筋腫で5回手術、UAE10回。体験者は語る。皆一緒に乗り越えよう!

26歳核出開腹。27歳核出開腹。29歳子宮全摘。でも再発!?30歳~UAEを約10回。その後、筋腫が巨大に成長34歳4回目の開腹。しかし、直後に筋腫再発。36歳で4回目の手術(でも腹腔鏡!)しました。子宮筋腫の治療はFUS以外経験済み。ホルモン治療もプリン・ディナゲストやりました。筋腫発覚でたどり着いた方、良い治療方法が見つけられますように。お役に立てれば嬉しいです。

手術前の雑記

変なところにあった手術のトラップ。(愚痴なので長い)

術後のペインコントロールにとても大切な硬膜外麻酔。
その重要さは、開腹手術経験者ならだれでも知っている。よね?

まさか、「もう、新人じゃない人で!」とも言えず。
はやく、やってー。
もう、色々精神的に疲れた;;
お願い、次はちゃんとやって・・・。って思ったんだけど。
麻酔の管を入れている最中。
ビクンッ!!!

左半身に電気が走った!
神経触ったん?
勝手に身体がビクンッて動いた。

動くと、カテーテルがぶれるから、違う意味で危ない。
だけど、患者的には、何もしていないのに、
身体がビクンって動いて、びっくり。

看護士さんに「痛かったですか???」って言われたんだけど。
「痛いっていうか、ビリってしました」
もう、虫の息ですわ。。。。

続きを読む

新人麻酔科医現る!

緊張バリバリで入った手術室。

だけどね。
前回(4回目の開腹手術)と、かなり雰囲気が違うのに気が付く。

4回目の手術の時は、血管に腫瘍が出来ていたら、
それこそかなり難しい手術になる可能性もあったので、
外科の先生がいたし、(心臓外科の先生も来れるようにしてたし、人数多かったし、もう色々大変だった)
先生方にあった、ピリピリした緊張感も感じられました。

でもね、明らかに前回より取り巻いている人の緊張感が違う。

これは、嬉しかった~。
前回は、ピリピリしてたもの。 (何度も言っちゃうけどw)
今回は、なんとなく皆さんほんわか(o^^o)
私もそれにつられてあんまり緊張せず。

だがしかし!
続きを読む

手術室の中に進む。

最近は、自分で扉を開けて患者は歩いて手術室に入るスタイルの病院。

同じ病院で3回目の開腹手術をした当時・・・。
2008年11月記録をみたらそうだった。もう、覚えてないやい。

当時は、手術室に行く間に、腕に安定剤の注射をされました。
そして、なんだか眠気との戦いの中で、
ストレッチャーに乗せられて、
手術室まで連れていかれたのを覚えています。

患者の取り間違いの問題。
人員の問題。(ストレッチャー一人で運べないしね^^;)
などなどで、最近は開腹でも歩いていくようになって行っているそうです。

でも。昔ね。安定剤を入れるのが普通だったのだから、
緊張がきつかったら安定剤入れてもらっても良いと思いますよ。
看護師さんも慣れているし、変にトラウマみたいに残るより、良い思います^^

5回目の手術となる私は、すっごいブルーな顔だったと思いますが。
※緊張よりも、もう、「嫌だ~。嫌だ~」の方が多かった(笑)
担当の看護師さんに付き添われて、手術室の扉の中に入りました。
続きを読む

手術日当日:腹腔鏡の場合

手術当日です。
ぼんやりしていたら、5時過ぎに起こされました。

なんて、早いのでしょう!

朝一の手術(9時から)だと、準備がはやいんです。
プラス。
看護師さんの引継ぎの時間。
それを避けたいのだと思います。

なので、7-8時あたりは、処置がなかったりします。

朝5時過ぎ。
起こされて。

浣腸。
うわぉ。起床後数分で浣腸ですよ。
昨日から下剤でお腹の中カラカラだと思うんだけどさ・・・。
続きを読む

うわー。新人に担当される恐怖しかない・・・。

手術の時にされた嫌なことは。
末代まで覚えているからね!


初めに書いておくけど。
私、研修医とか、学生さんとかには、
理解がある方がと思うんです。

誰だって、新人から始めるのだし。
その・・・。
点滴だって。
血管とるのだって。
練習しないと上手にならないっていうのもわかっている。

私みたいな年齢で練習した方が、良いって言うのもわかってる。
(高齢になると、血管も細くなるし。
 失敗したところの回復も遅くなると思うんだよね)
病院の中では、深刻でない病気の種類の中にはいるだろうし、
まぁ練習台になる可能性は高いんだろうなとは思ってる。

なので、そこそこは私で練習してきたまえ!
くらいに思っているんですよ。
続きを読む
ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログへ
最新コメント
プロフィール

病歴10年オペ5回

26歳の時に、子宮筋腫を発症。核出手術をするも27歳再発。再び核出手術を行う。摘出したものが子宮筋腫ではないと診断される。治療方法もなく、29歳に腫瘍が巨大となり子宮全摘を行う。ここで子宮筋腫ではなく、血管内平滑筋腫症との診断を受ける。病名が決まるまで3年・・・。これで、病気とはさよならが出来ると思ったのだが、4ヶ月後には再発。婦人科では治療方法がなく、他の治療方法を模索。子宮動脈栓術を行っている病院を探し、ようやく対応可能な病院にたどりつき腫瘍の増大を止める治療を行ったが、コントロール出来る大きさで無くなってきたので、4回目の手術をしました。 すぐに再発;;5回目は腹腔鏡手術をしました。

スポンサー