2006年12月24日

リトル・ミス・サンシャイン5

a0d5c776.jpg






 おんぼろの黄色いフォルクスワーゲン・ミニバスの乗って家族がひた走る。

 アリゾナに住むビューティ・クィーンを夢見る小太りの少女・オリーヴ(アビゲイル・ブレスリン)に朗報が舞い込む。

 "リトル・ミス・サンシャイン"コンテスト地方予選の優勝者が失格になり繰り上げ優勝となった事からオリーヴは狂気乱舞。一家総出でカリフォルニアのレドンド・ビーチを目指す事に。

 しかし、この家族。蓋を開けてみると、独自の成功論をかざす人生イケイケモードの父親リチャード(グレッグ・キニア)、自称アメリカ最高のプルースト学者で不幸のどん底に陥っているゲイの叔父フランク(スティーブ・カレル)、ヘロインとポルノにはまる過激なグランパ(アラン・アーキン)、テストパイロットになる事を夢見ながらも、ニーチェに倣い沈黙の誓いを行う長男ドウェーン(ポール・ダノ)と曲者揃い。

 そんな家族をまとめようと必死になるのがお母さんのシェリル(トニ・コレット)なのだが、カリフォルニアを目指すバスは故障をしたり、クラクションが止まらなくなったりと様々なトラブルが続いていく。

 無事にこの一家は、カリフォルニアに到着し、オリーヴはコンテストに参加する事が出来るのか。オカシイけどどこか憎めない愛すべき家族は一路、ほのかな幸福を求めて道をひた走る。

 人生には勝ち組と負け組がいるという。さて、その定義とは何だろう!?とふと思う。給料がいい、一流企業に勤めている、何不自由無く暮らしている。など勝ち組の要素足りえるものを兼ね備えた人々はやはり何か理由があってこそのものなのだろう。

 しかし、この作品に出てくる家族はいわゆる負け組なのか。とそうはいかないのが面白い所で、劇中のある人物が言うセリフにも出てくるのだが「負け組とは、負ける事を恐れて挑戦しない人物」の事を指す。

 オリーヴの恐れや緊張を一瞬にして消し去る効果を持つと同時に、家族それぞれが抱えている不安や恐怖、葛藤などを一蹴してしまうような何とも力強く愛情に満ちた言葉でもある。

 この家族の抱えていると様相とそれへの解決策は乗り物に象徴される。黄色いバスは、途中でギアを壊してしまい、車を押してエンジンをかけないと進まないという欠点を抱えていく。

 だが、家族が車を押し進めていく躍動感のあるシーンがスクリーンに現れる時、この家族はやがて愛し合いながらも道を突き進んでいくという確信に映る。

 そのシーンを中心軸に備えながら、家族のどうしようも無いケンカや、大変おかしいセリフ劇の応酬、目指す夢に立ちはだかる不安と恐怖のシークエンスが度重なりながらも目的地を目指していく。

 父役のグレッグ・キニアは相変わらずちょっとダメな感じのおじさんを演じると面白いし、ドウェーン役の新星ポール・ダノは『キング 罪の王』や『テイキング・ライブス』とは一味違った思春期の不思議な部分を熱演する。スティーブ・カレルの静から動へと転換していく機微のある演技も実物だ。母役のトニ・コレットは板に付いてきているので安定していて素晴らしい。

 作品の中でも特にインパクトの強いのがグランパ演じるアラン・アーキンだ。過激な発言やスラングの連発には劇場も笑いの渦だった。英語のイントネーションも最高。もちろん一番輝いていたのはリトル・ミス・サンシャインに参加するオリーヴ役のアビゲイル・ブレスリンでこの作品の重要なトーンとなる。

 さて、ラストにはある家族の中での葛藤が訪れる。コンテスト会場での華やかな席に不安を覚えた家族がオリーヴの心境を思わず汲み取り心配するのだが、そんな不安をも吹き飛ばす強烈さが渦となって思わず拍手をしたくなってしまう。

 そのシーンに集約されるある人物の影響がもたらしたほのかな連帯感の素晴らしさとどんな家族でも底辺では繋がり続けるという愛の笑いを届けてくれる。

 目の前の勝利よりも、愛すべき家族に支えられていくオリーヴの素敵な笑顔と家族の愛はこれかれも続いていくだろう、黄色いミニバスに乗ってどこまでも。

 時々、いやしょっちゅう言い合いやケンカはするだろうけどね。

 

