2004年06月04日

真相 横山秀夫著

双葉社 >> Amazon.co.jp

連作短編集だが5編の短編に共通する登場人物はおらず、過去におきた殺人事件の関係者が埋もれた真相に迫っていくというところが共通項となっている。

いずれも長編に出来そうなアイディアと人の心をゆさぶる内容が読みやすい文章でコンパクトにまとめられており質は高い。短編の推理ものにありがちな軽い読後感がないのである。

ophiuchi at 01:25│Comments(0)TrackBack(1)clip!本の話 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「真相」横山秀夫  [ AOCHAN-Blog ]   2004年11月11日 02:54
タイトル:真相 著者  :横山秀夫 出版社 :双葉社 読書期間:2004/11/05 - 2004/11/08 お勧め度:★★★ [ Amazon | bk1 ] 以前のエントリで「今回購入したのは短編ばかりですべて警察モノ」というようなことを書きましたが、少し違っていました。本作品は、警察

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