kinkyou -Ayako Kurihara

栗原亜也子の近況・お知らせなど

栗原亜也子

栗原亜也子/Ayako Kurihara 
Artist based on Yokohama,Japan. http://ayako-kurihara.tumblr.com/

久しぶりの投稿、2019年1月。本牧。

2019年1月31日。

この「kinkyou」ブログ、前の投稿をみたら2016年12月だった。2年1か月ぶりにブログアップしてみようと思う。

FaceboookTwitterInstagram…SNSに写真やつぶやきをアップすることに慣れてしまうと、ブログでまとまった文章を書くことが途端におっくうになる。
こどもをひとり産んでからというもの、何かと慌ただしい日々に本を一冊読むのさえすごく苦痛で、集中力がブツ切れ(集中していないので集中力、とも言わないか…)の状態がずっと続いていた。

がしかし、今年でこどもは10歳になる。私の集中力と持久力のなさを育児のせいにするにはそろそろ期限切れではないか。ということで、リハビリのつもりでこのkinkyouブログに手をつけている。
(細々とでも続けられるために、文章はなるべく簡潔に、単刀直入に。)



042




さて先日、横浜で開催していた東京芸大の大学院映像研究科メディア映像専攻の修士課程修了展「Media Pradtice18-19」へ出かけた。

そこで見た佐藤未来さんの作品《Retelling Yokohama》がとても印象的だった。
作品は、横浜を舞台に制作した映像を2つのスクリーンで交差するように配した映像インスタレーションで、「GIベイビー」と呼ばれる戦後の日本を占領していた米軍兵士と横浜の娼婦の間に生まれた赤ちゃんの、その多数が生後間もなく死亡し埋葬されたとされる出来事についての公的な記録とさまざまに語りつがれている”隠蔽されていた事実”を佐藤未来さんの独自の目線で再構築し、それを語るために実在する人物達ーGIベイビーとして今も”生き延びて”いるある親子ーをとらえた映像や、彼女が撮影した根岸外人墓地と伊勢佐木町の風景が、独特なナレーションとともに過去と現在、フィクションとドキュメントのあいだを自在に幻想的にさまよう映像として構成されていた。

この作品をみた翌日、なぜかいてもたってもいられなくなり私はカメラを持って家をでた。
実は作品に登場する「根岸外国人墓地」は、私の住んでいる本牧の自宅から自転車で15分ほどの近い場所にあったのだ。生まれも育ちも横浜なのに私は今までその墓地の存在も、その周辺の出来事も知らなかった。
知らなかったことを恥じてる暇があったらとにかく見に行ってみよう、そんな気持ちで自転車を走らせた。



JR山手駅からすぐの、仲尾台中学校の裏手にその墓地を発見した。「根岸外国人墓地」と書かれた看板は佐藤未来さんの映像作品でみたとおり、ほとんど消えかかっていて内容をよみとることは難しい。その看板の近くに自転車をとめ、せまい入口を身をかがめてくぐった。

冬晴れの、すごく濃い青空だった。枯れ葉のじゅうたんを踏み、わからないまま進んでいった。
たくさんの墓石や墓標を横目にみながら足を進めるとなんとなく違う雰囲気の獣道のような奥行きが見えた。子どもたちが好んで秘密基地にしたがりそうなスペースだなーと思いながら導かれるように進む。(冬でよかった。私は虫やクモの巣がすごくいやなのである)


急に目の前が開けた。そこには立派に積まれた墓石も供花もなかった。小さい墓標か、せいぜいひざ下くらいの高さの墓石がぱらぱらと野原に不規則に置かれていた。


いくつかの墓標に刻まれている英語の文字を目を凝らして見た。生まれた月日と死んだ月日、わずか数か月、わずか数日のものもある。
しかし墓石に名前が刻まれているということは、少なくともそのGIベイビーは父親である米軍兵士と母親に命名され出生記録をもつ者である。
枯れ葉で埋まりかけた墓標をまちがって踏まないようにと注意して歩いていたが、横浜の娼婦が望まない妊娠の末になすすべもなく産み落として山手の外人墓地の前に放置するよりなかった嬰児たちは、困り果てた山手外国人墓地の管理者によってここに埋葬されたという。そもそも墓標などなくただ埋められた遺体がほとんどだったのではないか。

