2006年06月06日

花よりもなほ4

c3535917.jpg







 父の仇を討つため、信州松本から江戸に出てきた青木宗左衛門(岡田准一)。

 おんぼろ長屋に住み。憎き仇、金沢十兵衛の所在を探っていた。

 仇討ちに成功した暁には、藩からの賞金も手に入り順風満帆な生活も送れる。

 しかし、この宗左衛門。威勢は良いのだが剣の腕はからきしダメで、滅法、弱い。
 
 武術に長けないその腕はをもてあましつつも、彼は近所の子供達を集めて寺子屋稼業を始める事に・・・
 
 『誰も知らない』の監督、是枝裕和が送る。江戸を舞台にした人情劇。

 長屋に住む人々のほろほろとした、生き様をのんびりと、安穏と描いていく。

 テーマは仇討ちだが。題名からも分かる通り。武士として散る花よりもなほ、大切な事を何となく掴んでいく話だ。

 岡田准一は仇討ちを秘める弱い青年男子を演じる。彼の目力や意志は感じ取れるものの・・・何となく、威光とか家からのプレッシャーとかを感じているふがいない武士である。

 周りの長屋に住む面子も様々で、見ていて飽きないキャラクターが出てくる。

 一見、観ていると特に事件なども起こらず、淡々と進む作品で、ホロリとさせられる会話劇と含み笑いを起こしそうな心地よい空気を醸すユーモアの存在する群像劇。

 主役はあくまで岡田准一だが、周りのキャストも主役と言っても良いほどの人情を見せてくれる。仇を討てば、果たして解決なのだろうか!?見事な物語の機微をスクリーンから立ち上らせる。

 そして、始まりから終わりまでの話はおそらく、この長屋で出来た出来事の一部を描いた感じ。この先も物語りは続くだろうし、この物語以前にも素敵な物語がありそうな雰囲気を持っている。

