筋腫で5回手術、UAE10回。体験者は語る。皆一緒に乗り越えよう!

26歳核出開腹。27歳核出開腹。29歳子宮全摘。でも再発!?30歳~UAEを約10回。その後、筋腫が巨大に成長34歳4回目の開腹。しかし、直後に筋腫再発。36歳で4回目の手術(でも腹腔鏡!)しました。子宮筋腫の治療はFUS以外経験済み。ホルモン治療もプリン・ディナゲストやりました。筋腫発覚でたどり着いた方、良い治療方法が見つけられますように。お役に立てれば嬉しいです。

2015年08月

リュープリンの副作用と闘う

リュープリンなんか、可愛い名前の注射だけど。
結構副作用がきつかったです^^;

本当なら、手術が終わって、どんどん体調がよくなる所だったんだと思うんだけど。
2本目を打った頃から、だんだん体調が悪くなっていきました;;

リュープリンなんか名前じゃなくて、
ガビュルドンガフ(←適当に副作用出そうな名前つけてみた。けど、なんかロシア語っぽいな。
全く関係ないけど、ビーフストロガノフとかもなんか強さそうな名前だよな・・・。)
とか名前にすれば良いのに。

リュープリンね。
皆さん、副作用がきついって聞きますけど。
私も結構きました~。
もう、ちょっと遠い記憶ですけども。なかなか、きつかった。
続きを読む

避妊具が入ってたって^^;

ブログの記事が、とびとびでございやす。

久しぶりに、2回目の手術の後の話しです。

以前書いた通り、子宮内膜の癒着防止のために、
避妊具を入れていたんですけど^^;
(この避妊具とは、子宮内避妊具と呼ばれる子宮内にずっと入れておくものだったと推察出来ます)

つか、子ども産めなくって、子宮も取っちゃってる私なのに、
避妊具入れたことあるとか、すごくない???
卵管造影検査もしたし。
避妊具も入れたことあるなんて^^;

婦人科色々体験しちゃってるわ!

この避妊具を入れるのは、保険適応ではなかったですね。
しかも、先生、私にも家族にも説明してなかったのですよ。
(家族は、もしかしたら手術の後に説明を受けていたのかもしれないんですけど、
 忘れちゃったのかも)
続きを読む

ひどい、寝汗。

実はですね。
ひどい寝汗を昨日かきました。

夜寒くなってきて・・・。
一度、非常に寒くて起きたんです。
身体がブルブル言うような、寒気で起きました。

身体の芯の部分に力がかかって、
低体温を治そうとしているのかな?
身体全身に力が入り、血液を流してるな~って感覚。
わかります?
あれがしばらく続いて、もう寒くて寒くてブルブルしておりました。
なんとなく、頭によぎる。
「心臓弱い人だったら、死んじゃいそうな感じで血が動いてるなぁ~」と思いました。

で、布団を1枚多くして、寝たのですが・・・。
続きを読む

初対面で子どもは?って聞くの普通かね?

遊びに来ていた実母と買い物に行って、
知り合いの方にあったので、挨拶と母親を紹介した。
すごくお世話になっている人だし、偶然あえて良かったなぁと思ったんだけど。

私の周りは、子なしが多い。
いえ、子沢山の方もいるんだけど。
相手だって、子どもがいない人より、同じ立場の人の方が話しも会うだろうし。
気を使わないだろうから、子沢山は子沢山のところに集まるのが普通だと思うんだけども。

私も子どもがいない人の方が、話がしやすい。
子どもがいる人との会話は、ひたすらその人たちの子どもの話しを聞いて、
(興味もあるし、面白いから良いんだけど)
子どもを褒めることをしているなぁって思う。
子どものエピソードとか面白くて良いんだけど、相手に何も助けになることも言えないし。
聞くことくらいしか出来ないんだよね。

と、長々と書いたけど。
つまり、私の友好関係は子なしが多いわけです。
続きを読む

実母が遊びに来ていましたんですけど・・・

今年のお盆に帰っていないので、実母がこちらに遊びに来ました。
4日間おりまして、結構疲れました・・・。

なんというか、母親は娘の家と言うことで、自分の家のようにふるまうのですが^^;
(台所とか、勝手に使うのは全然構わないですけど)

一番困るのが、2部屋しかいない狭い我が家に泊まるということなんです。
うち小さいので、一部屋はベットしかなくて(寝室ですね)、
それとリビングにくっついた部屋しかありません。
なので、母が来た時は、母に寝室を使ってもらって(エアコンもあるし)

夫がいると、夫も気を使うって事で。
夫は海の家の方に行ってくれます。
(これは、夫の好意なんですけど・・・)
夫は、本当は家には泊まってほしくはない様子。
母は、それを分かっているのは、いないのか・・・。
「夫君がいなくて良いわね!」とか言っちゃってるんですけど・・・。続きを読む
ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログへ
最新コメント
プロフィール

病歴10年オペ5回

26歳の時に、子宮筋腫を発症。核出手術をするも27歳再発。再び核出手術を行う。摘出したものが子宮筋腫ではないと診断される。治療方法もなく、29歳に腫瘍が巨大となり子宮全摘を行う。ここで子宮筋腫ではなく、血管内平滑筋腫症との診断を受ける。病名が決まるまで3年・・・。これで、病気とはさよならが出来ると思ったのだが、4ヶ月後には再発。婦人科では治療方法がなく、他の治療方法を模索。子宮動脈栓術を行っている病院を探し、ようやく対応可能な病院にたどりつき腫瘍の増大を止める治療を行ったが、コントロール出来る大きさで無くなってきたので、4回目の手術をしました。 すぐに再発;;5回目は腹腔鏡手術をしました。

スポンサー