おっぱいの森

おっぱいを愛する全ての人に。

「キレイにしたのを、しゃぶらせてあげるからね。」 ...

「乗り心地は、最高レべル保証するからね。」 ...

「体力は……問題無さそうだけど、アッチはどうかしら?」 ...

「アナタぁ……早くぅ………来てぇ………」 ...

「ワタシ的には、この角度がお気に入り……なの。」 ...

「どうする?……最初おっぱいで挟んであげよっか?」 ...

「ちょっと萎びちゃったけど……気にしないよね?」 ...

「やっぱり……オンナは、オッパイだと思うのよね。」 ...

オレ……この子で…何回行ったか……分からない…… ...

「えっ……これでいいの?いつでも、してあげるよ。てっきり、挟んで欲しいとか言うのかと思ってた。」 ...

「はい、どうぞ!正真正銘の天然物よwww」 ...

「知ってるわよ……離れたオッパイ……大好きなんでしょ!」 ...

「むぎゅ〜〜〜ってしたら、ミルク出たりしてね?」 ...

「おっぱいに、ブッかけるって……言ってなかった?」 ...

「どう?……悪くないでしょ……新しいおっぱい……」 ...

「しかたないなぁ……1回だけだよ……絶対着けてよね……」 ...

この子のグラビアに、かけまくっててなぁ! ...

「いいんですか……ちっちゃいですよ……」 ...

↑このページのトップヘ