 まさに、花よりもなほ、存在するものは人間のユーモアや笑いと言ったものでは、無かろうか!?実に心地よい落語を聞いたかのような趣のある作品です。

監督 是枝裕和
出演 岡田准一
   宮沢りえ
   古田新太
   國村準
   中村嘉葎雄
   浅野忠信
   原田芳雄

6月5日 渋谷シネパレスにて観賞

hanayorimonao-t

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 花よりもなほ  [ Saturday In The Park ]   2006年06月07日 09:48
 日本   時代劇&ドラマ&コメディ  監督:是枝裕和  出演:岡田准一      宮沢りえ      古田新太      浅野忠信 時は元禄15年徳川5代将軍綱吉の時代。生類憐れみの令が幅を利かせた泰平の 世。巷では赤穂浪士が切腹させられた浅野内匠頭の....
2. *花よりもなほ*  [ Cartouche ]   2006年06月08日 08:43
{{{    ***STORY***              2006年     日本  時は元禄15年、徳川5代将軍綱吉の時代。生類憐れみの令が幅を利かせた泰平の世。巷では、赤穂浪士が切腹させられた浅野内匠頭の仇を討つのかどうかが大きな関心事となっていた。そん...
3. 花よりもなほ  [ Akira's VOICE ]   2006年06月09日 10:25
日本の過去から届いた「戦わない強い意志」 ちゃんと受け取りました。
4. 映画「花よりもなほ」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2006年06月10日 19:27
松の廊下の刃傷沙汰から1年後、時は元禄15年、五代将軍・綱吉の生類憐みの令は、お犬様のその時代、仇討ち男と長屋に暮らす人々と人情話。 吉良上野介とも浅野内匠頭とも、全く関係のない男、道場の息子でありながら剣がからきし駄目な青木宗左衛門(岡田准一)、...
5. 花よりもなほ  [ Kinetic Vision ]   2006年06月10日 19:36
武士は支配階級に所属している印として腰に刀を差している。それは、命を一瞬にして断ち切ることのできる道具だ。戦国時代には戦場で生き残るために必要な血なまぐさい道具であったも
6. 「花よりもなほ」何となくいいのだ  [ 小生の映画日記 ]   2006年06月10日 19:49
4 ストーリー: 仇討ちに藩が賞金を出していた元禄十五年に、田舎侍の宗左衛門(岡田准一)は、父の仇討ちのために江戸に出てくる。しかし、剣の腕がからきし立たない宗左衛門は、貧しいながらも人情味あふれる長屋で暮らす間に、仇討ちをしない人生もあることに気づかされる....
7. 花よりもなほ  [ しんのすけの イッツマイライフ ]   2006年06月10日 20:03
実は映画が始まった序盤、 あ、なんかこの世界感だいじょうぶかな??、 ついていけるかな??、、なんて危惧しちゃいましたが、 なんのなんの!! そんな心配した序盤がうそのようにドップリはまり、 とても楽しめました(^▽^)
8. 花よりもなほ  [ わたしの見た(モノ) ]   2006年06月10日 22:25
「花よりもなほ」 「誰も知らない」の是枝裕和監督が時代劇に初挑戦した作品。 父の仇を討つために東京・深川の貧乏長屋に暮らす青木宗左衛門(岡田准一)。 人情味溢れる長屋で暮らすうちに“仇討ちしない人生”について考え始める。 青木宗左衛門と赤穂浪士の仇討ち...
9. 花よりもなほ  [ 5125年映画の旅 ]   2006年06月11日 08:18
4 ターラーラータタ、タラタタターララターラーラータタ、タラタタター ああ!あのメインテーマが頭から離れない! 『誰も知らない』の是枝裕和監督最新作。父親の仇を探す侍と、彼の暮すオンボロ長屋の住人が織り成す人情物語です。 仇討ちのお話なんですが、血生臭い展....
10. 映画「花よりもなほ」  [ 楽しいひとときに・・・ ]   2006年06月11日 08:33
主演がV6岡田くん&宮沢りえさん監督があのカンヌで話題になった映画「誰も知らない」の是枝監督と聞いただけでも興味のそそる映画なんですが他出演者が個性派俳優VSお笑い芸人って言っていいほどとっても顔ぶれが愉快で映画も笑いあり、涙あり、笑いあり・・・と、とっ...
