2014年04月01日

咲オープンに行ってきましたよ

DSC_0057b











はるばる長野まで。


『咲-saki-』は、ニコニコでのアニメ配信を正座待機したり、MADを作ったりはしたものの単行本は買ってないレベルのにわかファンだったのですが、今回オープン開催の報を聞いて単行本を全巻揃え、本気で挑むことにしました。


そんな大会数週間前のある日、ネットの海をサーフしていると『近代麻雀漫画生活』(http://blog.livedoor.jp/inoken_the_world/)を運営する有名ブロガーいのけん氏が咲オープンに参戦するとの情報が!
ブログを見ると、公式ページの問題の例題12問のうち11問正解したそうな。
えっ、僕それ5問しか分からなかったんですけど……。

「ニワカは相手にならんよ!」
niwaka








↑王者の風格を見せるいのけん氏(イメージ)

咲ガチ勢との圧倒的実力差を見せつけられた自分は、一念発起して作問作問アンド作問。
ニコマスクイズ部のウラヌス(泊)と予想問題を出しあったり、前日の深夜も5時までネカフェでひたすら作問をするなど、必死に差を埋めるべく努力しました。(単に眠れなかっただけともいう)



そんなこんなで長野初上陸。
仙台−大宮−長野は3時間くらいで行けるんですね。
風越から鶴賀に行くのに4時間かかるのにね。


会場に着いたが、知っている顔はほとんどいない。
聞けば、参加者の半分は非クイズ勢とのこと。
カルトオープンといえど、ここまでクイズ屋率が低い大会はそうそうないですね。



予選第1局[初陣]は50問のペーパークイズ。
主催者によると「難易度は易しめ」らしい。

解いてみると、確かにきっちりと対策をしていれば取れる問題が多い。
これならそこそこ上位に行けるのでは……と手ごたえを感じつつ終了。

しかし、終了後の正解が発表されると
「作中で裸単騎を行ったのは姉帯豊音と誰?」という問題(正解は花田煌)に咲勢から「ギバード桜子も正解では?」との声が。
ギバードの闘牌シーンなんてあったか……? と思ったが、初登場シーン(阿知賀編1巻15P)を良く見ると確かに四副露している!

こんな細かい部分までチェックしてる咲ガチ勢怖すぎる……。
自分は40点くらいだが、きっとあの人たちは47点とか取ってるに違いない……。

だが、フタをあけてみれば自分が42点で2位と5点差のトップ。
大会前に「インタビュー受けるくらいの成績まで行けたら照の記者会見風にコメントしよう」と考えていたのに、あまりの予想外な結果にネタを挟む余地がありませんでした。


予選第2局[連荘]
最初に多答クイズで初期Pを決めてのアタサバ。連答ボーナスもあるが12人早押しで連答はなかなか難しい。
問題は「インターハイ団体戦に出場した高校のうち名前が○○女子であるもの」。
永水女子、宮守女子を書き忘れる大ポカをしつつも何とか5問正解。
大生院女子は答えたかったな……。

難易度は低めで、最後まで聞けば参加者の多くが答えられるレベル。
となれば物を言うのは早押し経験の差である。
「臨海女子の雀明華の異名→ヴァントゥール」を皮きりに、
「花田煌、片岡優希/→高遠原中」などを正解し、問題限定終了時ウラヌスと並んでトップ。
問題は忘れたが、サドンデスの1○1×を制してトップを獲得しました。



続いて第3局[阻止]。早押しで正解すると多答に挑戦でき、他の参加者の答えとかぶらないものを書けば勝ち抜け。
第1局・第2局でトップの自分は予選通過ラインの8位以内はほぼ確定なので、気を入れ過ぎず適当に押していく。

何度か多答に挑戦するが、
「ドラマCDに出てきた麻雀部の七不思議」→「血まみれの雀卓」で阻止
「晩成高校の団体戦メンバー」→「上田良子」で阻止 
「純チャンを上がった人物」に「竹井久」と誤答
と振るわず、勝抜けはならなかった。

