筋腫で5回手術、UAE10回。体験者は語る。皆一緒に乗り越えよう!

26歳核出開腹。27歳核出開腹。29歳子宮全摘。でも再発!?30歳~UAEを約10回。その後、筋腫が巨大に成長34歳4回目の開腹。しかし、直後に筋腫再発。36歳で4回目の手術(でも腹腔鏡!)しました。子宮筋腫の治療はFUS以外経験済み。ホルモン治療もプリン・ディナゲストやりました。筋腫発覚でたどり着いた方、良い治療方法が見つけられますように。お役に立てれば嬉しいです。

2018年09月

UAEの結果は、あまり良くなかった。

ビルの中のクリニック。
11階のクリニックだから、待合室から電車が良く見えた。
関西空港に行く電車、南海とかJRとかいい感じでカーブを曲がって、
通過するのを何本か見た。

皆、きっと楽しい旅に行くんだろうな~。
なんか、思っちゃうよね。
良いなぁって。
健康な人は、待合室でド緊張して、治療の結果を待つなんかしなくていいんだよな。
なんて、思っちゃう。

胃がムカムカする。

長かったか短かったか忘れちゃったけど、
診察室の扉が開いて、担当の先生が顔を出した。
「オペさん、待たせたね^^どうぞ~」
いつもの優しい顔の先生が、笑顔で呼んでくれました。

呼ばれた瞬間、ドクンと心臓がなる。


続きを読む

縁起物アイテム、呪いのアイテムに。

バチ当たるんじゃないかな?
こんなこと書いたら。
まぁ、神様なんか信じないーーーー!
普段から信心深い人ならまだしも、
急に神頼みなんかされても、神様だって困るだろうよ説を持っている私。
です。はい。

で、ですね、前回の続きなんですけど。

断捨離していて、困るもの。

そう!
縁起物や神様もの。
(神様ものってなんやねん。ですよね?
 神様くらいちゃんと敬っていればいいんです。
 けど、埃だらけに放っておいて、今更急に神様。
 っていうのもなんだなーと思って)

大黒様と恵比寿様があるんです…。
続きを読む

断捨離していかないと、まじ人の迷惑になる。

どうも!
忙しくて、ひぃひぃ言っております。

っていうか、腰いたい!

お腹の傷は、落ち着きました。
でも、次に京都に行ったら聞いてみる予定です。

もっと綺麗になるなら、してもらいたいし~。
(その前に、ぜい肉だw)

義父が死んで、49日も終わりましたので、
義祖父母の家の片づけを開始しました。

え?
なんで、義祖父母なの?ってね。

それは、義父が「それも、これもいつか使うことがるから派」
だったからです。
続きを読む

UAE治療後の処置。

「よし、つめたよ。しっかりつめた」
先生がこちらを見て、笑顔で言いました。
「よし、終わり!」
という声と同時に。
治療室の電気が付きます。
(なんで、治療中って電気消すのかな?
 ディスプレイが見やすいようにかな?)

そこから、カテーテルを抜いて。
止血に入ります。5分だったかな?
動脈にカテーテルを入れていたので、止血はちょっと時間がかかります。

初めに、先生が血管の位置をダイレクトに手で圧迫します。
ちょっとくすぐったい。
カテーテルを抜くなどは、全く痛みはありません。

治療が問題なく進んだら、
治療室に、この時にほんわかとした空気が流れます。
続きを読む

治療方針をUAE中に決める。

カテーテルを刺してから、しばらくして。
ある、場所に造影剤を流してから。
先生や看護師さんたちの空気が変わった。

先生が、私の方に近づいてくる。

何か、危ないこと。
栄養を送っている血管が危ないところから伸びてる?
(子宮動脈は血管を詰めても問題にならないんだけど、
腸とか膀胱から伸びている血管が栄養血管だった場合、
詰めちゃうと腸にダメージが出て、危険なのでそういう時には治療が出来ないんです)
って、思った。

初めての治療の時には、「痛い?」とか、「気持ち悪くない?」とか、
私の状態をちょくちょく見てた先生。
10回目ともなるとあんまり、こっちを気にしなくなる。

なんというか、お互いに、声掛けしなくても大丈夫っす。
みたいな空気感になる(笑)

でも、その先生が、こっちに近づいてくる。
そのうえ。
「ちょっと、ディスプレイ動かして。オペさんに見えるようにして」
って。
続きを読む
ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログへ
最新コメント
プロフィール

病歴10年オペ5回

26歳の時に、子宮筋腫を発症。核出手術をするも27歳再発。再び核出手術を行う。摘出したものが子宮筋腫ではないと診断される。治療方法もなく、29歳に腫瘍が巨大となり子宮全摘を行う。ここで子宮筋腫ではなく、血管内平滑筋腫症との診断を受ける。病名が決まるまで3年・・・。これで、病気とはさよならが出来ると思ったのだが、4ヶ月後には再発。婦人科では治療方法がなく、他の治療方法を模索。子宮動脈栓術を行っている病院を探し、ようやく対応可能な病院にたどりつき腫瘍の増大を止める治療を行ったが、コントロール出来る大きさで無くなってきたので、4回目の手術をしました。 すぐに再発;;5回目は腹腔鏡手術をしました。

スポンサー