2005年09月29日

男のセックスはなぜつまらないのか?

男性のセックスがつまらないと言われてしまう理由はいくつかあると思うのだが、とりわけ「感じさせること」にこだわる男のセックスはつまらない場合が多いように思う。テクニックのことを言っているのではない。テクニックは磨けば上達する。身も心も溶け合うようなセックスをして満足できるような男が少ないということだ。「感じさせること」にこだわっていては解け合うようなセックスにはならないということなのだ。
多くの男はセックスで自分が感じることよりも女を感じさせることにこだわる。そのことが男としての存在価値の問題であるとさえ思っている人もいるだろう。自分はこだわっていないと思う人もいるが、相手も同じように思っているとは限らない。実際はほとんどの男性が「感じさせること」にこだわっている。そしてそのことに気づいていない人が多い。

「感じさせること」にこだわる男は、自分が身も心も溶けて満足するのではない。
女があられもない姿で足を開き、声を出して感じ、涙まで流す、そういう姿を見て満足する男。自分の快感などほとんど排尿と同じ。パッとあがった花火が一瞬で終わってしまう。
だがそれは、自分の感覚にアクセスできていないということなのではないだろうか。本当は感じられるはずの心地よさが分からない、それが、かえって男を「感じさせること」へのこだわりに駆り立てているようにも思う。

社会的に要請され、大部分の男性が実際に引き受けている「男役割」の中には、自分の素直な感情や感覚を表現してはいけないというものがある。特に辛い、悲しいという感情や、甘えたいという欲求をおもてに出すことは男であるというだけで否定されてきている。
だからそういった感情が起こってきても自分で感じないように拒絶しようとする。自分の感情にフタをしてしまう男が多い。
世の男性が仕事面で成果を出せるように鍛えられる過程では、同時に感情操作も学ばされているのだと言えるだろう。抑圧された感情や欲求はつもっていき、別の形をとって満足を求めることになる。

自分は快感を感じられないのに、相手だけは感じさせたいという男の欲求は、どこから起こっているのだろうか。
女の興奮を感じて高揚しながらも自分は女のように好き放題にされてはいない。感覚的、受容的ではない、自分は女の身体をコントロールできる力を持っているのだとフィードバックさせる。男のセックスは自己中心的で観念的だ。自分自身が満足できない構造にはまったまま、相手に快感を与えて代理の満足を得ているのだ。

感じる女を見たいという男の願望とは、本当は自分自身が女のように感じてみたいという願望と裏腹なのではないだろうか。
(自分も声を出してよがり、涙を流して快感を感じてみたい…。)
しかしそれを自分の欲求だと自覚できないなら、どうしても実現する事はできないままだ。
そのために、より一層相手を「感じさせる」欲求が強化されていくのだろう。

自分の欲求にアクセスすることを禁じられてきた男は、本質的に虐げられた存在だ。セックスの場面でその補償を求めるなら、女に嗜虐的な快楽の責め苦を味合わせなければならない。男にとって女は、身体のコミュニケーションを通して快感を分かちあう仲間ではなく、男のかわりに快楽を感じさせられ、男によって一層おとしめられる存在になる。女にとってのセックスは本質的にレイプだというのはそういうことだろう。
行われるのはつねに男にとってのセックスだ。自分自身の感覚を感じとれなくなった男が、自分が得られたはずの快感を女に感じさせ、それでいったんは満足する。
男にとって女が心から満足しているか等、本当はどうでもいい。声をあげ、快感にのたうち回ってくれたらそれでいいのだ。自分が快感を感じる回路にフタをしているから、相手のそういう姿を見なければ満足できないのだ。だからこれは本当の満足ではない。「セックスをした」という確認みたいなものだ。

男のセクシュアリティというものは目の前にぶら下げられたニンジンをいつまでも食べられない馬のような状態だ。ニンジンがある、ということで少しの安心を得るだけ。
男のセクシュアリティが視覚に依存するというのもここから来ているのではないだろうか。
ポルノグラフィが一般に流通する時代はここ100年程度のことだろうから、それ以前の男は今ほど視覚中心のセックスに駆り立てられてはいなかったのではないだろうか。