11. 感想/花よりもなほ(試写)  [ APRIL FOOLS ]   2006年06月11日 10:27
『誰も知らない』の是枝監督が時代劇を撮りました! しかも主演は岡田君&宮沢りえってことで話題の1本。6月3日公開の『花よりもなほ』。 『花よりもなほ』オフィシャルサイト 青木宗左衛門(岡田准一)は、父の敵を討つために江戸の長屋に身を潜める。が、この男、武士...
12. 映画「花よりもなほ」  [ ミチの雑記帳 ]   2006年06月11日 13:54
映画館にて「花よりもなほ」 是枝監督最新作は時代劇。 元禄15年、仇討ちに藩が賞金を出していた時代の話。父の仇を討つために貧乏長屋に住み着いた田舎侍・青木宗左衛門(岡田准一)の仇討ちの顛末を描く。 この貧乏長屋がありえないほど汚くて匂ってきそうなほど。そこに...
13. 花よりもなほ(2006/日本/是枝裕和)  [ CINEMANIAX! ]   2006年06月11日 15:28
【新宿ジョイシネマ】 時は元禄15年、徳川5代将軍綱吉の時代。生類憐れみの令が幅を利かせた泰平の世。巷では、赤穂浪士が切腹させられた浅野内匠頭の仇を討つのかどうかが大きな関心事となっていた。そんな中、父の仇を討つため、信州松本から江戸に出てきた若者、青木宗...
14. 花よりもなほ  [ 映画を観たよ ]   2006年06月11日 18:10
岡田君♪ 小学校のときから好きです〜。彼が見られるだけで嬉しいです。 すごくにっこりしながら観ていました。 のほほんとしててゆったりしてて・・・何か観ている間すごく心地よかったです。 途中若干飽きかけたのですが(そで吉さんとその許婚がどうのこうの)でもまたす...
15. 「花よりもなほ」  [ てんびんthe LIFE ]   2006年06月12日 11:13
「花よりもなほ」ル・テアトル銀座で鑑賞 是枝監督のオリジナル脚本で描かれた時代劇。今回は限りなくネタバレ。父の仇討ちに執念を持つ若武士が江戸貧乏長屋で暮らすうちにそこで暮らす人々との交流の末、仇討ちにどういう意味があるのかを悟っていく。登場人物が多すぎ...
16. 【劇場鑑賞61】花よりもなほ  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2006年06月12日 23:50
3 てぇへんだ、てぇへんだぁ! あだうちだぁ〜!! 時は元禄十五年 舞台はお江戸の貧乏長屋 若侍の抱える使命は 父の仇を討つことだとさ ところがこの侍 えらく弱えときたもんだ
17. 『 花よりもなほ 』  [ やっぱり邦画好き… ]   2006年06月13日 03:29
 公式サイト 映画 『 花よりもなほ 』 [試写会鑑賞] 2005年:日本   【6月3日ロードショー】 [ 上映劇場 ] 監 督:是枝裕和 脚 本:是枝裕和 原 案:是枝裕和 [ キャスト ] 岡田准一 宮沢りえ 古田新太 國村準 中村嘉葎雄...
18. 『花よりもなほ』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2006年06月13日 12:24
強いばかりが侍ではないやさしくなければ 侍にはなれない   ■監督・原案・脚本 是枝裕和■キャスト 岡田准一、宮沢りえ、古田新太、加瀬 亮、香川照之、木村祐一、千原靖史、上島良平、浅野忠信、國村準、中村嘉葎雄、原田芳雄、石橋蓮司、寺島進□オフィシャル...
19. 花よりもなほ  [ 映画をささえに生きる ]   2006年06月13日 20:48
3 ゆるゆる〜っとした人間達がゆるゆる〜っとした時間を紡ぎだすゆるゆる映画です。
20. 【花よりもなほ】  [ 空の「一期一会」 ]   2006年06月14日 18:40
★最後の岡田准一さんの表情に、ヤラレマシタ!心、温かく・・・余韻に浸ることがで
21. 「花よりもなほ」  [   ]   2006年06月25日 14:14
時代劇とは言ってもコメディタッチのなので抵抗はありませんでした。コレと言った山場はないものの、見終わった後には心が温まる、そんな作品でした。仇討ちの為に上京してきた宗左が、長屋の住人達と交わるうちに、仇討ちとは何なのか考え始める。その成長の過程を見ている...
22. 映画:花よりもなほ  [ 駒吉の日記 ]   2006年06月28日 15:30
