March 03, 2006

ATH-CK5のダブルチップ化

先日オーディオテクニカのカナル型イヤホンATH-CK5を買いました。
いままで耳かけ型のEQ66しか持ってなかったんで、電車の中とか音漏れするからいやだなーと。

買う前にネット上でCK5の評判を調べてみると、「改造しないと低音がでない」とのこと。
まあ値段が手ごろで、改造すれば低音でるならこれでいいか。なノリで買ったわけです。
改造前に使用したところ、全くといっていいほど低音が聞こえない。まあこれはこれで特徴があっていいのかな?

いざ改造!と思って詳しく調べてみると「穴塞ぎ」と「ダブルチップ化」というのがあるらしい。
「穴塞ぎ」については詳細な説明がネットに転がっていたけど、「ダブルチップ化」ってのがAmazonのレビューの文章での説明しか見当たらない。
2chのオーテクスレでも「ダブルチップ化」のやり方がわからない人がいたみたいなので、「ダブルチップ化」を画像付で書けば需要あるんじゃね?と思ったわけで。




・写真付きダブルチップ化説明
画像をクリックすれば大きな画像が見れます。

ck5-4

ck5-5
まず、Sサイズと自分の耳に合うサイズのチップを用意して、二つとも膨らんでるところをクルッと裏返す。

ck5-1
Sサイズチップの連結部分に、耳に合うチップの連結部分を"無理矢理"かぶせる。
このとき、爪で引っ張らないとかぶせられないので、破らないように慎重に。自己責任でお願いします。

ck5-2
あとは上の画像のようにSサイズ側を無理矢理イヤホンに接続。そして耳に突っ込む方を元通りに戻して完成。
(おそらく、Sチップを裏返すことによって穴が塞がれる=低音出るようになる のかと。なら穴塞ぎの方が楽でいいじゃん、と思うかもしれないけど、空間的余裕ができることで低音の響きがよくなっているような気がします。マジで。)

・完成図
ck5-3
とまあ、こんな感じです。
早速お気に入りの音楽を聴いてみましょう。改造前と比べると低音がしっかりと響くようになります。
あとはエージングをこなすなり、使用しながら音の変化を楽しむなりご自由に。
この改造を行った後、微妙にチップが広がって耳穴に突っ込むと耳が痛くなる場合があるので、耳が小さい方はご注意を。
そういう場合は素直にソニーのEXチップに換装したほうがいいらしいです。


あ、Amazon貼っておきますね。
audio-technica インナーイヤーヘッドホン [ATH-CK5 BK]

SONY EP-EX1 スペアーイヤーピース


openprice at 20:08│Comments(3)TrackBack(0)オーディオ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Hiro@vmp   May 13, 2006 17:11
5 はじめまして。
正に『ダブルチップ化』の手順を
探していて、このentryに辿り着きました。
おかげさまで無事に成功+『硬めの装着感』を手に入れました。

ありがとうございます!
2. Posted by 通りすがり   May 19, 2007 00:35
1 あんた間違ってるよw
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/av/1178406499/335
3. Posted by きのこの山   May 19, 2007 14:24
1 間違い二段キノコを堂々と
>「ダブルチップ化」を画像付で書けば需要あるんじゃね?

なんて書いてるお前はある意味凄いな

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