筋腫で5回手術、UAE10回。体験者は語る。皆一緒に乗り越えよう!

26歳核出開腹。27歳核出開腹。29歳子宮全摘。でも再発!?30歳~UAEを約10回。その後、筋腫が巨大に成長34歳4回目の開腹。しかし、直後に筋腫再発。36歳で4回目の手術(でも腹腔鏡!)しました。子宮筋腫の治療はFUS以外経験済み。ホルモン治療もプリン・ディナゲストやりました。筋腫発覚でたどり着いた方、良い治療方法が見つけられますように。お役に立てれば嬉しいです。

4回目の手術へ(開腹:筋腫摘出)

手術日当日:硬膜外麻酔まで

手術室は、ちょっと寒かった。
朝1番だから?暖房効いてなかった???
(手術室って寒めにしてるのかな????)

乗せられた、手術台は思ったより狭くって、
載ってみると緩衝材(プチプチと呼ばれるようなあんな感じ)が置いてあった。

背中はふにょふにょした感覚だったのと、台が温かかった。

0b7ceb1276ce307f9044b15e227ed397_m

そこから、女の看護師さんが気を使って、
浴衣式の術衣を脱がせてくれた。

なんか、もう、
どうせ、手術始まったら、尿管入れられてのど輪(のどわではないwww)されて、
身体だけじゃなくて内臓も見られるんだから、
もう良いっすよ。ってちょっと思ったけど。
意識がある間は、結構気を使ってもらえてた。
続きを読む

手術当日:手術室IN

今回が、この病院で2度目の手術となる私。
入院も初めてでないので、どこに何があるか、
一応覚えている。

手術室がどこにあるかも、知ってる。
今回の手術では、手術前にカテーテルを入れるために早めに入院していたので、
(手術前なので、身体も元気だから結構ウロウロしていた。
そう、手術室の下見←中には入れないけどね。もしていた)

最近の手術って、
患者さんは歩いて入っていく形になっている。


オペが3回目の手術を受けた時は、
手術前にちょっとうっとりする(緊張をほぐす薬ね)を打っていた。
そこで、転倒したりすると危ないから、そこからストレッチャーにのせられて、
手術室に入る形をとっていた。

それが、変わったのは、ぼーっとする薬で眠ってしまったりで、
患者に本人確認が出来なくて、患者取り間違えの事故が起きたからとか・・・。
(詳しいことは、グーグル先生に聞いてね^^;)
あと、ストレッチャーに乗せると、数人でストレッチャーを動かすので、
人手も必要だからなんだとか。
つまり、最近の傾向としては、患者に緊張をほぐす薬を打たなくなりました。
って話です。
続きを読む

手術当日:朝

とうとう、手術日になった。
朝1の手術だったので、
起床後、浣腸が始まる。
点滴ルートはすでにとってあるので、今回はルートとりはなし。
(ルートとってない場合は、浣腸後にすることがほとんど)

一般の面会時間は、9時からだけど。
9時前には手術室にはいることになるので、
家族は特別に8時過ぎに病室に入れた。

待つっていうストレスが嫌いな私。

はやく手術してくれよ!
って感じになっていましたね(笑)

これから、手術する人へ。
この時が、一番嫌な時間だと思います。
術後は、もうあなたは病人じゃありませんから!
病人→手術→怪我人
ですから!

白い靴下を履いて・・・。
待っていたんですけど。
続きを読む

手術前日の過ごし方

尿管
カテーテル入れられ
トイレで血尿

痛みに耐えて、
ムーベンを飲んで、
腸、空に。

チーン。
俳句調にしてみた。
575のリズムで読んでね(笑)

何の苦行だよ。

って思いましたが、
それが病気ということ・・・。
なんて思いました。

手術後は、どうやって回復していくか、ある程度想像はつくけれど。
この術前処理は、相当きつかった。
(何度も書くのは、本当につらかったから・・・。涙)
images

この時の私の心境を現した写真を貼ってみる。
こんな、感じでした(笑)

ふっ。

手術日前日になりました。
続きを読む

自分の想いを担当医に伝える。大切な術前の行動。

M先生、親切に長く話をして下さいました!
本当に感謝!
しかも、SOくらい話を聞いたのに、ただ。

SOよりいいかも?
他病院からの一見患者さんには、
あんまり親切に話をしてくれないケースが多いからなぁ。
(SOって、医師のあたりはずれがあるように思う BY オペ5回)

M先生の余談だけど。
先日、外来で待っている時に、外国人患者さんに英語で対応しているのを見ました。
綺麗な英語で、流暢でした。
(京都だから、外国人が患者で多いのかな?)
英語が出来るってことは、海外で医療の勉強してのかな?
英語の論文も読めるだろうから、知識は豊富だよな。
と思う。

あ、余談ですが「自分の担当医が信頼できるかこっそり調べる」
ご参考になれば(笑)
http://blog.livedoor.jp/ope4kai/archives/1029021405.html

続きを読む
ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログへ
最新コメント
プロフィール

病歴10年オペ5回

26歳の時に、子宮筋腫を発症。核出手術をするも27歳再発。再び核出手術を行う。摘出したものが子宮筋腫ではないと診断される。治療方法もなく、29歳に腫瘍が巨大となり子宮全摘を行う。ここで子宮筋腫ではなく、血管内平滑筋腫症との診断を受ける。病名が決まるまで3年・・・。これで、病気とはさよならが出来ると思ったのだが、4ヶ月後には再発。婦人科では治療方法がなく、他の治療方法を模索。子宮動脈栓術を行っている病院を探し、ようやく対応可能な病院にたどりつき腫瘍の増大を止める治療を行ったが、コントロール出来る大きさで無くなってきたので、4回目の手術をしました。 すぐに再発;;5回目は腹腔鏡手術をしました。

スポンサー