筋腫で5回手術、UAE10回。体験者は語る。皆一緒に乗り越えよう!

26歳核出開腹。27歳核出開腹。29歳子宮全摘。でも再発!?30歳~UAEを約10回。その後、筋腫が巨大に成長34歳4回目の開腹。しかし、直後に筋腫再発。36歳で4回目の手術(でも腹腔鏡!)しました。子宮筋腫の治療はFUS以外経験済み。ホルモン治療もプリン・ディナゲストやりました。筋腫発覚でたどり着いた方、良い治療方法が見つけられますように。お役に立てれば嬉しいです。

2016年03月

世の中の人、人の子供より、ペットの方が興味あるんかも・・・。

昨日までブログに関して書いていたので、
ちと、思うことを一つ書きます。

私のサイト履歴からか、ブログサイトがそういったものが多いのか、
ブログのお勧めみたいなのに、よく子育てブログがのってくる。

まぁ、自分の子供のかわいいの。
妊娠中の話。
幸せルンルンの、忙しくも充実した方々のブログがいっぱいあるね。

こちら、子供がいないものだから。
(若干卑屈な部分もあるのは、わかってると思いますけどー)
子育てブログとか見ても、
「うん・・・」
的な感想しか、出ない。

きっと、同じように子育てをしていた経験のある人は、
うちも一緒!かわいい!本当に、かわいいよね!
続きを読む

初めてお金が発生して、嬉しかった日。

昨日に引き続き、お金ネタすみません。
アドセンスに興味がある人は、アドセンスをググってみるといいですよ。

アフィリエイトと違って、アドセンスは、ブログに来た人が、
その商品を購入する必要はありません。

私は、人のブログだったり、まとめサイトとか見ていて、
急に気になる広告が入って、その広告をクリックをすることがあるのですが^^;
それ。
それで、お金が発生するんです。

グーグルさんからしたら、いろいろ出ている広告を読んでくれたってことで、
きっと広告料を出してるんでしょうね。
そうすると・・・。
有名芸能人じゃなくても、そんなに読者の人が来なくても、
クリックしてくれる人が発生するんです。

少し、アドセンスのアカウントをとるのに、面倒はありますけど・・・。
続きを読む

ブログで小金稼ぎ。その方法とは?

病気だったり、いろいろな自分の体験談をブログに書くことで、
金を儲けようって人は多いと思う。

まぁ、私もその中の一人だったわけだけど。

結果として、私は苦しい時期に、皆さんに助けていただいたし。
腹腔鏡の時には、謎の肩の痛みに関して、
医師も看護師もいう事が違ったりして(笑)
(そこまで、重要なことじゃないから、みなさん若干スルー気味だったのですよね)
皆さんのコメントで、安心したり。していました。
再発の時にだって、すごい励ましていただいて、
インターネットって使い方によっては、とってもいいな!って思いました。

本当は、自分の好きなことで、
ブログを書くのが一番いいのかなぁと思うんですけどね^^

ブログで、小金を稼ぐ方法としては、
私はアフィリエイトとグーグルアドセンスの2択しか思い浮かびませんでした。

続きを読む

4回目の手術を前に、気晴らし(兼小遣いほしくて)でブログを始めたんだった。

4回目の手術に向かう記事を書いていて。
あれ?
この辺から、ブログを書いていたような気がする。
と思った。

自己血とかとっている時間に、
ブログ更新したろーかなーとか思っていたような記憶がある。

だから、ブログ始めたときは、オペ3回だったんだな。
5回で(今のところだけど)手術が今後なくなりそうで、
うれしいことこの上ない。
下手したら、閉経の年齢までに、オペ15回とかになっちゃうかと思ってたもん。

って、ことで、なんで、3回も開腹手術してるのに、
自分だけ4回も手術しないといけないんだよ!
私は子どもも産めないのをとったけど、それは再発のリスクと引き換えの苦渋の選択だったのに、
子ども産めないのに、再発だけしてるってなんだよ!

続きを読む

手術を決意し、先生に伝えると・・・。若干、先生の目の色が変わったような・・・。

カテーテル治療がうまくいかなくなって、
自分の中で腹はくくりました。
もう、そろそろ腹切りでも仕方ないかな。と。

毎年、再発腹切りが続いていた20代に比べれば、
カテーテルによって、5年も手術しなくてよくなったのだから、
カテーテルに感謝だな!なんて思いながら。

京都の病院に向かいました。

もう、次で4度目だから、正直なところ。
また、あのハードな生活をするんか~。いやだなぁ!って感じ(笑)

京都の病院について、産婦人科に行き、
いつも通りに診察で呼ばれるのを待ちました。
続きを読む
ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログへ
最新コメント
プロフィール

病歴10年オペ5回

26歳の時に、子宮筋腫を発症。核出手術をするも27歳再発。再び核出手術を行う。摘出したものが子宮筋腫ではないと診断される。治療方法もなく、29歳に腫瘍が巨大となり子宮全摘を行う。ここで子宮筋腫ではなく、血管内平滑筋腫症との診断を受ける。病名が決まるまで3年・・・。これで、病気とはさよならが出来ると思ったのだが、4ヶ月後には再発。婦人科では治療方法がなく、他の治療方法を模索。子宮動脈栓術を行っている病院を探し、ようやく対応可能な病院にたどりつき腫瘍の増大を止める治療を行ったが、コントロール出来る大きさで無くなってきたので、4回目の手術をしました。 すぐに再発;;5回目は腹腔鏡手術をしました。

スポンサー