筋腫で5回手術、UAE10回。体験者は語る。皆一緒に乗り越えよう!

26歳核出開腹。27歳核出開腹。29歳子宮全摘。でも再発!?30歳~UAEを約10回。その後、筋腫が巨大に成長34歳4回目の開腹。しかし、直後に筋腫再発。36歳で4回目の手術(でも腹腔鏡!)しました。子宮筋腫の治療はFUS以外経験済み。ホルモン治療もプリン・ディナゲストやりました。筋腫発覚でたどり着いた方、良い治療方法が見つけられますように。お役に立てれば嬉しいです。

検査について

MRI検査。スポブラで行くと着替えが楽だよ。

MRI検査って怖いの?って人へ。
患者的視線でMRIの話をしていきたいと思います。
治療後の人は、「そうそう、あるある~懐かしい」って思ってください~。

まず、MRI検査は、予約制で行われます。
産婦人科の先生が、この患者MRI検査した方が良いな。
その方が体内しっかり見れるからな。
って場合に、予約を入れてくれます。
(手術前には、ほぼ確実にMRIが必要となることでしょう)

で、MRI検査というのは、放射線科の担当になります。
なので、検査の時は、いつも行っている産婦人科じゃない場所に行くことになります。
大体、1階か地下があったら、地下ですね。
MRIの機械自体が重いとかなんとかで、地下や一階のことばほとんど。
(まぁ、上層階にMRI検査室を置いて、病棟を地下ってことはないですしね^^)

まずMRI室に行ったら。
問診票をかかされます。
MRIの場合気を付けなくてはいけないのは、
体内に金属が入っているか否かです。
心臓にステントある?とか、金属ボルト入れてない?
とか、そういうのを今一度確認します。
続きを読む

MRIって何?怖い検査?

筋腫の経過観察中の方や、
手術を控えていてMRI検査をする方もいると思います。

MRIって何?
怖い?
痛い?

って、誰でも初めは恐怖感を持つものですよね。

そこらへんに関しては、痛くもないし。
怖くもないと思います。

密閉空間に入るんじゃないの?
って思われる方もいると思いますが。
筋腫の場合は、腹部に機械が来る形になるので、
頭の辺は、ギリギリ外に出るか出ないかというような感じです。

MRIっていうのは、強力な磁場によって、
体内を検査するっていうのは病院からの書類なんかで読んだのだけど。
磁場で、なんでわかるのかな?という疑問が^^;
続きを読む

膣エコーじゃなくて、腹部エコーにしたらダメなのかな?

私さ。
産婦人科検診の受診率が低いのって、
膣エコーだからなんじゃないの?
って思ってるんだけど。
間違っていないと思う?

婦人科検診が、腹部エコーだったら、そこまで嫌がる人少ないんじゃないかなぁ?って思う。
聴診器あてるのと、そこまで変わらないじゃない?

もちろん、婦人科の医師は、プロだし。
何百人の生殖器見てるんだから、
検診で恥ずかしいなんか、思う必要全くないと思う。

自分の生殖器官、大切にするために、検診するのは必須だと思うんだけど。

でも、人の心って、そう簡単に「あ、そうなんだ!じゃ、恥ずかしくない!」とはならないと思う。

続きを読む

画像診断

2015年、去年の11月。
エコーで変な塊が見え始めた私。

それが、腸なのか(子宮部分に下がってきていた腸がエコーで見えてるのか?)
変な腫瘍が再発でできたのか?
画像診断をすることになった。

エコーの機械っていうのは、個人産婦人科でも絶対にある。
(つか、無かったら、やっていけないからね)
でも、それ以上の画像診断となると、
クリニックだと機械がないケースがある。

体内を切らないで見る診断方法は、CT検査とMRI検査がある。
CTやMRIの機械っていうのは、●億円程度かかるらしく、
個人クリニックではあまりおいていない。
なので、クリニックの受診から、「ちょっと画像診断した方がいいな」ってなると、
近くのMRIだったり、CTがある病院送りになったりする。
(病院送りという表現に、あはは。と一瞬思った)続きを読む

点滴をぶっさされる。

技師さんがCT室に戻ってきたので、少しほっとして技師さんを見ると。
「大丈夫ですか?」と言いながら、こちらに近づいてきた。
むぅ?
技師さんでない!
これは、看護師さんだっ!
咄嗟に、ちょっと嫌な気持ちになる(笑)
だってさー。あの注射する前の道具一式があるキャスターをコロコロころがしてきたんだもん。
刺されるのかっ。って思うよね^^;

と、思ったら、上に上げていた腕(万歳の体制ね)を下に降ろされた。
それから、おもむろに、天井からぶら下げてあった、
なんかでかい注射のようなものを近くに引き寄せていました。

i320

これこれ、調べたわ。
この左上にあるやつ。

初め、でかい注射かっ!って思いましたね。
続きを読む
ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログへ
最新コメント
プロフィール

病歴10年オペ5回

26歳の時に、子宮筋腫を発症。核出手術をするも27歳再発。再び核出手術を行う。摘出したものが子宮筋腫ではないと診断される。治療方法もなく、29歳に腫瘍が巨大となり子宮全摘を行う。ここで子宮筋腫ではなく、血管内平滑筋腫症との診断を受ける。病名が決まるまで3年・・・。これで、病気とはさよならが出来ると思ったのだが、4ヶ月後には再発。婦人科では治療方法がなく、他の治療方法を模索。子宮動脈栓術を行っている病院を探し、ようやく対応可能な病院にたどりつき腫瘍の増大を止める治療を行ったが、コントロール出来る大きさで無くなってきたので、4回目の手術をしました。 すぐに再発;;5回目は腹腔鏡手術をしました。

スポンサー