つまりそれはきっとカメラを持って立っている私の足の下にも在るのだ。顔を上に向ければ中学校の校舎の窓には生徒が書いたと思われる書道作品が展示されていた。「平和の光」と書かれていた。





069

063



014

050


017




021

019


020



033

037


032

035


025

029

023





045

047

043

040


059

065



横浜市が明らかにしていないこれらの遺体数は、約900体以上あるともいわれている。


葬儀はおろか埋葬のための処置もされないまま望まれず生まれて死んでいったGIベイビー達のお墓にひとりで出かけていったのに、不思議と怖かったり悲しかったりの気持ちにならなかったのは何故なのだろう、と根岸外国人墓地をあとにした私は考えていた。
空が青くて良く晴れた日だったからか、それとも墓標が英語で書かれていて日本人の私にとって現実味がなかったからか。

もしかしたら、私も子を産んだことがある「母親」のひとりだからかもしれない。現実味がないというより、モロ、現実として私のすぐ隣にこの出来事が存在し始めたのだ。



横浜で生まれて10代のころは伊勢佐木町界隈で遊び、美術大学を卒業して横浜に戻ってからはしぜんとBankART NYK studioや黄金町エリアを作品制作の拠点にするようになっていたが、40代半ばになってようやく、ここにいる意味や関係性をもっと探ってみたくなった。


唐突だが今年の私の目標というかテーマは「描写」である。
木を見て森を見ず、ではなく、私がいる森のなかの一本の木の根元を描いてみようと思っている。


2019年、今年もよろしくお願いします。



栗原亜也子



















月刊風栗原亜也子バックナンバー、7/10(日)に黄金町で販売します!

023


こんにちは。今年のモットーを「なりふりかまわず」と決めた栗原亜也子です。
これからは作品を売って作品をつくるための材料費を捻出していきたい。
なりふりかまわず作り続けたい!


さて。
2009年‐2011年に自主製本の「月刊風栗原亜也子」 という自分マガジン(ZINE)を出していました。
今回このバックナンバーを横浜・黄金町の「のきさきアートフェア」の栗原ブースにて販売いたします。
(残り14部です。一冊1,000円)

◆黄金町のきさきアートフェア 7月10日(日曜日)11:00-16:00 横浜黄金町エリア 
https://www.koganecho.net/contents/event-exhibition/event-exhibition-1718.html




◎月刊風栗原亜也子(げっかんふうくりはらあやこ)◎

「栗原が、くりはらのことをかいた、クリハラにより作られた、完全自意識過剰マガジン」。

2009-2011年、出産の前後の、いちばん身動きがとれない”強制的引きこもり期”につくっていました。
月刊といいながら実際は3~6か月に1度、というスローペースな出版でしたが、読者のみなさまが気長に待ち、注文してくださったおかげで全12号まで刊行し無事コンプリートしました。

「パソコンとプリンタと、気合さえあればできる!」を信念に、泣いて邪魔する赤子を傍らに必死の編集作業をし、1号あたり15~20部を自宅で製本していました。写真と文章でつづる栗原亜也子の視点、作品、日常、反省、トーク、ため息などなど、作品の前後に散らばるモノ・コト・キモチを雑誌媒体に「雑」に放り込んだ内容となっております。

月刊風栗原亜也子 見本

 003
020
002
012
008
004
016

015


この機会に立ち読みしてみたい方、購入ご希望の方、7/10(日)横浜・黄金町の「のきさきアートフェア」の栗原ブースにて展示販売いたします。(一冊1,000円)
ぜひお立ち寄りください。


また、7月10日以外でご購入ご希望の方は直接メッセージください。(梱包代送料込み1500円で 販売いたします)

何年かぶりに自分でよみかえしてみたら…面白すぎる!
もうこのテンションで、こういうアートブックは作れないな~。
わたしが前に進むために、いろいろなものを手放してゆきたい。


 

5月8日(日) のきさきアートフェアに出展します

5月8日のにちようび、11:00-15:00 黄金町「のきさきアートフェア」に出展します。

◎小品(ドローイングやモノクロのプリント、ペーパーウェイトなど)の展示販売をおこないます。
◎場所:黄金町エリア「1の1スタジオ」高架下スタジオSite-D集会場、かいだん広場近くにあるスタジオの軒先です)
◎ミキ(6歳)も出品します。 

