筋腫で5回手術、UAE10回。体験者は語る。皆一緒に乗り越えよう!

26歳核出開腹。27歳核出開腹。29歳子宮全摘。でも再発!?30歳~UAEを約10回。その後、筋腫が巨大に成長34歳4回目の開腹。しかし、直後に筋腫再発。36歳で4回目の手術(でも腹腔鏡!)しました。子宮筋腫の治療はFUS以外経験済み。ホルモン治療もプリン・ディナゲストやりました。筋腫発覚でたどり着いた方、良い治療方法が見つけられますように。お役に立てれば嬉しいです。

2019年03月

ゴミを捨てたくない、義家族と私。

すみません。
ただの日記です。

新しくリフォームした家の清掃が進まず・・・。
私、あそこに住むのは無理だなぁという感じになってきました。

義祖父母の物があふれているのが、ちと・・・。
自分たちの物を持って行けないですし。
難しい・・・。

遺影や思い出の品を捨てろとは、
まったく思わないんだけど。

使い古しのタオルを使えるよ。と言われたり。
(しかも、新しいものじゃなくて、私が結婚する前に亡くなった
お祖母ちゃんが施設に入っていたみたいで、
おばあちゃんの名前のかいてあるタオルとか・・・)

続きを読む

肉腫、静脈内平滑筋腫、富細胞性筋腫などなど。

子宮筋腫って言っても、
その中にちょっと悪性度の高いやっかいなものが混じっていることがある。
一番厄介なのが、肉腫。
癌と同じように、悪性腫瘍の一種。
(癌は、表皮に出来るもののことを言うけど。
 肉腫は筋肉や神経、骨などに出来る悪性腫瘍のこと)

手術前に「私も手術して、とったら肉腫かもしれない」
って心配になることもあるかと思いますが。
肉腫はMRI画像でかなりの確率でわかります。
ある年齢を行くと手術前に「悪性かもしれません」
って言われると思うのですが、医師側が悪性度が高いと思っている場合は、
筋腫以外に他にも打ってくるのがほとんどです。

言葉だけで、「悪性かもしれません」
と言われている場合は、悪性の可能性は低いと考えて大丈夫です。
それでも、念のために手術前に伝える必要があるんですね。
もし、万が一の時の話として・・・。
続きを読む

本音をぶちまけさせていただく!

義父が死んで、夫が義祖父母の住んでいた家に住みたいというので、
その家を800万ほどかけてリフォームした。

水回りと…。お風呂と、トイレと。
その周りが、ようやく綺麗になった。

思い切り、和風の家なのだが、
襖は来たないまま。これは、私が嫌なので、自分で綺麗にしようと思った。
畳は、どうしても私が嫌だったので。
自分の方で綺麗にしてもらった。

だけど、正直住むのにあたって、嫌なことがある。
それは、義祖父母の遺品(っていうか、生活用品)が、
わんさか残っていること。

写真とか、捨てにくいものもあると思って。
一つ箱を買った。そこに、遺品は保存すればいいと思っていた。
line_1553152701321
この箱。
誰も見ない、誰だかわからない写真がいっぱい入っている。
捨てにくい気持ちもわかるので、それは良いかなと思っている。
続きを読む

手術した筋腫の種類を調べる:病理検査

手術をして摘出した細胞っていうのは、
悪性なの?どんな細胞なの?
っていうのを検査する。

詳しくは、患者の自分には分からないのだけど。
経過観察をしてきて、普通の筋腫だと思われるものにする検査と。
ちょっと怪しいぞ~?
って思うものにする検査は、ちょっと違うみたい。

筋腫だったら、悪性の疑いがあるもの。
富細胞性筋腫か?
私の静脈内平滑筋腫なのか?
この辺りは、結構細かくチェックするみたい。

よくわからないけど、染色した細胞をスライスして、
顕微鏡で見たような画像を病理検査の結果で見せてもらうことが多いから。
チェックの細かさが違うのかなぁ?
続きを読む

忙しいって、こういうことか・・・。

ああ、忙しいっていう、言い訳を言いたくない自分ですけど。
本当に、忙しいって言うか・・・。

手が足りないって言うか・・・。
子育てもしていないのに、時間がない。
これは、自分の事務能力のなさが原因なのか?
と思う今日この頃。

義実家の方の、相続の手続きをやっている。
遺産の分割方法は、相続人で話し合ってもらって、
もう決めたから、後は手伝おうと思っているというか・・・。
私が、やってるんだけど^^;
税理士さんのところに行って、必要な書類を集めて。
なぜか、遺産分割協議書も作成してるw
それの文言を訂正したり、そんな感じを義家族がしている。

そしたら、どうも実家の奥の裏山の一部が、
(田舎あるあるね。何の価値もない土地があるw)
砂防ダムの一部になるとかで。
続きを読む
ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログへ
最新コメント
プロフィール

病歴10年オペ5回

26歳の時に、子宮筋腫を発症。核出手術をするも27歳再発。再び核出手術を行う。摘出したものが子宮筋腫ではないと診断される。治療方法もなく、29歳に腫瘍が巨大となり子宮全摘を行う。ここで子宮筋腫ではなく、血管内平滑筋腫症との診断を受ける。病名が決まるまで3年・・・。これで、病気とはさよならが出来ると思ったのだが、4ヶ月後には再発。婦人科では治療方法がなく、他の治療方法を模索。子宮動脈栓術を行っている病院を探し、ようやく対応可能な病院にたどりつき腫瘍の増大を止める治療を行ったが、コントロール出来る大きさで無くなってきたので、4回目の手術をしました。 すぐに再発;;5回目は腹腔鏡手術をしました。

スポンサー