監督 ジョナサン・デイトン
   ヴァレリー・ファリス
出演 グレッグ・キニア
   トニ・コレット
   スティーヴ・カレル
   ポール・ダノ
   アラン・アーキン
   アビゲイル・ブレスリン

12月23日 シネクイントにて観賞
 

『リトル・ミス・サンシャイン』 (原題 Little Miss Sunshine)
littlemisssunshine-t

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. リトル・ミス・サンシャイン 〜東京国際映画祭〜  [ 映画を観たよ ]   2006年12月25日 15:57
コンペティション作品 すでに知っている方もいると思うのであらすじは省き! こういう映画すんごく好き!!大好き!!もう愛しくなる!!! すごく楽しくって心地よい映画でした。 見ていて思わずくすりと笑ってしまって自然と見ているうちに笑顔になってしまうんですね。 ...
2. リトル・ミス・サンシャイン  [ 映画通の部屋 ]   2006年12月25日 21:15
「リトル・ミス・サンシャイン」LITTLE MISS SUNSHINE/製作:2
3. 『リトル・ミス・サンシャイン』〜幸福の黄色いミニバス〜  [ Swing des Spoutniks ]   2006年12月25日 22:56
『リトル・ミス・サンシャイン』公式サイト 監督:ジョナサン・デイトン ヴァレリー・ファリス出演:グレッグ・キニア トニ・コレット スティーヴ・カレルほか   【あらすじ】(goo映画より)アリゾナに住む小太りなメガネ少女・オリーヴの夢は、ビューティー・ク...
4. 「リトル・ミス・サンシャイン」:西新橋一丁目バス停付近の会話  [ 【映画がはねたら、都バスに乗って】 ]   2006年12月26日 21:08
{/kaeru_en4/}バスだぜ、バス。 {/hiyo_en2/}なに、感激してるの?いつも乗ってる都バスじゃない。 {/kaeru_en4/}いや、このバスのことじゃなくて、黄色いフォルクスワーゲンのミニバス。 {/hiyo_en2/}ああ、「リトル・ミス・サンシャイン」に出てきたバスのことね。 {/kaer...
5. リトル・ミス・サンシャイン〜東京国際映画祭にて  [ シャーロットの涙 ]   2006年12月26日 22:48
夢と希望を乗せて、黄色いバスは行く・・・{/car_pink/}〜〜〜 監督:ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス プロデューサー:デイヴィッド・T. フレンドリー         マーク・タートルトーブ/ピーター・サラフ    脚本:マイケル・アーント   音楽:...
6. 「リトル・ミス・サンシャイン」  [ ジグソーのオレデミーアワード日記 ]   2006年12月28日 03:55
5 「リトル・ミス・サンシャイン」(2006)     《夢と希望を乗せて、黄色いバスは行く》 12/27渋谷シネクイントにて観賞 introduction 監督:ジョナサン・デイトン 、ヴァレリー・ファリス cast グレッグ・キニア、 トニ・コレット、 スティーヴ・カレル ...
7. 「リトル・ミス・サンシャイン」観てきました♪  [ りんたろうの☆きときと日記☆ ]   2006年12月28日 06:27
☆「リトル・ミス・サンシャイン」 監督:ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス 出演:グレッグ・キニア、トニ・コレット、スティーヴ・カレル、アラン・アーキン、ポール・ダノ、アビゲイル・ブレスリン “夢と希望を乗せて、黄色いバスは行く” アリゾナに住...
8. 映画「リトル・ミス・サンシャイン」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2006年12月30日 02:39
原題:Little Miss Sunshine 夢と希望と、そして目一杯の不幸せと怒りを背負い込んでフォルクスワーゲンのミニバスが行く・・不運に見舞われ続ける彼らに、家族の幸せは訪れるのか アイスクリームが大好きで、お腹がぷっくりな眼鏡っ子のオリーヴ・フーヴァー(アビ...
9. リトル・ミス・サンシャイン  [ 週末映画! ]   2007年01月01日 23:52
期待値: 97%  東京国際映画祭コンペティション部門をはじめ、多数の作品賞受賞作品。 あるアメリカ
10. リトル・ミス・サンシャイン  [ ショウビズ インフォメーション ]   2007年01月05日 20:27
崩壊寸前の“負け組”家族の再生の道のりを皮肉な笑いと感動で綴るハートフル・ロード・ムービー。 サンダンス映画祭で評判を呼び、インディ作品としては異例の全米スマッシュ・ヒットを記録、話題を集めた。 監督は夫婦 A