AVで女の腹や顔にむけて射精するシーンが使われるのも「セックスが終わった」という確認の意味があるだろう。射精しないと終われないのも、女に「イった?」と尋ねるのもすべて確認だ。なんと強迫的なセックスだろうか。これでは心と心、身体と身体で溶け合うようなセックスには行き着けない。

本当に相手と溶け合いたいと感じる女性たちは、男が抱えるこの問題にうすうす気がついているだろうと思う。ただそのことを指摘したら男に嫌われるのではないか、もっと感じさせてあげようとしたら淫乱だと思われるのでは、という心配がおこる。女が自分から積極的にセックスを求めることは危険だ。だから女はそれを言えないのだと思う。

男は「感じさせよう」という思い込みを持っていることをまず自覚するべきだ。そしてそれを捨てることを覚えなければならない。服を脱いだからといって裸になれるとは限らない。そして裸になったときに自分が知らないような何かが出てくることが怖いのだ。



open_eyes at 14:49│Comments(4)TrackBack(3) セックスの可能性 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. [日常] 男のセックスはなぜつまらないのか?(OPEN−EYES)  [ 神コップBloG_ver.? ]   2005年09月30日 13:42
男性にとって女性は潜在的に崇高な存在なのであると俺は考える。 であるからして、セックスの際に女性を自らの手で穢し、自分と同じ位置に貶める事によって「この人を貶められるのは俺だけだ」という快感を得るのだと。 そう考えれば女性が自ら乱れる事を喜べる男性は、その...
2. 男のセックスはつまらない!?  [ LOVE GUIDE 〜欲望が果てるまで〜 ]   2005年10月11日 11:14
OPEN−EYES ジェンダーとセクシュアリティを考えるという男性ブロガーの「男のセックスはなぜつまらないのか?」という記事を取り上げて、私なりに述べてみたいと思う。彼は、『とりわけ「感じさせること」にこだわる男のセックスはつまらない場合が多いように思う....
3. おとこのえっちと女のえっち  [ ぱじゃまぱーてぃー ]   2005年10月13日 00:51
ゆかです。 更新をおこたっててすみません(><) いろいろあったんですよ(汗) 旅行でシンガポール行ったり、学校始まったり・・・ね! ごめんなさい。いいわけです。 今日はこんな記事を発見しました。 男のセックスはなぜつまらないのか? 確かに男...

この記事へのコメント

1. Posted by LOVE GUIDE   2005年10月11日 11:21
非常に興味深く読ませて頂きました。
同性として、勉強させられますね。
リンク貼らせて頂きますが、もしご迷惑なら
連絡下さい。また、今回のテーマは私のブログ
でも取り上げさせて頂きました。
私も、性に対して真面目に探求している者です。
これからも、よろしくお願いいたします。
ぜひ、遊びに来て下さい。
2. Posted by eyes   2005年10月11日 13:17
LOVE GUIDE様

eyesです。ありがとうございます。
サイト見させていただきました。また遊びに行きますね。

同様テーマだと森岡正博さんの「感じない男」が参考になります。http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480062211/249-1320580-3624325

彼は「とけあうセックス」ということには否定的というか悲観的なスタンスですが…。
3. Posted by かーこ。   2005年11月01日 03:38
通りすがりの者です、ごみん;
日記、とても興味深く拝読いたしました。
男の方からのこういうお話、なかなか聞けないので。
参考になりました。
4. Posted by eyes   2005年11月01日 11:13
>かーこ。さん

eyesです。いらっしゃいませ。

>男の方からのこういうお話、なかなか聞けないので。
参考になりました。

ですよね。ホント。
もっとオープンに話せるようになればいいのにと思います。

お互い探り合いみたいなのが多い。。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