花よりもなほ@丸の内ピカデリー 「く○を餅に変えるんですよ」 「風さそう 花よりもなお 我はまた 春の名残を 如何とかやせん」 (風が花を散らしてしまうのをどうすることもできないように、私もまた自分自身をどうすることもできないものだ)赤穂浅野藩第3代...
23. 花よりもなほ・・・・・評価額1650円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2006年06月28日 21:07
是枝裕和監督のデビュー作、「幻の光」は衝撃だった。 能登の漁村を舞台に、心に傷を負った一人の女が、たゆたうような穏やかな時間の中で、徐々に癒されてゆく物語。 ドキュメンタリストらしい距離感のある視点と、その底??
24. 「花よりもなほ」  [ Tokyo Sea Side ]   2006年07月29日 10:00
時代劇とは言ってもコメディタッチのなので抵抗はありませんでした。コレと言った山場はないものの、見終わった後には心が温まる、そんな作品でした。仇討ちの為に上京してきた宗左が、長屋の住人達と交わるうちに、仇討ちとは何なのか考え始める。その成長の過程を見ている...
25. Samurai  [ Tokyo Bay Side ]   2006年07月29日 10:00
『花よりもなほ』 剣の腕はからきしダメだが、逃げ足の速さは天下一品。この映画はそんな“へっぴり侍”青木宗左衛門(岡田准一)の仇討ちをテーマにした新感覚の時代劇です。全体を通して観ると決して派手な作りではなくハラハラドキドキもしません。しかし“糞を餅に変え...
26. 花よりもなほ  [ CinemA*s Cafe ]   2006年08月24日 23:43
http://www.kore-eda.com/hana/ 岡田くん。すてき♪かわいいし、かっこいい(*^O^*) ちょっとジーンと来てしまうシーンがあったのは岡田くんの表情だからこそだと思う私。 脇役達もなかなか良い味を出していて y
27. 花よりもなほ [Movie]  [ miyukichin’mu*me*mo* ]   2007年02月10日 21:23
 映画(DVD)「花よりもなほ」         (是枝裕和:監督・脚本・原案)    岡田准一クン主演の時代モノって以外、  内容についての予備知識はほぼない状態でした。  だから、観る前は、タイトルの感じから、  しっとりした物語なのかとイメージしていました...
28. 『花よりもなほ』・劇場  [ しましまシネマライフ! ]   2007年02月12日 03:11
今日は『花よりもなほ』を観てきた。 《私のお気に入り度:★★☆☆☆》 まったりとした時間を過ごした映
29. 「花よりもなほ」  [ ひらりん的映画ブログ ]   2007年03月18日 22:57
劇場公開時、ぎりぎりまで考えて、結局見損ねた作品。 だって坑兇世掘ΑΑΨ歐佑安っちいし・・・。 DVDも新作価格から落ちてきたし、見てみることに。
30. mini review 07039「あかね空」★★☆☆☆☆☆☆☆☆  [ サーカスな日々 ]   2007年04月10日 17:12
カテゴリ : その他 製作年 : 2006年 製作国 : 日本 時間 : 120分 公開日 : 2007-03-31〜 監督 : 浜本正機 出演 : 内野聖陽 中谷美紀 中村梅雀 勝村政信 泉谷しげる 石橋蓮司 江戸は深川蛤町。職人たちが多く暮らす長屋が並んだ裏町で、井戸か...
31. 『花よりもなほ』  [ はなことば ]   2007年04月12日 10:26
2005年の作品。 時代劇の装置を使った、きわめて現代的なメッセージのある現代劇。そんなこといったって、「時代劇」を作る人間は現代に生きているわけだから、「時代劇」というのは須らく「現代劇」なわけですが。 憎しみや形のない名誉といったものを生きる糧にする....
32. 花よりもなほ  [ 映画、言いたい放題! ]   2007年09月03日 23:35
是枝裕和監督の作品が好きで楽しみにしていたのにも関わらず、 やっとDVDで観ました。 時は元禄15年徳川綱吉の泰平の世。 信州・松本から父の仇討ちの為に江戸にやって来た青木宗左衛門は、 おんぼろ長屋で実家からのわずかな仕送りだけで仇の行方を捜していた。 仇討...

