筋腫で5回手術、UAE10回。体験者は語る。皆一緒に乗り越えよう!

26歳核出開腹。27歳核出開腹。29歳子宮全摘。でも再発!?30歳~UAEを約10回。その後、筋腫が巨大に成長34歳4回目の開腹。しかし、直後に筋腫再発。36歳で4回目の手術(でも腹腔鏡!)しました。子宮筋腫の治療はFUS以外経験済み。ホルモン治療もプリン・ディナゲストやりました。筋腫発覚でたどり着いた方、良い治療方法が見つけられますように。お役に立てれば嬉しいです。

5回目の手術(腹腔鏡)後

肉腫、静脈内平滑筋腫、富細胞性筋腫などなど。

子宮筋腫って言っても、
その中にちょっと悪性度の高いやっかいなものが混じっていることがある。
一番厄介なのが、肉腫。
癌と同じように、悪性腫瘍の一種。
(癌は、表皮に出来るもののことを言うけど。
 肉腫は筋肉や神経、骨などに出来る悪性腫瘍のこと)

手術前に「私も手術して、とったら肉腫かもしれない」
って心配になることもあるかと思いますが。
肉腫はMRI画像でかなりの確率でわかります。
ある年齢を行くと手術前に「悪性かもしれません」
って言われると思うのですが、医師側が悪性度が高いと思っている場合は、
筋腫以外に他にも打ってくるのがほとんどです。

言葉だけで、「悪性かもしれません」
と言われている場合は、悪性の可能性は低いと考えて大丈夫です。
それでも、念のために手術前に伝える必要があるんですね。
もし、万が一の時の話として・・・。
続きを読む

手術した筋腫の種類を調べる:病理検査

手術をして摘出した細胞っていうのは、
悪性なの?どんな細胞なの?
っていうのを検査する。

詳しくは、患者の自分には分からないのだけど。
経過観察をしてきて、普通の筋腫だと思われるものにする検査と。
ちょっと怪しいぞ~?
って思うものにする検査は、ちょっと違うみたい。

筋腫だったら、悪性の疑いがあるもの。
富細胞性筋腫か?
私の静脈内平滑筋腫なのか?
この辺りは、結構細かくチェックするみたい。

よくわからないけど、染色した細胞をスライスして、
顕微鏡で見たような画像を病理検査の結果で見せてもらうことが多いから。
チェックの細かさが違うのかなぁ?
続きを読む

5回目の手術、詳細。

今回で5回目となった、腫瘍摘出の手術。
子宮がないものだから、子宮筋腫という病名が付かなくなって・・・。
(平滑筋腫って名前になっていたと思う)
2回目の手術だなぁ。
(3回目で子宮をとっているので^^;)

再発して、再再発して、子宮とって。
それでも、再々々発して。
今回が、再々々々発の筋腫をとったというわけ。

なんか、遠い目になるわ。

同じところ、何回切っても復活できる人間ってつよいんだねぇ。
とか、思ってしまうわ。

4回目の手術では、子宮がないのに2kgの筋腫が出来てしまっていて、
骨盤内THE筋腫で埋め尽くされてた(笑)
おへそのちょっと上までいってたよ。

先生は術後「解剖学で考えられるところに、臓器がなかった・・・」って言ってた。
膀胱は、いびつな形になっていて、
尿管は変形し、切らない注意する必要があったそうな。

その上に、筋腫は、普通の筋腫と違ってかなりの血流。
しかも4回目の開腹手術とあって、癒着もあって大変だったとか。

で、なんで4回目の手術の話を書いたかと言いますと。
4回目の手術時に、「両卵巣を残すか?残さないか?」って話になったんだけど。
右の卵巣動脈は、筋腫に栄養を送っていることが分かっていたので、
右卵巣を残すと、再発の確率がかなり高いということで、とることにしていたんです。

左は、残せるなら残して~ってお願いしました。
(先生は、再発を考えたら、両卵巣とった方が良いって言ってたけど。
 自分的には、残したかったのでそうお願いしました)
続きを読む

退院後、痛い時には温めるようにしてた。

手術うまく終わったよ~と。
中国の友達に、微信で連絡をした。
ネットってすごいよね。
術後のベットの上から、中国に連絡取れちゃうんだから。

相手は、私がベッド上で、まさか尿道バルーン入っているとは、
思わんだろうな(笑)

病気になって、入院だ手術だ~。
ってやっていると。
外の世界と断絶されたような気持になってしまうこともあるし。

なんていうか、世間から置いてきぼりにされているような気持にもなってしまうけど。
ネットでつながれるって、ありがたいね。

(このブログも、書いている私が一番助けられてる。
再発続きで、治療ばっかりしてて、お金どんどんなくなって。
人の迷惑ばっかりで・・・。
そんな私が発信できることがあるって、それだけで自分の存在価値がゼロじゃないんだ。
って思えたのです^^;
皆さん、駄文を垂れ流してるブログを読みに来て下さってありがとうございます。
何も出ませんけどね!)

んで、向こうから、言われたこと。
術後は、身体を冷やしたらダメだよ~。
って事。
暖かいものを食う。
飲み物も温かいものにする。

だそうだ。

続きを読む

術後10日して、ほぼ元気。

退院して、体の不具合もなくなり。
出来ることが増えて。
手術が終わったという安心感も出て、
何をしていても楽しいです。

手術前は、落ち込むこと。
緊張がひどくなること。
悲劇のヒロインになったり、いろいろありました。

当たり前。当たり前だけど、手術は楽しいことではないですしね。
手術後は、毎朝起きるたびに、体調がよくなっているのを感じるし。
心も体もポジティブになります^^

頑張ったよね。自分!
そう、がんばりましたね!
手術後のあなた!
めちゃめちゃ頑張ったよ~!
お疲れ様!
オペは、自分で自分をほめるスタイル(笑)
続きを読む
ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログへ
最新コメント
プロフィール

病歴10年オペ5回

26歳の時に、子宮筋腫を発症。核出手術をするも27歳再発。再び核出手術を行う。摘出したものが子宮筋腫ではないと診断される。治療方法もなく、29歳に腫瘍が巨大となり子宮全摘を行う。ここで子宮筋腫ではなく、血管内平滑筋腫症との診断を受ける。病名が決まるまで3年・・・。これで、病気とはさよならが出来ると思ったのだが、4ヶ月後には再発。婦人科では治療方法がなく、他の治療方法を模索。子宮動脈栓術を行っている病院を探し、ようやく対応可能な病院にたどりつき腫瘍の増大を止める治療を行ったが、コントロール出来る大きさで無くなってきたので、4回目の手術をしました。 すぐに再発;;5回目は腹腔鏡手術をしました。

スポンサー