筋腫で5回手術、UAE10回。体験者は語る。皆一緒に乗り越えよう!

26歳核出開腹。27歳核出開腹。29歳子宮全摘。でも再発!?30歳~UAEを約10回。その後、筋腫が巨大に成長34歳4回目の開腹。しかし、直後に筋腫再発。36歳で4回目の手術(でも腹腔鏡!)しました。子宮筋腫の治療はFUS以外経験済み。ホルモン治療もプリン・ディナゲストやりました。筋腫発覚でたどり着いた方、良い治療方法が見つけられますように。お役に立てれば嬉しいです。

2016年05月

早期離床の大切さ。

ある看護師さんのサイトでは、
「早期離床こそ、看護師の腕の見せ所です」と書いてありました。
うむ。
納得!

初の立ち上がりの時に、「すごいですね!立てそうです!すごい!」とか言われたら、
やる気が出ます(笑)

昔はね、傷口が開いちゃうとか言われていたんですって。
でも、今は、色々技術が発達して、傷口は開くことはないですし。

手術で傷ついた体が治ろうとするときは、患者自体(当たり前だけど)
疲労感や脱力感を感じて、安静にして休みたいと思うそうです。
だけどね、寝てばっかりして動かないと、筋力の低下を招き、
呼吸や循環機能を弱めて術後合併症を起こしやすくしてしまいます。

っていうのが、そのサイトにもっと難しくかいてありました(笑)
筋腫患者は、1日寝てるくらいで、筋力が弱くなって、
寝たきりになるような感じではないと思うのですが・・・。

やっぱり、早期離床は早期回復を図るために重要だと思います。
続きを読む

立つのよ!世界が変わるから!(手術1日後)立ち方アドバイス。

手術日、長い、長い夜でしたね。
1時間おきに様子を見に来てくれる看護師さん、
人が見てくれていると思うだけで気持ちが違いますよね。

そして、人間は闇が怖いもの。
朝になると、本当にほっとすると思います。

病院内にも誰かが動いている気配が出てくるし、
「あー。手術終わったんだな~」って実感できるかもしれません。

朝まで、よく耐えました~!
(って、ブログというより、誰かに語り掛けてる・・誰に?)

午前中手術だった人は、翌朝に?
午後手術だった人は、午後から?

手術後の初イベント。歩行があります。


続きを読む

患者の本当の闘いは、ここから始まる・・・。手術後。

麻酔で落とされた後。

手術時間、何か感じたりするの?
という疑問を持つと思いますが、
麻酔がしっかりきいている場合は・・・。

一瞬です。

睡眠と違って、本当一瞬。

なので、何回か手術をしている私は、
酸素マスクをつけられて、「眠くなりますね~~~~~~」という声が聞こえたら。

起きたら、頑張ろう!
と、気合をいれて落ちるようになりました。

落ちたら、即、終わるし。
続きを読む

6月のお給料と住民税と。ふるさと納税と。

さて、住民税の決定する時期となりましたね。

住民税って何?って思われる方もいると思いますが・・・。
その年の1/1に住んでいる市町村に払う税金です。
ん?
都府県にも払っているのでしょうか????
(正解:市町村6%・都府県4%)

昨年、医療費がたくさんかかり、医療費控除で確定申告をした方。
あの時の還付金が少なくて、がっかりだわー。
って思ったと思いますが(筋腫だと、そこまで医療費かからないので)
あの確定申告をしたことで、課税所得が減っているので、
住民税が減っているはずです。

住民税ってさ、どんな収入でも課税される金額の10%程度取られるんですよ。
所得税とかと違って、ちっと高いと思う・・・。
去年の収入から、今年の1年分の金額が決まっていて、
多くの場合は、そこから12か月で割ってはらう形をとっているんです。

で、6月から住民税が新年度の金額になっているはずです~。
続きを読む

親戚からの頼まれごと。

昨日から、ちょっと続いてるんだけど^^;
親戚からの頼まれごとって、なんだか面倒くさいなと。
今、ちょっと思っている。
親しき仲にも、うんちゃら?っていうのかなぁ?

前のブログに書いたんだけど、
義父さんから頼まれたPC修理ってやつ。

もう、何度目かな?
3-4回目なんだ。
義父から頼まれるんだけど、実は甥からの依頼なんだけど・・・。

このさ、PCが変だから直してくれ。
って義父からよく言われるんだ^^;
まぁ、お年寄りがよくわかんなくって、PCが変になっちゃうことは多々あるでしょう。
と思うんだけど。
簡単なことは、私が暇な時に行って直しているんだけど。
難しいことは、PCを渡される^^;


続きを読む
ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログへ
最新コメント
プロフィール

病歴10年オペ5回

26歳の時に、子宮筋腫を発症。核出手術をするも27歳再発。再び核出手術を行う。摘出したものが子宮筋腫ではないと診断される。治療方法もなく、29歳に腫瘍が巨大となり子宮全摘を行う。ここで子宮筋腫ではなく、血管内平滑筋腫症との診断を受ける。病名が決まるまで3年・・・。これで、病気とはさよならが出来ると思ったのだが、4ヶ月後には再発。婦人科では治療方法がなく、他の治療方法を模索。子宮動脈栓術を行っている病院を探し、ようやく対応可能な病院にたどりつき腫瘍の増大を止める治療を行ったが、コントロール出来る大きさで無くなってきたので、4回目の手術をしました。 すぐに再発;;5回目は腹腔鏡手術をしました。

スポンサー