この記事へのコメント

1. Posted by ぐり   2006年06月07日 22:18
こんばんは!
私も今日観てきました♪
ホッコリ映画でした。
そして登場人物のキャラクターがおもしろかったですね!
2. Posted by ぐりさまへ orange   2006年06月08日 19:03
こんばんわ☆コメントありがとうございました。
ゆるやかな映画なのですが・・・登場人物のキャラクターや長屋の雰囲気。人間の側面を少しずつ見せていく感じが絶妙でしたね。これは中々観れないタイプの時代劇でしたね♪
3. Posted by kazupon   2006年06月10日 14:25
こんにちわ!いつもお世話になってます!
確かに主役は岡田君ですけど、周りに
濃いキャラが多いので、狂言まわし
みたいな立場にいたような気がしました。
宗左の目的が仇討ちだったんですけど、
映画のいろんな要素が全て仇討ちに
リンクしてるのはウマイなあと。
TBさせていただきますね!
4. Posted by kazuponさまへ orange   2006年06月10日 20:03
こんばんわ☆こちらこそいつもお世話になっております♪
コメントありがとうございました〜!
群像劇として秀逸ですよね。日本だからこそ出来た作品というか、独自の味付けが巧妙で面白かったです。
仇討ちがテーマといえど、人間の生き様や、生活感、親子のつながりなどを上手く構成していくあたりは見事だと思いましたね♪
5. Posted by ミチ   2006年06月11日 13:58
こんにちは♪
昨日はたくさんのTBとコメントをありがとうございました。
こちらからも張り切ってお返しさせていただきまっす!
こういうテイストの映画は大好きです。
群像劇としてもいいですよね。
でてくる人たちがみな愛すべき人物でした。
そして復讐の連鎖を断ち切った着地点が天晴れだったと思います!
6. Posted by    2006年06月14日 18:39
orangeさん、こんにちは!
やっと観ることが出来ました♪
キム兄が、とにかく最高でした(笑)
岡田さんや加瀬さんも素敵でしたが、芸人さんパワーや、個性(演技)派俳優さんたちのパワーも凄かったですねっ!
心温かくなる作品でした。
7. Posted by ミチさまへ orange   2006年06月15日 21:03
こんばんわ〜ミチさん♪
こちらこそコメント&TBありがとうございました〜!
お返事遅くなってしまい・・・ごめんなさい。
この作品、登場人物が個性的で観ていて楽しかったですね。メリハリは無いけど、この緩やかな雰囲気は、当時の趣を上手く表しているのだなと思いました。
仇討ちや武士道といったものも、上手く表しつつも、題名通りの帰結を見せるあたりは見事でしたね♪
8. Posted by 空さまへ orange   2006年06月18日 10:36
空さん☆こんにちわ〜!
コメント&TBありがとうございました〜♪
お返事遅くなってしまいごめんなさい。
キム兄が気に入ってしまいましたか〜!
あの存在感は凄いですよね。役者として始めて見たので、個性的な存在感を放ちそうでこれからが楽しみです。「ゆれる」にも出演しているみたいですし♪
岡田さんや加瀬さんの演技も魅了所ですね。あれだけハンサムなのに、役柄をガラッと変えてくるあたりは岡田准一の天性のモノだと思います。
この作品のほのかに漂ってくる作風の良さは見事でしたね。大ヒットとはいかずも、じわりじわりと拡がって欲しい作品です♪
9. Posted by ノラネコ   2006年06月28日 21:11
こんばんは。
TB&コメどうもです。
あ〜そうそう、この楽しさは江戸落語を聞いた時に近いものがありますね。
こういうちょっとした出来事のユーモアって、巧い人が描くと実に味わい深いものになるんですよね。
久々に技のある日本映画を観ました。
10. Posted by ノラネコさまへ orange   2006年06月30日 14:46
こんにちは☆
コメント&TBありがとうございました〜!
観終わった後は、何かとても素敵ながらも味のある噺を聞いた時に感じる高揚感に似たものを感じたので。
出すぎず引き過ぎずも人間の生きるユーモアを醸し出していて良かったです。
是枝監督の技あり。と言っても良いですね♪
11. Posted by miyukichi   2007年02月17日 20:55
5  こんばんは♪
 TBどうもありがとうございました。

 長屋の面々、よかったですよねー。
 あれだけ個性の強い方々が
 まったく浮かずにハマってたのがすごいです(笑)

 心地よい落語、ですか。
 なるほどー。。
12. Posted by miyukichiさまへ orange   2007年02月21日 04:07
こんばんわ☆miyukichiさん。
コメント&TBありがとうございます。

確かに、長屋の人々は個性的で変わり者が多かったですね・・・
彼らもそれぞれの人生を生きていて、流れる者や止まる者とその片鱗を作品全体が見事に包んでいるようでした。

