筋腫で5回手術、UAE10回。体験者は語る。皆一緒に乗り越えよう!

26歳核出開腹。27歳核出開腹。29歳子宮全摘。でも再発!?30歳~UAEを約10回。その後、筋腫が巨大に成長34歳4回目の開腹。しかし、直後に筋腫再発。36歳で4回目の手術(でも腹腔鏡!)しました。子宮筋腫の治療はFUS以外経験済み。ホルモン治療もプリン・ディナゲストやりました。筋腫発覚でたどり着いた方、良い治療方法が見つけられますように。お役に立てれば嬉しいです。

日記

術後10日して、ほぼ元気。

退院して、体の不具合もなくなり。
出来ることが増えて。
手術が終わったという安心感も出て、
何をしていても楽しいです。

手術前は、落ち込むこと。
緊張がひどくなること。
悲劇のヒロインになったり、いろいろありました。

当たり前。当たり前だけど、手術は楽しいことではないですしね。
手術後は、毎朝起きるたびに、体調がよくなっているのを感じるし。
心も体もポジティブになります^^

頑張ったよね。自分!
そう、がんばりましたね!
手術後のあなた!
めちゃめちゃ頑張ったよ~!
お疲れ様!
オペは、自分で自分をほめるスタイル(笑)
続きを読む

綺麗な病棟?汚い病棟どっちがいい?

綺麗な病棟で。
快適な生活をしたい。

それが、普通の人の感覚だと思う。

お金が許せば、個室に入って他の人を気にせずに、
ゆっくりしたい。
身体の傷と一緒で、やっぱり、手術後って心も弱っているから、
出来たら心穏やかに過ごしたい。

そうですよね~?

だけどさ。
京都の病院は、汚い婦人科とか消化器科とかが一般の病棟か・・・・。
綺麗な産婦人科の病棟しかないの。
まぁ、病院側からしたら、婦人科疾患も一応女だし。
産科病棟(もとい、母子センターなんだけどね)
に入れてやらんでもないよ。ってことなんだろうなぁ。
続きを読む

ホルモン治療を続けるか?やめるか。

この前の外来で話したこと。
先生と今飲んでいるディナゲストについて、
今後どうしようかと話になった。

オペ4回は、ディナゲストを飲んで5年近くになる。
このディナゲストというのは、通常子宮筋腫には使われない。
子宮内膜症用の治療薬。
(投与当時は、新しくできた内膜症の希望の星のような存在だった。
 今は、ジェネリックも出てるし。お値段もかなりリーズナボーになりました^^)

排卵を止めること。エストロゲンを抑制すること。
が、もしかしたら私の筋腫に効くかも?
ということで、再発予防と筋腫増大を止められたらと。始めた。

リュープリンも候補に上がっていたのだけれど、
長期投与が出来ないこと。副作用が強く出ること等から、
断りました(もう、あの副作用は嫌や~って)
続きを読む

ぐううううう。針刺し失敗のあと。

オペ4回は、ただいまふてくされています。
初めて、貯血で失敗されたと思う。
私の血管は、ひじの内側はそこまで取りにくい血管ではないと思われます。
でも。
こんな跡になりました~。

図1

貯血するのに当たって、その前に血液検査用に採血も必要だったんです。
つまり、左右針を刺したんです。
(ここが、大きな病院の不都合な点です。
 本当は、2回も針刺す必要はないんですよねぇ・・・。
 大阪のクリニックだったら、造影剤用に確保する点滴の穴から採血もしてくれますから)

採血用の針は、細いので取りにくい方の腕から取りますと看護師さん。
取りやすい方の腕を貯血用(自己血)のために取っておいたんです。
続きを読む

術前の私。ストレスで耳鳴りしてた。

当時の自分。
手術のことはもう仕方ないと頭でわかっていた。
手術を1か月後に控えていても、
あまり手術のことを考えることもなかった。

逆に、「再発」という恐怖に襲われることもなかったみたい。
(もう、再発しちゃってるからね)
カテーテル治療をしているので、再増殖が一気に進むとは考えにくいから。
まぁ、安心している。

5cmまでだったら、腹腔鏡やってみる価値はあるって言われているし。
(現在3.5cmなので、急激におおきくなっていってるとしても、
手術までは平気かな?って思ってる)

なので、私、結構平気だわ。
と思いこもうとしていた(笑)
続きを読む
ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログへ
最新コメント
プロフィール

病歴10年オペ5回

26歳の時に、子宮筋腫を発症。核出手術をするも27歳再発。再び核出手術を行う。摘出したものが子宮筋腫ではないと診断される。治療方法もなく、29歳に腫瘍が巨大となり子宮全摘を行う。ここで子宮筋腫ではなく、血管内平滑筋腫症との診断を受ける。病名が決まるまで3年・・・。これで、病気とはさよならが出来ると思ったのだが、4ヶ月後には再発。婦人科では治療方法がなく、他の治療方法を模索。子宮動脈栓術を行っている病院を探し、ようやく対応可能な病院にたどりつき腫瘍の増大を止める治療を行ったが、コントロール出来る大きさで無くなってきたので、4回目の手術をしました。 すぐに再発;;5回目は腹腔鏡手術をしました。

スポンサー