筋腫で5回手術、UAE10回。体験者は語る。皆一緒に乗り越えよう!

26歳核出開腹。27歳核出開腹。29歳子宮全摘。でも再発!?30歳~UAEを約10回。その後、筋腫が巨大に成長34歳4回目の開腹。しかし、直後に筋腫再発。36歳で4回目の手術(でも腹腔鏡!)しました。子宮筋腫の治療はFUS以外経験済み。ホルモン治療もプリン・ディナゲストやりました。筋腫発覚でたどり着いた方、良い治療方法が見つけられますように。お役に立てれば嬉しいです。

1回目の手術後:再発1度目

開腹手術2回目

総合病院での入院。
なかなか大変でした。
手術前日、6人部屋に入院しました。

んで、1回目と同じように、朝に浣腸して便を出して、
手術30分前に安定剤が入った注射をされて。
手術室にストレッチャーみたいなので運ばれていったと思います。
(2回目の手術は、なんか印象が薄かったのであんまり覚えてないっす)

それで、手術が終わって~。
(うわっ!手術終わるのはやっ!だって、覚えてないんだもん~笑)

時間は、結構かかったと思います。
母と兄が立ち会ってくれたんですけど、
兄が「朝ごはん(朝一の手術)は、緊張で食べられなかったけど、
途中からおなかすいちゃって、サバ味噌定食食べに行ったよ~」って、
術後笑って言っていました。

迅速病理の診断結果は、「良性」
子宮を残すことが出来ました。
大きな筋腫が一つと、1cmくらいの筋腫もいくつか取って下さいました。

しかし、術後ですが・・・。
大学病院は、甘やかしてくれない!
いきなり、6人部屋の大部屋に返されました^^;
続きを読む

2回目の手術は、大病院で。

担当医の先生も、1回目の手術の後、すぐの再発ということで、
何か異常があるように思ったようです。

再発のスピードを考えると、悪性も捨てきれない。と言われました。
そうですね。
増殖スピードが異常に早い筋腫と言うのは、
やっぱり肉腫を疑われるみたいです。

そこで、大きな病院、
「術中迅速病理診断」が出来る病院で手術しようということになりました。

「術中迅速病理診断」っていうのは、
外科手術や内視鏡手術時に行われる病理診断だそうです。
術中病理診断。手術中の限られた時間内に病変部の性質、
たとえば腫瘍が良性か悪性かなどを決めたり、
転移や病変部の取り残しがないかになどついて調べる。

悪性だった場合、子宮は全摘しなくてはなりませんが、
手術中にわかるので、お腹をもう一度切らなくて済むから。
と言われました。
続きを読む

2回目の手術を考える

お腹に筋腫があるって言うのは、それは気持ちの良いことではなくて。
はやく取って、しまいたい!っていう気持ちが強くなりました。

眠る前の時に、腹部にコリっとしたものを感じて。
起きても腹部にコリっとしたものを感じて・・・。
気にするあまりに、それが大きくなったように感じたりして。
毎日、毎日がかなりブルーでした。

本当は、もう少し待っても良かったのかもしれませんし、
あの当時でも腹腔鏡が出来る病院を探した方が良かったのかもしれません。
(UAEだって、やっている病院はあったしなぁ・・・)

だけど、病気ということ自体に疲れてしまったのと、
今でこそ、病院によって治療方法、技術などが違うこということがわかりますが、
当時は「転院」なんていうことすら概念になくて^^;
1回目の手術を行った病院で、2回目の手術も考え始めました。

もう少し、私に知識があって。
もう少しだけ、病気に対して視野が広かったら・・・。
状況が違ったのかな?とも思います。
続きを読む

経過観察の間の卵管造影検査

今思うと。
なんで、まだ結婚予定もなかった私が卵管造影検査をしたのかわからない^^;
先生は、手術後のお腹の癒着を見たかったのかな?
※当時のオペ5回は、右も左もよくわからなかったし、
  どういう理由で検査をするのか?とか、理論的に聞いてなかったのだと思います。

とりあえず、卵管造影検査を経験しております。
(子宮ないのにね!)

1回目の再発の後、毎月、経過観察をしておりました。
徐々に大きくなる筋腫。
状況は、だんだん悪くなっていました。

でも、手術はもう嫌だ!!!!!
って思っていましたよ(当り前か^^;)

そんな中で、卵管通ってるのか?
って先生が言い始めました。
それで、「検査してみよう」って言われました。
続きを読む

黒い塊、10cm。

再発かも?って思って、病院に行ったんですけど。
オペ5回の頭は、混乱していました。
だって、手術してまだ9-10カ月だったと思うんです。

再発する可能性はあるのかな?
って思っていたか・・・。忘れちゃったけど^^;

一番は、
手術したら終わる。
って、信じて疑わなかったから。
だから、頑張れたっていうのもあるんだけど。

今、10年前のオペ5回に会いにいけるなら。
「あんた、これから、10年の筋腫との闘いだよ!」って言いに行きたいわ~。

なんて、思っていたら、10年後の自分が来て、
「あんた、まだこれから10年再発で大変だぜ!?」とか言われそう。
って、変な想像をしたので、この妄想はやめます。
10年後の自分には、塩をまいて、帰ってもらいました。

未来のことは、わからなくていい!今を一生懸命いきます!
続きを読む
ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログへ
最新コメント
プロフィール

病歴10年オペ5回

26歳の時に、子宮筋腫を発症。核出手術をするも27歳再発。再び核出手術を行う。摘出したものが子宮筋腫ではないと診断される。治療方法もなく、29歳に腫瘍が巨大となり子宮全摘を行う。ここで子宮筋腫ではなく、血管内平滑筋腫症との診断を受ける。病名が決まるまで3年・・・。これで、病気とはさよならが出来ると思ったのだが、4ヶ月後には再発。婦人科では治療方法がなく、他の治療方法を模索。子宮動脈栓術を行っている病院を探し、ようやく対応可能な病院にたどりつき腫瘍の増大を止める治療を行ったが、コントロール出来る大きさで無くなってきたので、4回目の手術をしました。 すぐに再発;;5回目は腹腔鏡手術をしました。

スポンサー