2009年03月

2009年03月24日

コニファー製品紹介 part2

暖かくなってきた、桜も開花し始めたと言うけれど、
たまに吹く風まだ冷たい・・倉庫番です。


1月22日に紹介しましたバッグの新シリーズ


「コニファーシリーズ」(Conifer)


今日はこちらの紹介の続きです。(大変長らくお待たせしました)



Cnf Aurea(グレッグ)FGN ¥20.000(W360 H300 D110)
Cnf Aurea FGN

Cnf Aurea(グレッグ)SD ¥20.000(W360 H300 D110)
Cnf Aurea SD

開封画像
P3240011のコピー

シンプルでクールなビジネスバッグ、飽きのこないデザインと軽さが魅力です。


Cnf Chamolet(シャモレー)FGN ¥22.000(W330 H280 D160)
Cnf Chamolet FGN

Cnf Chamolet(シャモレー)SD ¥22.000(W330 H280 D160)
Cnf Chamolet SD

開封画像
P3240021のコピー

広いマチにより見た目よりもタップリな容量があり週末の小旅行等にもオススメです。


Cnf Helena(ヘレナ)FGN ¥14.000(W400 H330 D220)
Cnf Helena FGN

Cnf Helena(ヘレナ)SD ¥14.000(W400 H330 D220)
Cnf Helena SD

開封内部
P3240031のコピー

大きめの収納口となっており物の出し入れがスムーズで使いやすくON・OFF共に一つあると重宝するかも。



以上の商品と1月22日紹介分とで「コニファーシリーズ」全商品となります。

oppossum at 16:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)取り扱い商品の詳細 | バッグ類

2009年03月12日

2009春 New ウェイダー part2

お待たせいたしました。

前回の続きになる「クロステックチェストハイウェイダー」の画像編です!


まずは上から、サスペンダー

P2260022のコピー
本体からバックルにかけての一部はナイロン、他の部位はゴム地となっており肩から背中にかけての体への負荷を吸収軽減します。

P2260027のコピー
サスペンダーはそれぞれ取り外しが可能です。(取り外しが容易なベルクロ方式を採用)。

P2260031のコピー
長くお使いいただく事を考慮し、サスペンダーは単品でも販売いたします。


胸部

P2260033のコピー
ウェイダー胸部内側、ぶら下がり式のポケットです。
P2270002のコピー
ポケットは表裏と分かれており、それぞれ異なった物を入れるのにご使用いただけます。(写真はウェイダーの外側にポケットをだした状態)
P2260025のコピー
履き口部ポケット裏にあるショックコードを締めることによりディープウェイディング時のヨタ波等の進入防止にもなります。


下半身は次回の紹介です。


oppossum at 16:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)フィッシング 

2009年03月09日

2009春 New ウェイダー

昨年9月のブログで新型ウェイダーのサンプルテスト状況をお知らせし、長い間お待たせしてしまいましたが、ようやく生産モデルをご紹介できる状況となりました。


そして現在製品はほぼ完成し各サイズのサイズ調整を残すのみとなり、一部販売店様協力の下フィッティングテストを行っております。


ご好評をえておりました「P-7バリアウェイダー」より培った2種類の生地の特性を活かす「CROSS TECHNOLOGY」をより進化させたハイクオリティーな製品となっております。
 
 商品名は「クロステックチェストハイウェイダー


従来のP-7バリア生地に比べ、より高い耐水圧・透湿力・引き裂き強度を誇るハイスペック防水透湿生地をボディー部に使用し、膝下には伸縮性・保温性の高い国産クロロプレーン生地を採用いたしました。
人体動作の生物力学(バイオダイナミックス)に基づいたデザインとこの2種類の生地の特性によって身体の動きにシンクロする履き心地が体感できることでしょう。



従来品との主だった相違点
・ソックス部は3Dデザインによるため圧迫感を軽減
サスペンダーは肩に負担の少ないゴム生地を使用。
サスペンダーは本体と着脱可能で別売りサスペンダーと取替えが可能。
・ウェイダー本体胸部内部にぶら下がりのポケットを装備し、表と裏のダブルポケットはウェイダーの外に出した際と内側時とで使用ポケットを分けることが可能です。
・ウェイダーサイズは全体を通してP-7と比べ胴回り〜尻回りは大きめにしました。

CROSS TECHNOLOGYの利点
・伸縮性のあるクロロプレーン生地は屈伸運動等の急激な動きの変化に柔軟に対応する為、身体の動きを妨げません
・シーズン当初の水温はまだ冷たく、足元から体を冷やしてしまいます。クロロプレーン生地は透湿生地と比べ保温性に優れ、体の冷えを緩和してくれます。
・膝下はピンホール等の傷つき易い部位なので比較的傷の付き難いクロロプレーン生地だと安心です。
・クロロプレーンウェイダーだと暑い、透湿素材だと足元が寒いと言うお悩みの方にはこの1着で決まりです!(上が寒い時は厚着です!)

次回は写真公開!

oppossum at 12:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)フィッシング