第4局[三麻]は全員参加、10問先取の三択クイズ。
咲勢が強い。自分はギリギリで圏外。

第5局[選択]は選んだキャラによって点数の入り方が変わる早押しクイズ。自分は観戦。
富樫恒という名の若者が強い。押しを見る限りクイズ屋のようだが。

第6局[防塞]は封鎖クイズ。
何故かここにまわされたウラヌスが封鎖されまくる。



ここまでで予選終了。自分は3位で無事通過。
予選1位は全体的に隙が無かった富樫くん。
後で聞いたら中学生だったらしい。タコスが年上とか何それこわい。




準決勝は4人ずつ2コースに分かれてのクイズ。

Aは麻雀牌を取り合って役を作るルール。
Bはリザベーション(正解数予告)でポイント倍になるルールである。

AT「ウラヌスよ、ここで潰しあっても仕方がないから分かれるぞ」
ウラヌス「ぼく点数計算できないんでBがいいです」
AT「よし分かった」



「では予選上位から選択をお願いします」

 
 「Aでお願いします」
 「Bに行きます」
僕「Aで」
 「Bで」
 「B」
 「Bで」
ウ「ファッ!?」



というわけで無事ニコマスクイズ部勢で潰しあう結果と合いなりました。



準決勝第1局は[気炎]。
正解すると決められた牌のセットを獲得でき、最終的に高い手役を作った2人が勝ち抜けというルール。獲得できる牌は前問題の正解者が選べる。

始まってみると、押しがキレキレの富樫くんが序盤から索子を独占する展開で、宮永照ばりのワンサイドゲームになるかと思いきや、中盤から対策問題がはまり始める。

「今年2月に3回目の咲コラボを行ったタコスチェーン/」 「タコデリオ!」
「小鍛治健夜がネットで見た自分の世界ランキング/」  「973位!」
「加治木ゆみが、東横桃子を入部させるため教室に/」 「ゆみちん1年A組乱入事件!」


などなどの問題を正解して萬子を根こそぎ奪い、「門前清自摸和」の権利も獲得したことによって無事四暗刻を完成させることに成功。
同点は予選順位で決めるので、この時点で決勝進出確定である。

さて、ここからすべきことは何か。
富樫くんは正解数で残り2人を大きく引き離しているが、「門前清自摸和」を獲得していないので四暗刻は作れない。しかし索子をほぼ独占しているため發なし緑一色の聴牌である。

一方ウラヌスは正解数が少ないが、暗刻をいくつかと「門前清自摸和」の権利を持っているので四暗刻は出来るかもしれない。

ウラヌスが知り合いということを差し引いても、指の早い富樫くんは決勝で相手したくない厄介な手合いである。
よし、ここはより与しやすいウラヌスを残そう!

というわけで、索子が対象の問題を全力で阻止しつつ、対子・暗刻系のセットをひたすら指名していくプレイに徹する。
富樫くんには悪いが、僕は若い芽を積極的に摘んでいくタイプの人間なのでな……

すると迎えた最終問題、
「長野県予選団体戦において、原村和が仮眠室で寝る時に/」
「スカート!!」

という謎正解でウラヌスが四暗刻を完成させ、逆転勝利となった。
まさかここまで思惑通りに行くとは……。
状況的に全国2回戦の咲さんを彷彿とさせたので、「ぺっこりん」してステージから去ったのは誰か気付いてくれただろうか。



続いて準決勝第2局。
あまり覚えてないので、詳しくはしののぬさんのブログ(http://blog.livedoor.jp/sinononu21/archives/37993224.html)を見よう!
うーんこの手抜き。



そして決勝。10問先取。
メンバーは僕、ウラヌス、咲勢のしののぬさん、クイズ屋のkwskさんの4人。


問題のレベルはさらにあがるそうが、自分だってそれなりに対策はしてきている。ラブじゃんに出てくるクソ長いタイトルの麻雀入門書を覚えたりな……。

とか考えていたら、
「TV放送1話の咲の最初の配牌は多牌していましたが、DVDでは修正されていました。その際削除された1牌は何?」→七索
「〜〜に掲載されたイラストで、清澄高校5人が来ているTシャツには麻雀の役が書かれて/  →平和(まこのTシャツに書いてある)

などの意味不明な問題をしののぬさんがさくさく正解していく一方、自分は四校合同合宿での龍門渕高校の部屋番を「587」と間違える(正しくは「576」)など、もはや呆け顔でカタカタするほかない展開であった。



しののぬさんが折り返し地点の5ポイントにたどり着いた時、自分はまだ2点であった。
決勝戦まできてこんな点差とかホンマおもんないわ……。


いやいや、メゲたらアカン!
ここで思考停止したらホンマの凡人、サイコロ回して頭も回すで!(※回しません)
といった感じで気合いを入れ直す。
すると対策で作った「スポーツランド龍門」「裾花高校」「『The Rord of the Rings』」などが出題され一気に逆転。

「アニメ阿知賀編において、船久保浩子の声優は誰から誰に変わった?→「manamiから三澤紗千香」

を正解したところで時間切れ。
2位のしののぬさんが6ポイント。自分が8ポイントで優勝となりました。


ということで、第10回ISDオープン以来6年半ぶりのオープン優勝となりました。
ペーパー1位は高校生オープン以来かもしれんな……。


半年前は精々アニメを見て末原先輩MADを作る程度のにわかファンでしたが、この大会を期に作品を隅々まで読み込む機会を得て、以前より『咲-saki-』という作品がずっと好きになった気がします。
本当に主催者の3人には感謝です。


その後のアフター飲みもクッソ楽しかったんですが、そろそろ書くのに疲れてきたのでこのへんで。
主催者・参加者の皆さん本当にありがとうございました。
X年後の『咲-saki-オープン 全国編』も楽しみにしています。


ところでこの記事序盤だけしか画像使ってないですが、完全に途中からめんどくなったパターンですね。

operation_nexas at 23:55│Comments(1)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by yuuki   2014年04月14日 22:31
優勝おめでとうございます!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
訪問者数

livedoor プロフィール