2006年01月29日

リンダリンダリンダ5

516ce533.jpg
 




 
 とある群馬の高校の学園祭の3日前。

 ギタリストが指にケガをして、学園祭に出られなくなった。それが元でイザコザに・・気が付いてみると残ったメンバーは3人。学園祭で何かやろうと思って、ピアノをギターに変えたり、ボーカルを探したりしているうちに、部室にあった一本のテープを見付ける。

 それはブルーハーツの「リンダリンダ」という曲で、今時の若者でもしっている名曲だった。

 ふと歩いていた韓国人留学生のソンちゃんに「ボーカルやらない?」って声をかけたら「はいっ」って答えるもんだからなし崩し的にバンドを組む事に・・・

 本番まであと3日!ステージで披露する事が出来るのだろうか?

 というある女子高生達の学園祭までの軌跡を描いた映画である。

 「スウィングガールズ」みたいに物語に起伏はあまり無く、凄いバンドがやりたい。とかステージを輝かせたいとか!いうはっきりした演出は無く、地味〜に撮られた映画である。

 学園祭って本当に疲れるし、眠いし、二日ぐらい寝てない状況が当たり前の中で、本当は見た目は輝かしくないんですよね。

 でも何かがあると思うから楽しくなってくる。そんな雰囲気も描いていると思いました。

 しかし、バンドという形で学園祭に参加するからには何かを残したいとおもっている女子高生が、ほとんど寝ないで、深夜も練習したり、次第にお互いを認識して目指す物を確実にしていこうという姿勢が日常的に描かれていて、学園祭に向かおうとしている姿がリアルに描かれている。

 引きのショットやカメラ使いに独特のクセがあるが、山下監督はこういう撮り方が好きなのだろう!?と思って目をつぶる事に・・感動的な話でも無いけど、あっさりしていてスパイスが効いてて良い映画です。特に校舎の屋上で四人がお菓子食べながら語るシーンは凄い良いです。