「リトル・ミス・サンシャイン」★★★☆ グレッグ・キニア 、 トニ・コレット 、 スティーヴ・カレル主演 ジョナサン・デイトン 、 ヴァレリー・ファリス監督、2006年アメリカ タイトルは美少女コンテストの名前、 主人公一家のメガネの女の子が このコンテスト優...
12. 『リトル・ミス・サンシャイン』で、スタート。  [ TATSUYAのシネマコンプレックス ]   2007年01月07日 00:12
  走れ! 家族のオンボロLOVEワゴン。 07年の劇場での第一作目は、「ラムの大通り」のエイさんからお薦めいただいた ハートウォームなロードムービー『リトル・ミス・サンシャイン』。 結論から言うと、ホン????
13. リトル・ミス・サンシャイン  [ カリスマ映画論 ]   2007年01月07日 05:49
【映画的カリスマ指数】★★★★★  オンボロバスにキラリと光る僕らを乗せて  
14. リトル・ミス・サンシャイン/グレッグ・キニア、トニ・コレット  [ カノンな日々 ]   2007年01月09日 00:33
4 今年の東京国際映画祭の時にも観たいなぁと思ってたんだけど既に一般公開が決まってたので結局スルーしたわけなんですが、面白そうだなと思ってたら東京国際映画祭でも好評だったようで最優秀監督賞、最優秀主演女優賞、観客賞を受賞しちゃいましたよ。今年のコンペ部門は全....
15. ★「リトル・ミス・サンシャイン」  [ ひらりん的映画ブログ ]   2007年01月09日 01:10
2006.12.23劇場公開作品っていろいろあって・・・ 「大奥」は、フジテレビくさいし・・・ 「鉄コン筋クリート」は絵がごちゃごちゃしてそうだし・・・ 「シャーロットのおくりもの」は動物が喋ってそうだし・・・ まっ、後々これらの作品も見ることにはなるんでしょうけ...
16. リトル*ミス*サンシャイン 勝ち・負けなんて、関係ない!  [ 銅版画制作の日々 ]   2007年01月10日 23:09
←クリックしてね涙と笑いと感動の物語 大晦日に観た『リトル・ミス・サンシャイン』、2006年を締めくくるには素晴らしい映画でした。バラバラ状態のフーヴァ一家が、おんぼろのフォルクスワーゲンミニバスで旅をしながら、最後には心一つに・・・・なっていくというフ...
17. リトル*ミス*サンシャイン 勝ち・負けなんて、関係ない!  [ 銅版画制作の日々 ]   2007年01月10日 23:11
←クリックしてね涙と笑いと感動の物語 大晦日に観た『リトル・ミス・サンシャイン』、2006年を締めくくるには素晴らしい映画でした。バラバラ状態のフーヴァ一家が、おんぼろのフォルクスワーゲンミニバスで旅をしながら、最後には心一つに・・・・なっていくというフ...
18. ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス監督「リトル・ミス・サンシャイン」  [ 詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記) ]   2007年01月11日 13:28
監督 ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス 出演 グレッグ・キニア、スティーヴ・カレル、トニ・コレット  この映画は「押す」映画である。押し切っていく。映画である。  「リトル・ミス・サンシャイン」コンテストをめざす少女(末っ子)を乗せて黄色いバスが...
19. 150.リトル・ミス・サンシャイン  [ レザボアCATs ]   2007年01月12日 06:08
嫌味のない笑いと、無理のない展開、これに心からの感動まである、本当に3拍子揃った傑作のように思う。一人ひとりのエピソードも、すごく良く描けていて、すんなりとした呼吸を感じる様は、見事の一言。お正月一番オススメの映画!なんて声高に言いたいです。まるで自分が....
20. 人生はミスコンと同じぐらい馬鹿げているのか〜「リトル・ミス・サンシャイン」の衝撃  [ 万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記 ]   2007年01月12日 13:01
 いやー素晴らしかった。笑い過ぎて、涙が出た。例によって、予備知識ゼロで観た米映画「リトル・ミス・サンシャイン」(監督はジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス夫妻)。とんでもなくおかしく、途方もない傑作である。単に傑作とすればいいのに、わざわざ「とん....
21. リトル・ミス・サンシャイン  [ ツンカッチ blog ]   2007年01月12日 17:30
あけましておめでとうございます。本年度もツンカッチ共々よろしくお願い致します。 ...
22. 【映画】「リトル・ミス・サンシャイン」評  [ われおもふこと ]   2007年01月12日 17:35