◎イベント会場詳細はコチラ→https://www.koganecho.net/contents/event-exhibition/event-exhibition-1672.html




DSC00853





薫風五月。
ヨコハマの黄金町エリアに制作拠点をうつして1か月が経過した。
こどもを学校に送ったあとの8時からの朝型制作スタイルはとても気持ちがよいし、自分のなかに遠慮なく入り込める時間が宝のよう。
この時期は追浜の「アトリエがけ」から持ってきたたくさんの作品のカケラたちを眺めてひとつひとつ点検し、あたらしい制作への計画を煮詰める日々なのだが、ただのんびりと絵を描くためにこのスタジオを借りたわけではない。新作を作って発表をしたいし、今までの作品の再構築にもトライしたい。

そのための材料費はどこから捻出するべきなのか。
スタジオの家賃も払わなければならない。
バイトに明け暮れてスタジオの滞在時間や制作時間がどんどん減っていく切なさとはそろそろ決別したいのだ。
自分がつくったものを直接めしのタネにできるような、そんな良い経済循環ができないだろうか。。
それをこのスタジオでの滞在テーマのひとつにしようかな、なんて考えている。


まずはうごけるところから動いていこうと思っている。
その第1弾が今週末のきさきアートフェアへの参加である。




今回のアートフェアでは、収益から経費を引いた額のお金を熊本地震の被災者支援金の足しにするつもり。
それがほんのわずかだとしても、やってみないと始まらないものね。



栗原亜也子
Web site http://ayako-kurihara.tumblr.com/




DSC00945 (3)
ミキ画伯も出品いたします 絶賛制作中。





 

Information about my studio in Kogane-Cho, Yokohama



【スタジオ移転のお知らせ】

今年の4月から1年間、作品制作の拠点を横浜の黄金町にうつして活動することにいたしました。
先日横須賀の「アトリエがけ」から荷物移動をすませ、黄金町での新生活です。


4月から娘はとうとう小学校1年生!
今までは自由にレジデンスや遠征へ連れ回していたけれど、これからは学校のカリキュラムを優先した生活が始まります。
アーティスト版「小1の壁」。。
 ・・・
ということで朝7:50に子どもを学校へ送り、8時にはスタジオ到着。ひと仕事終えてもまだ9時半!朝弁食べて再び制作仕事。
朝型クリエーション、いいかも!

まずは十数年蓄積された作品のカケラ達を虫干し、あらためて見直す作業をしています。





2007年~2009年にかけて制作した作品たちを並べて風を通す作業。





このスタジオは黄金町エリアマネージメントセンターが運営するアーティストインレジデンスを4人のアーティストでシェアし、「スタジオコッパ」として使用しております。


作業場所のため普段は非公開ですが、イベント開催やオープンスタジオの際はぜひ遊びにいらしてください!



2016年1月。

IMG_8619



 さて、ようやく2016年1月の更新です。

 近年、あたらしい年を迎えるのがどうしてこんなに苦しいのか。
たかだか日付をまたぐだけなのに、換気扇の掃除はしなければならないわ、やけに豪華な食材を買ってみたり、葉書をポストに突っ込んだり菓子折りや現金入りのポチ袋を用意したり。。。 オトナって大変ね~。

そんなこんなをなんとかこなし、一息ついてからKinkyoブログを綴っています。



0H6A5177






去年の秋に京都のHRD Fine ARTで開催された個展に来てくださったみなさま、本当にありがとうございました。
ここ2~3年のあいだに制作してきたMind Gamesのペインティングをまとまった形で発表できたことが、自分へのさまざまな気づきをもたらしてくれました。

Mind Gamesのオセロ・ペインティングではかならずタテ・ヨコの格子のなかに丸いスタンプを置いていきます。かたちでは「グリッド」好きな私ですが、生き方では垣根を少しずつ外していけたらいいな、と考えています。



IMG_5883



3月までは整理整頓の時間。あたたかい季節が楽しみです。



栗原亜也子








 
プロフィール

opq1974

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