで3年・・・。これで、病気とはさよならが出来ると思ったのだが、4ヶ月後には再発。婦人科では治療方法がなく、他の治療方法を模索。子宮動脈栓術を行っている病院を探し、ようやく対応可能な病院にたどりつき腫瘍の増大を止める治療を行ったが、コントロール出来る大きさで無くなってきたので、4回目の手術をしました。 すぐに再発;;5回目は腹腔鏡手術をしました。

スポンサー