5 先日、東京国際映画祭http://blog.livedoor.jp/yamato26840/archives/51238351.htmlで観た映画が「リトル・ミス・サンシャイン」http://www2.foxsearchlight.com/littlemisssunshine/ (英語)http://movies.foxjapan.com/lms/ (日本語)―――だ。東京国際映画祭では...
23. リトル・ミス・サンシャイン  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2007年01月12日 21:18
評判がいいので、今年最初の劇場鑑賞をこの作品に決めた【story】アリゾナ州郊外に住むフーヴァー家―家長のリチャード(グレック・キニア)は、「勝ち組・負け組」信奉者で、自分で考案した「9ステップ成功論」の持説を振りかざす。息子ドウェーン(ポール・ダノ)は、ニー...
24. リトル・ミス・サンシャイン(アメリカ)  [ 映画でココロの筋トレ ]   2007年01月13日 12:45
すんごーく評判いい「リトル・ミス・サンシャイン」を観たよ。 ( → 公式HP  ) 出演:グレッグ・キニア 、トニ・コレット 、スティーヴ・カレル 、アラン・アーキン 、ポール・ダノ、アビゲイル・ブレスリン 上映時間:100分 太鼓腹...
25. リトル・ミス・サンシャイン  [ シネ・ガラリーナ ]   2007年01月14日 15:43
2006年/アメリカ 監督/ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス <京都シネマにて鑑賞> 「ミスコンなんてクソだ!」 ひょんなことから少女向けのミスコンに代表として選ばれたオリーブ。おんぼろワーゲンバスに乗って、アリゾナからカリフォルニアまでいざ出発...
26. リトル・ミス・サンシャイン  [ シネクリシェ ]   2007年01月24日 23:11
 かなり以前に観ていた映画で、そろそろ感想をUPしようと考えていたところ、アカデミー賞の4部門(作品賞、助演男・女優賞、オリジナル脚本賞)に
27. 映画初め♪ (前編)  [ まじめにふまじめ★ ]   2007年01月26日 21:36
ポイントが溜まったので今年もTOHOシネマズさんの1ヶ月の フリーパスをGET♪
28. おじさんシネマ(リトル・ミス・サンシャイン)  [ おじさん日記By宙虫 ]   2007年01月28日 22:37
今日は、予定したイベントがなくなって。 ぽっかりと空いた日曜日。 前から観たくて、時間がなかった「長い散歩」を観ようと映画館へ出かけた。 が、金曜日にネットで確認した上映時間が変わっているではないか。 なんという・・・・。 こんなに違うんなら、日付で上映...
29. アカデミー作品賞は「リトル・ミス・サンシャイン」がリード=評論家  [ 竹内結子、中村獅童、新庄剛志,赤西仁,浜崎あゆみ、 長瀬智也、長澤まさみ、沢尻エリカ 。目指せ芸能通。 ]   2007年02月01日 05:53
目指せ芸能通。
30. リトル・ミス・サンシャイン−(映画:2007年14本目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2007年02月04日 02:16
監督 ジョナサン・デイトン 、ヴァレリー・ファリス 出演 アビゲイル・ブレスリン 、グレッグ・キニア 、ポール・ダノ 、アラン・アーキン 、トニ・コレット 、スティーヴ・カレル 、ブライアン・クランストン 、マーク・タートルトーブ 、ベス・グラント 評価:93点...
31. 映画のご紹介(242) リトル・ミス・サンシャイン(2006年)  [ ヒューマン=ブラック・ボックス ]   2007年02月04日 11:28
3 ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(242) リトル・ミス・サンシャイン(2006年)-勝ちにこだわること。 昨日書いたレビューをいったんアップしたものの、あまりの出来の悪さに、書き直して再度アップしたことをまずご了....
32. リトル・ミス・サンシャイン  [ やまたくの音吐朗々Diary ]   2007年02月09日 23:20
ロードショー中の映画「リトル・ミス・サンシャイン」を観賞。第19回東京国際映画祭で最優秀監督賞、最優秀主演女優賞、観客賞など最多3部門を受賞した作品。監督はジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス夫妻。出演はグレッグ・キニア、トニ・コレット、スティーヴ・カ...
33. 『リトル・ミス・サンシャイン』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2007年02月15日 12:46