実は落語が好きで、偶に聴いたりしているのですが、この作品を観た時は素敵な寄席を聴いているかのように気持ちに浸れたので♪
13. Posted by kimion20002000   2007年05月08日 11:39
TBありがとう。
僕は、江戸の長屋からはじまる人情劇として、「あかね空」より「花よりもなほ」を何倍も、評価します。
14. Posted by kimion20002000さまへ   2007年07月23日 22:38
こんばんわ☆
お返事大変遅くなってしまいごめんなさい。
こちらこそコメント&TBありがとうございます。
『あかね空』は未見ですが、この作品はどこかコミカルさをしっかりと残しつつも遊び心も調度良く、見事な人情劇に仕上がっていましたね♪

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
劇場公開作品

【2010年2月】

パレード★★★★

ルド and クルシ★★★

抱擁のかけら★★★

おとうと★★★★

インビクタス/負けざる者たち★★★★


【2010年1月】

ゴールデンスランバー★★★

ボーイズ・オン・ザ・ラン★★★★

フローズン・リバー★★★★★

Dr.パルナサスの鏡★★★

ミレニアム ドラゴンタトゥーの女★★★

板尾創路の脱獄王★★★

かいじゅうたちのいるところ★★★

(500)日のサマー★★★★



【2009年12月】

誰がため★★★

蘇りの血★★★

アバター★★★★

のだめカンタービレ 最終楽章 前編★★★

THE 4TH KIND フォース・カインド★★

インフォーマント!★★★

ジュリー&ジュリア★★★★

パブリック・エネミーズ★★★

カールじいさんの空飛ぶ家★★★★


【2009年11月】

ニュームーン/トワイライト・サーガ★★

戦場でワルツを★★★★

2012★★★

イングロリアス・バスターズ★★★★★

脳内ニューヨーク★★★★

Disney’s クリスマス・キャロル★★★

ゼロの焦点★★★

大洗にも星は降るなり★★★

スペル★★★★★

【2009年10月】

わたし出すわ★★

風が強く吹いている★★★

母なる証明★★★★★

沈まぬ太陽★★★★

アンヴィル!夢を諦めきれない男たち★★★★★

パイレーツ・ロック★★★★

さまよう刃★★★

クヒオ大佐★★★

戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH★★

狼の死刑宣告★★★

悪夢のエレベーター★★★

エスター★★★★

パンドラの匣★★★★

カイジ 〜人生逆転ゲーム★★★

私の中のあなた★★★★

ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜★★★

ワイルド・スピード MAX★★★

【2009年9月】

ドゥームズデイ★★★

男と女の不都合な真実★★★

あの日、欲望の大地で★★★★

アドレナリン:ハイ・ボルテージ★★★

空気人形★★★★

カムイ外伝★★★

プール★★

ウルヴァリン:X-MEN ZERO★★★

サブウェイ123 激突★★★

【2009年8月】

マーターズ★★★★

グッド・バッド・ウィアード★★★★

女の子ものがたり★★★★

ナイトミュージアム2★★★

20世紀少年 <最終章>ぼくらの旗★★

30デイズ・ナイト★★★

南極料理人★★★★

ノーボーイズ、ノークライ★★★

96時間★★★★

トランスポーター3 アンリミテッド★★★

キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語★★★

縞模様のパジャマの少年★★★★★

色即ぜねれいしょん★★★★

HACHI 約束の犬★★★

3時10分、決断のとき★★★★★

G.I.ジョー★★★

ボルト★★★★

サマーウォーズ★★★

コネクテッド★★★★


【2009年7月】

バーダー・マインホフ 理想の果てに★★★★

セントアンナの奇跡★★★

セブンデイズ★★★

アマルフィ 女神の報酬★★

ハリー・ポッターと謎のプリンス★★★

サンシャイン・クリーニング★★★★

モンスターVSエイリアン★★★★

ノウイング★★★

ごくせん THE MOVIE★★

MW -ムウ-






携帯から見れます☆
QRコード