 そして何よりも4人の女の子が頑張ってる姿が健気です。
 
 どんどん歌が美味くなっていくぺ・ドゥナや、コーラスが絶妙な香椎由宇のハーモニーにノックアウトされて下さい。

『リンダリンダリンダ』
監督 山下敦弘
出演 ぺ・ドゥナ
   香椎由宇
   前田亜季
   関根史織

rinda-s

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「リンダリンダリンダ」  [ るるる的雑記帳 ]   2006年02月05日 12:34
「リンダリンダリンダ 」を観ました。
2. 「リンダリンダリンダ」  [ 試写会帰りに ]   2006年02月28日 04:31
千代田区公会堂「リンダリンダリンダ」試写会。 始めは、「ペ・ドゥナが日本映画に出るらしい」と聞き、「“リンダリンダリンダ”って、ブルーハーツ関係の映画らしい」から、「山下淳弘監督で、女子高生がブルーハーツのカバーバンドをする物語らしい」って事は、「ペ・ドゥ...
3. リンダリンダリンダ  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2006年03月05日 12:12
4 ♪ドブネズミみたいに美しくなりたい 写真には写らない美しさがあるから リンダリンダ リンダリンダリンダ リンダリンダ リンダリンダリンダ♪♪ 「ドラム。練習サボるけど、かわいい響子ぉ!!(^^)//パチパチパチ ベース。料理チョッと味濃いけ...
4. リンダ リンダ リンダ  [ 色即是空日記+α ]   2006年03月06日 21:17
文化祭のライブまであと3日。急ごしらえのバンドで ブルーハーツを演奏することになった女子高生4人は。。。   大きな事件なんて特になぁ〜んにもない。とってもまったりした 普通の女子高生のおはなし。   ・・・・・って思うのは、私が女子高生って....
5. NO.137「リンダ リンダ リンダ」(日本/山下敦弘監督)  [ サーカスな日々 ]   2006年04月02日 19:01
単なる学園ドラマがなぜ、 僕に元気をくれるのだろう? いったいなぜ、この単なる学園映画に、50歳を過ぎた僕まで、元気にしてくれるような要素があるのだろう。観終わった僕は、しばらく、「リンダ リンダ」の歌詞を頭にめぐらせながら、そう思ったものだ。 「ブルーハー...
6. リンダ リンダ リンダ (2005) 114分  [ 極私的映画論+α ]   2006年04月04日 08:13
 実は・・・お盆休み最終日の今日も映画を見てきた私(=^_^=) 今日見た映画は「リンダリンダリンダ」だったんですが・・・  今日の映画館は梅田茶屋町ロフト地下の「テアトル梅田」です ここの映画館は100席と60席ほどの、いわゆるミニシアターなんですが、なかなか「...
7. シャウト!ブルーハーツ。~「リンダリンダリンダ」~  [ ペパーミントの魔術師 ]   2006年04月05日 00:52
バンドをやったことのある人間なら、 この気持ちはめちゃわかる。 帰宅部だった人にも高校時代の思い出がオーバーラップするのでは。 文化祭の屋台のにおい、ステージの盛り上がり、 そんな時代へ自分をタイムスリップさせるような映画だった。 リンダリンダリンダペ・ドゥ....
8. 「リンダリンダリンダ」が描くものは?  [ 映画と出会う・世界が変わる ]   2006年04月09日 11:38
「リンダリンダリンダ」は学園祭で間に合わせに編成されたバンドの物語ということで、これは昨年の今頃公開された「スウィング・ガールズ」と同じようなものかと思った。つまり「プロジェクトX・学園版」かと思ったら、全く違う。いわゆる高揚型のドラマではない。オープ...
9. 『リンダリンダリンダ』2005年143本目  [ 映画とJ-POPの日々 ]   2006年05月08日 19:56
5 どぶねずみみたいに 美しくなりたい 写真にには写らない 美しさがあるから 『リンダリンダリンダ』 やっと観ました… 東京では7月に公開。 仙台では待ちに待たされて11月末。 長かった… その間サントラとパーランマウムのアルバムを擦り切れる勢いで聴きまくっ...
10. リンダ リンダ リンダ/山下敦弘  [ 文学な?ブログ ]   2006年05月28日 11:33
私は学園もの映画が好きで、この映画もその一つになりました。僅かな学生生活の中で、そこでしか得られないことはたくさんあります。しかし、実際に学生の頃には時間が無限にあると感じていて、無駄な時間の浪費をしていたと懐かしく思います。 「リンダ リンダ リンダ」...
11. リンダ リンダ リンダ  [ タクシードライバー耕作のDVD映画日誌 ]   2006年07月25日 08:25
2 製作年度 2005年 製作国 日本 上映時間 114分 監督 山下敦弘 原作 − 脚本 向井康介 、宮下和雅子 、山下敦弘 音楽 ジェームズ・イハ 出演 ペ・ドゥナ 、前田亜季 、香椎由宇 、関根史織 、三村恭代 (allcinema ONLINE) 解説: 高校を舞台にガー...
12. リンダ リンダ リンダ  [ 39☆SMASH ]   2006年08月12日 20:47
『リンダ リンダ リンダ』 あらすじ 『軽音楽部に所属する恵たちは、文化祭を翌日に控え、途方に暮れていた。恵たちは文化祭でのライブに向けて猛練習を重ねてきたのだが、ギターの萌が指を骨折し、ライブの中止を余儀なくされてしまったからだった。やがてボー...
13. 青春  [ ときたましらこ ]   2006年10月06日 11:15
リンダ リンダ リンダ (2005年 / 日本 ) 監督:山下敦弘 出演:ペ・ドゥナ 甲本雅裕 他 なぜ、この頃の男子は、強そうな女子に対し、立て膝忍者ポーズ+敬語でしゃべるのでしょう。フラッシュバックして笑ってしまいました。 根拠のない自信を持ち、....
14. 「リンダ リンダ リンダ」 思い出す、不器用だったあの頃  [ はらやんの映画徒然草 ]   2007年03月17日 09:13
忘れていた高校生の頃を思い出しました。 そういえばブルーハーツも、ジッタリンジン

この記事へのコメント

1. Posted by ミチ   2006年02月28日 21:08
こんにちは♪
「シムソンズ」に触発されましたか〜?
女子高生モノもいいですよね〜。
コンサートがクライマックスだと盛り上がりますしね。
この4人で歌ったCDまで購入してしまいました(汗)
あんまり上手くないのがまた良かったりして(笑)
2. Posted by ミチさんへ orange   2006年03月02日 19:18
ミチさんコメントありがとうございました☆
やはり、ガールズムービーは最高ですね。淡々とした女子高生の三日三晩の練習風景、ライブまでの道のりが、本当に青春していて良かったです〜。
確かにあんまり歌は上手くないんですよね。主演のペ・ドゥナ演じるソンちゃんのキャラはとてもおかしかったですが・・・
3. Posted by PINOKIO   2006年03月06日 21:20
こんばんわ!
TB&コメントありがとうございますっ
なんでもないような日常なのに、
自分とオーバーラップして懐かしくてたまらなかったです。
最後のライブシーンは駆け寄りたい気持ちになったし。。w
4. Posted by PINOKIOさんへ orange   2006年03月08日 10:40
こんにちは☆PINOKIOさん
コメントありがとうございます♪
本当に女子高生が文化祭に向かうまでの日常が淡々と描写されていて素敵な映画でしたね〜!
歌がそんなに上手くないのも良いし、何となく頑張ってみるかから、最後は真剣になりはじめるあたりの描き方も上手いと思います。
最後のライブシーンの引きのショットは絶妙でしたね。あれは監督の目線なのかな?とも思いましたが。パーランマウムのライブは見てみたいです♪
5. Posted by kimion20002000   2006年04月04日 23:26
tbありがとう。
高校生ものはこの作品の登場で、熱血物からクールになっていくでしょうね。
騒がないから好きな映画です。
6. Posted by Ageha   2006年04月05日 00:51
うまくなくてもいいんですよ、
なんかいっしょうけんめいだったね〜という思い出。
ノリがよければ成功。
で、本番なんてあっという間に終わってしまって、
その何分かのステージのために何日も何日もすったもんだするんです。
(経験者は語るその2でした・・・笑)