人間には2種類あるそれは勝ち組と負け組みだバラバラな家族が、家族再生の旅に出る   ■監督 ジョナサン・デイトン/ヴァレリー・ファリス■脚本 マイケル・アーント ■キャスト グレック・キニア、スティーヴ・カレル、トニ・コレット、ポール・ダノ、アビゲイル...
34. 映画「リトル・ミス・サンシャイン」  [ don't worry!な毎日 ]   2007年02月17日 17:05
 映画が好きでいると、こういう映画に出会える。それが幸せ。素晴らしい映画だった。 普通ではない家族を通して、どこにでもあるようなリアルな感情を描いている。 素晴らしい。  勝ち組になるための自己啓発セミナーを開発し、それを出版しようとしている父親。 成...
35.  リトル・ミス・サンシャイン (2006年 アメリカ)  [ daily angrofille ]   2007年03月07日 02:41
いきなりアカデミー賞2部門獲得!バス男でおなじみの「Fox Searchlight」が最高額の契約金で配給権を獲得したという この映画。インディ映画、ロードムービー好きには見逃せない。 美少女コンテスト優勝を夢見るオリーヴに、決勝大会出場の知らせが届く。彼女と両親、家...
36. リトル・ミス・サンシャイン  [ とんとん亭 ]   2007年04月10日 22:56
「リトル・ミス・サンシャイン」 2006年 米 ★★★★★ 遅くればせながら、ようやく観る事ができました♪ ホント、面白かったです。 涙あり、笑いありでツボにはまりました。 バラバラな家族が彼らの天使“オリーヴ”(ブレスリン)を美少女コンテ ...
37. 映画『リトル・ミス・サンシャイン』(1/13)  [ 「暁に、死す!!」PBM修羅道日記・出張版 ]   2007年04月11日 01:23
「リトル・ミス・サンシャイン」 原題「LITTLE MISS SUNSHINE」/2006年アメリカ/100分 【監督】ジョナサン・デイトン/ヴァレリー・ファリス 【脚本】マイケル・アーント 【製作】アルバート・バーガー/デヴィッド・T・フレンドリー/ピーター・サラフ/マーク・タート....
38. 坂の途中  [ ふかや・インディーズ・フィルム・フェスティバル ]   2007年04月16日 16:13
『リトル・ミス・サンシャイン』を観た。 爆笑&号泣。 負け組家族の、押しがけロード・ムービー。   丹念によく練り上げられた、手打ちうどんのようなマイケル・アーントの脚本。 ツルリとした喉越し、それでいて腰がある(座ってる)。 そばより断然うどん好...
39. 映画『リトル・ミス・サンシャイン』(1/13)  [ 「暁に、死す!!」PBM修羅道日記・出張版 ]   2007年05月09日 02:23
「リトル・ミス・サンシャイン」 原題「LITTLE MISS SUNSHINE」/2006年アメリカ/100分 【監督】ジョナサン・デイトン/ヴァレリー・ファリス 【脚本】マイケル・アーント 【製作】アルバート・バーガー/デヴィッド・T・フレンドリー/ピーター・サラフ/マーク・タート....
40. リトル・ミス・サンシャイン(スティーヴ・カレル)  [ 映画を10倍好きになる! ]   2007年06月08日 00:26
リトル・ミス・サンシャインアビゲイル・ブレスリン ジョナサン・デイトン ヴァレリー・ファリス おすすめ平均 近年マイベスト級☆負け組家族の再生旅行最高!! ★5つ以上笑えて泣ける!なごみます。Amazonで詳しく見る by G-Tools ものすごい不幸の短期間集中豪雨に見舞....
41. リトル・ミス・サンシャイン  [ 映画、言いたい放題! ]   2007年06月13日 02:25
予告で観て爆笑。 そしたらアカデミー賞受賞したりして 話題になりましたね。 DVDで鑑賞。 アリゾナに住むメガネ少女・オリーヴは、 カリフォルニアで行われる“リトル・ミス・サンシャイン”コンテストに 繰り上げ参加が決定し大喜び! 独自の成功論をとなえ、...
42. リトル・ミス・サンシャイン  [ to Heart ]   2007年06月15日 19:57
製作年度 2006年 監督 ジョナサン・デイトン 、ヴァレリー・ファリス 出演 グレッグ・キニア/トニ・コレット/スティーヴ・カレル/アラン・アーキン/ポール・ダノ/アビゲイル・ブレスリン 小太りの眼鏡っ子、オリーヴ(アビゲイル・ブレスリン)の夢は美少女コンテストで...
43. リトル・ミス・サンシャイン (Little Miss Sunshine)  [ Subterranean サブタレイニアン ]   2007年06月27日 20:12
監督 ジョナサン・デイトン/ヴァレリー・ファリス 主演 グレッグ・キニア 2006年 アメリカ映画 100分 ドラマ 採点★★★★ 2年連続で日本人が快挙を達成したってんで大騒ぎになったミス・ユニバース。世界一美しい女性を選ぶ大会で日本人が選ばれたのは嬉しい限りではある...
