筋腫で5回手術、UAE10回。体験者は語る。皆一緒に乗り越えよう!

26歳核出開腹。27歳核出開腹。29歳子宮全摘。でも再発!?30歳~UAEを約10回。その後、筋腫が巨大に成長34歳4回目の開腹。しかし、直後に筋腫再発。36歳で4回目の手術(でも腹腔鏡!)しました。子宮筋腫の治療はFUS以外経験済み。ホルモン治療もプリン・ディナゲストやりました。筋腫発覚でたどり着いた方、良い治療方法が見つけられますように。お役に立てれば嬉しいです。

2017年10月

ドラマ「コウノドリ」を見ることはできません。

感動的ドラマのコウノドリ。
人気なのかな?
漫画を読んだことないけど、名前から「出産・妊娠」を扱っているドラマってわかるよね。

私は、見ることが出来ないでいます。

人生には、何においても成功した人と成功しなかった人がいてさ。
このコウノドリは、妊娠・出産に成功した人が、
自分の成功体験を思い出しながら、
(ドラマの人が自分より苦しんだり、するのを見て、
 私は良かったわ!
 妊娠や出産は奇跡なんだわ!
 我が子がうちに来てよかった!
 今の生活に感謝だわ!)
ってやるものだと思っている。

逆に、失敗した方が見ると、ドラマの人は良いなぁ。それに引き換え、自分は・・・。
って思ってしまうんかな?
私は、思うわ(笑)
続きを読む

人の妊娠を喜べない人生から卒業できなそう;;

仲の良い、妹分の子が結婚前提で彼氏と同棲している。
いつか、結婚するんだろうな~。
結婚には、多めにお祝い上げたいなぁ。
とか、思っているんだけど。

やっぱり、まぁ、
普通に結婚したら、普通に子ども出来るよね。
いいなぁ。
と思っている自分もいる。

本当に、この辺、自分の気持ち嫌だなぁと思う。
はぁ。

んで、その子が妊娠して初期の流産をしたみたい。
初期だから、妊娠発覚、で、わりとすぐに流産だったみたいなので、
精神的にそこまで落ち込んでいない様子。
それか、頑張って元気にしているのかな?

もちろん、彼女をかわいいと思っているので、
なんで彼女が・・・。

続きを読む

たくさんの素晴らしい思い出を保存???

どうも!
初めに書くけど、
ステキングな思い出などない。
オペ5回です!おはようございます!

この前、英会話でママさんたちと話をしていて、
子どもいない自分はポカーン(というか、子どもいないやつが発言するなって空気を読んでw)
だったのだけどさ。

ママさんら曰く、すごいステキングな思い出がいっぱおあるらしいんだよね。
そう。
それを保存なり、整理なりしなくてはならないね。
って話。

クラウドなんかで、同期をかけているママさんなんかは、
クラウドにあげてばっかりで、整理出来てない^^;
追加の容量の代金を払っている。
って話。

この辺は、わかるんだよね。
続きを読む

今までの手術の癒着と、次の手術での出血量。

次で4回目の手術をむかえる私。
3回している開腹手術の癒着が一番心配だった。

よくさ、筋腫の手術では、開腹の方が安全っていうことを聞くけど。
筋腫の手術をしている人ってそこまで年配じゃないことが多いわけで、
ゆくゆく他の腹部の手術が必要になってくることがあると思うんだよね。

その時にも同じように問題になるのが、癒着なのかなぁ?と思う。
私が将来腹部の手術をもう一度受けなくてはいけないことになった時・・・。
癒着によって困ることもあるのかな?と思っている。

腹腔鏡の手術なら、切開していることには変わらないんだけど。
癒着っていうのが、圧倒的に少ない。
なので、何度も腹腔鏡手術は出来るんだよね・・・。
(開腹もなんでも出来るけど、出血とかリスクが上がっていく)

続きを読む

一人で買い物に行けない義父。

年配の男性は、そうなんでしょうか?
それとも、北陸の昔かたぎの人?
明治の人とかは、どうだったんだろう?

義父。
一人で買いものに、いけません^^;;;;;;

いや。
物理的に、車がないとか。
そういう話しじゃないんだけど。

なんかね。

男が一人で、買い物に行って、
買い物をしているのを惨めに思うんだって。

私、それ聞いて、
はぁ??
ってでかい声出しちゃったよ(笑)

コンビニなんかで、買い物して帰っている男性をかわいそうって思うんだって。
続きを読む
ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログへ
最新コメント
プロフィール

病歴10年オペ5回

26歳の時に、子宮筋腫を発症。核出手術をするも27歳再発。再び核出手術を行う。摘出したものが子宮筋腫ではないと診断される。治療方法もなく、29歳に腫瘍が巨大となり子宮全摘を行う。ここで子宮筋腫ではなく、血管内平滑筋腫症との診断を受ける。病名が決まるまで3年・・・。これで、病気とはさよならが出来ると思ったのだが、4ヶ月後には再発。婦人科では治療方法がなく、他の治療方法を模索。子宮動脈栓術を行っている病院を探し、ようやく対応可能な病院にたどりつき腫瘍の増大を止める治療を行ったが、コントロール出来る大きさで無くなってきたので、4回目の手術をしました。 すぐに再発;;5回目は腹腔鏡手術をしました。

スポンサー