3日でできるわけねーだろーというのは
映画だから許します。
ひたすら自分の青春時代のフラッシュバックでした。
7. Posted by kimon20002000さんへ orange   2006年04月05日 19:13
こんばんわ☆
コメントありがとうございます〜。
この映画、横の平坦な流れが良いですよね。女子高生が学園祭に向かっての、滞りなく流れていく日常がリアルで良かったです。
最後の引きのカメラ・・・監督の視線がここの集約されていましたね〜♪
8. Posted by Agehaさんへ orange   2006年04月05日 19:54
こんばんわ☆
こちらにもコメント&TBありがとうございました〜!
本当に学園祭に向かうまで、ってすったもんだして、問題が色々起きて、本番当日まで寝れなくて・・・しまいにはビールかけとかしてしまったりと・・・ハードながらも楽しい時間でした。
ただ、そういった視線や会話を本当にこの映画は上手く捉えていましたね。四人で屋上で色々と話したりお菓子食べたりするシーンがとても良かったです。
淡々としながらも、熱かった日々をほのかに思い出させるこの作品。パーランマウムのライブがあったら行ってみたいです♪
9. Posted by 健太郎   2006年05月08日 19:54
2 遅くなってすみません。
TBありがとうございました。
『リンダリンダリンダ』は2005年のベスト映画です。
飾らない等身大の女子高生は懐かしく、文化祭の何とも云えない楽しげな雰囲気が伝わってきました。
ペ・ドゥナと一緒に歌っちゃいました。
10. Posted by 健太郎さまへ orange   2006年05月10日 01:30
こんばんわ☆
コメント&TBありがとうございました〜!
『リンダリンダリンダ』良かったですね〜!
学園祭まで突き進んでいく女子高生の淡々とした日常のリアリズムが素敵でした。
僕も心の中で歌ってましたよ〜DVDで改めて今度、観直そうかと思っています♪

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
劇場公開作品

【2010年2月】

パレード★★★★

ルド and クルシ★★★

抱擁のかけら★★★

おとうと★★★★

インビクタス/負けざる者たち★★★★


【2010年1月】

ゴールデンスランバー★★★

ボーイズ・オン・ザ・ラン★★★★

フローズン・リバー★★★★★

Dr.パルナサスの鏡★★★

ミレニアム ドラゴンタトゥーの女★★★

板尾創路の脱獄王★★★

かいじゅうたちのいるところ★★★

(500)日のサマー★★★★



【2009年12月】

誰がため★★★

蘇りの血★★★

アバター★★★★

のだめカンタービレ 最終楽章 前編★★★

THE 4TH KIND フォース・カインド★★

インフォーマント!★★★

ジュリー&ジュリア★★★★

パブリック・エネミーズ★★★

カールじいさんの空飛ぶ家★★★★


【2009年11月】

ニュームーン/トワイライト・サーガ★★

戦場でワルツを★★★★

2012★★★

イングロリアス・バスターズ★★★★★

脳内ニューヨーク★★★★

Disney’s クリスマス・キャロル★★★

ゼロの焦点★★★

大洗にも星は降るなり★★★

スペル★★★★★

【2009年10月】

わたし出すわ★★

風が強く吹いている★★★

母なる証明★★★★★

沈まぬ太陽★★★★

アンヴィル!夢を諦めきれない男たち★★★★★

パイレーツ・ロック★★★★

さまよう刃★★★

クヒオ大佐★★★

戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH★★

狼の死刑宣告★★★

悪夢のエレベーター★★★

エスター★★★★

パンドラの匣★★★★

カイジ 〜人生逆転ゲーム★★★

私の中のあなた★★★★

ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜★★★

ワイルド・スピード MAX★★★

【2009年9月】

ドゥームズデイ★★★

男と女の不都合な真実★★★

あの日、欲望の大地で★★★★

アドレナリン:ハイ・ボルテージ★★★

空気人形★★★★

カムイ外伝★★★

プール★★

ウルヴァリン:X-MEN ZERO★★★

サブウェイ123 激突★★★

【2009年8月】

マーターズ★★★★

グッド・バッド・ウィアード★★★★

女の子ものがたり★★★★

ナイトミュージアム2★★★

20世紀少年 <最終章>ぼくらの旗★★

30デイズ・ナイト★★★

南極料理人★★★★

ノーボーイズ、ノークライ★★★

96時間★★★★

トランスポーター3 アンリミテッド★★★

キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語★★★

縞模様のパジャマの少年★★★★★

色即ぜねれいしょん★★★★

HACHI 約束の犬★★★

3時10分、決断のとき★★★★★

G.I.ジョー★★★

ボルト★★★★

サマーウォーズ★★★

コネクテッド★★★★


【2009年7月】

バーダー・マインホフ 理想の果てに★★★★

セントアンナの奇跡★★★

セブンデイズ★★★

アマルフィ 女神の報酬★★

ハリー・ポッターと謎のプリンス★★★

サンシャイン・クリーニング★★★★

モンスターVSエイリアン★★★★

ノウイング★★★

ごくせん THE MOVIE★★

MW -ムウ-






携帯から見れます☆
QRコード