44. リトル・ミス・サンシャイン  [ ○o。1日いっぽん映画三昧。o ○ ]   2007年08月23日 09:42
ずっと見たかった「リトル・ミス・サンシャイン」です。 アリゾナに住む小太りなオリーヴの夢は、ビューティー・クィーンにな
45. 映画 リトル・ミス・サンシャイン  [ ベスト・ヒッツ 役立つエンタメ英会話! ]   2007年09月01日 20:35
Hello everybody! こんにちは! ? ? オンライン英会話スクールG-SCOPE のMasaです ? ? 先日久しぶりに映画館で映画を観てきました。ダイハード4.0 アクション映画はやっぱり映画館ですね。 ? ? 大画面スクリーンと、最高の音響設備。 ? ? 迫力がDVDとぜ...
46. 『リトル・ミス・サンシャイン』'06・米  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   2007年10月01日 21:27
あらすじ小太りの眼鏡っ子、オリーヴ(アビゲイル・ブレスリン)の夢は美少女コンテストで優勝すること。地方予選で繰り上げ優勝した彼女は、独自の成功論に取りつかれる父リチャード(グレッグ・キニア)や母のシェリル(トニ・コレット)、自殺を図ったゲイの伯父フラン...
47. リトル・ミス・サンシャイン。  [ 明日くたばるかも知れない。 ]   2007年11月03日 09:29
あらすじ:小太りの眼鏡っ子、オリーヴの夢は美少女コンテストで優勝すること。地方予選で繰り上げ優勝した彼女は、独自の成功論に取りつかれる父リチャードや母のシェリル、自殺を図ったゲイの伯父フランク、夢を叶えるまで無言で過ごすという荒行中の長男ドウェーンらと...
48. 『リトル・ミス・サンシャイン』を観たぞ??!  [ おきらく楽天 映画生活 ]   2008年03月15日 23:41
キョーレツな個性を放つ恐ろしくバラバラな家族フーヴァー家。怪しい成功論で一攫千金の出版に賭けるパパ リチャード(グレッグ・キニア)、しょうもない
49. 「リトル・ミス・サンシャイン」  [ RAY's Favorites ]   2008年03月23日 22:15
映画でも小説でも好きなテーマの一つは、「平凡な人のどうってことのない日常にも、少しだけささやかなドラマが必ずある」。 ところがここ数...
50. 【映画】リトル・ミス・サンシャイン  [ 特別-the blog- ]   2008年04月17日 23:14
リトル・ミス・サンシャイン Little Miss Sunshine 監督:ジョナサン・デイトン 2006年 アメリカ 夢と希望を乗せて、黄色いバスは行く 「リトル・ミス・サンシャイン」。 実に詰まら...
51. 420本目「リトル・ミス・サンシャイン」(2006年・アメリカ)  [ ★にわか香港映画ファンの映画ノート★ ]   2008年06月06日 00:35
リトル・ミス・サンシャイン/アビゲイル・ブレスリン ¥2,953 Amazon.co.jp LITTLE MISS SUNSHINE 製作年度:2006年 上映時間:100分 製作国・地域:アメリカ 監督:ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス(ご夫妻) 脚本:マイケル
52. 『リトル・ミス・サンシャイン』  [ cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー ]   2008年11月08日 00:11
未鑑賞のDVDのデータがたまってきたので、自宅鑑賞をちょこっと久々に。 今回やっと観たのは、グレッグ・キニア主演の『リトル・ミス・サンシャイン』。 ******************** 崩壊寸前の“負け組”家族の再生の道のりを皮肉な笑いと感動で綴るハートフル・ロード・ム...
53. 「リトル・ミス・サンシャイン」  [ シネマ・ワンダーランド ]   2008年12月17日 21:21
問題ある人らを抱えたアリゾナ州田舎町に住むフーバー一家が、娘のミスコン参加のため1000??以上も離れたカリフォルニアまでのミニバスによる道中を描いたロード・ムービー「リトル・ミス・サンシャイン」(2006年、米、100分、ジョナサン・デイトン&バレリー・...
54. 映画「リトル・ミス・サンシャイン」  [ おそらく見聞録 ]   2009年10月02日 22:27
監督:ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ヴァリス 出演:アビゲイル・ブレスリン(キュート)グレッグ・キニア トニ・コレット  出演:ポール・ダノ スティーヴ・カレル(◎)アラン・アーキン(アカデミー助演男優賞)  美少女コンテストの最終審査に通過し...

この記事へのコメント

1. Posted by ななな   2006年12月25日 16:00
こちらにもTBをさせて頂きます。
この映画ホント好きで、観ている間も観終わった後にニコニコが止まらなかったです(変な人みたいですが 笑)
家族っていいなってすごく温かいものが心に広がりますよね♪
たまにケンカもするけどやっぱり家族ですもの。この家族が愛しくて仕方なかったです。
2. Posted by 隣の評論家   2006年12月25日 21:20
こんにちわ。
やっぱり!満点。orangeさんは、きっと好きだろうなと思ってましたよ。
この家族、一人残らずみんな魅力的に見えました。
どうしても一人挙げろと言われたら、グランパでしょうかね。口の悪いエロじいさんかと見せておいて、実は誰よりも孫娘を愛する素敵なじいさんでしたよね。色んなところで書いてるんですけど、キャラクターは全然違えど、ちびまる子&友蔵じいさんのコンビのような心温まるコンビでしたー。心がほっこりしました。
3. Posted by ジグソー   2006年12月28日 04:36
どうも!

本当に気持ちいいくらいに心が暖かくなるいい映画でしたね!


負け組とか勝ち組なんて簡単に決められないということを学びました。
フーヴァー家こそが『勝ち組』ですね。

でも途中の展開は結構意外で驚いた・・・

まさかあのエロい方があんなことになるなんて・・・
でも決して悲しいムードにならなかったのがこの映画のいい所です!
4. Posted by なななさまへ orange   2006年12月31日 10:18
こんにちは☆なななさん。
コメント&TBありがとうございました〜!

この作品は、本当に素敵で大好きですね〜☆
これはニコニコもんですよ。映画を観て嬉しい気分になるという事を改めて感じさせてくれる珠玉の作品でした。
今年は家族を描いた作品がやはり多かったですが、彼らのこの先を一本の道で終わらせる素敵な余韻のラストも秀逸でした♪
5. Posted by 隣の評論家さまへ orange   2006年12月31日 10:56
こんにちは☆隣の評論家さん。
コメント&TBありがとうございました〜!

この作品は無条件で大好きですね☆
家族のありありとした姿を思わず包むコミカルな温かさと疾走感に素敵にノックアウトされました。
グランパの強烈なキャラクターは素晴らしかったです。
そしてオリーブを何よりも愛する祖父に視線が正しかった事がラストで感じさせるのは憎いけど、素晴らしい家族の物語でした♪
6. Posted by ジグソーさまへ orange   2006年12月31日 13:06
こんにちは☆ジグソーさん。
コメント&TBありがとうございました〜!

本当に観ている間も観終わった後も幸せな気分に包まれた作品は久しぶりでした。

人生は勝ち負けよりも、もっと重要な事があるとグランパのセリフの行間から感じ取れました。
彼らはこれからも勝ちへの勝負を続けると思います。そこには挫折や失敗もあるでしょう。
しかし、彼らを乗せた黄色いバスはどこまでも駆けていくと思います。疾走感が見事で素晴らしかったですね。

グランパのエロ&破天荒ぶり最高でした。元気すぎて、可笑しかったので、彼の人生については悲しみを感じなかったです。
一生懸命生きたんだろうなとしみじみ思いました♪
7. Posted by TATSUYA   2007年01月07日 00:11
orangeさん、あけましてオメデトです。
達也の今年最初の劇場映画が『リトル・ミス・サンシャイン』でした。
大阪梅田の「シネ・リーブル」で観たのですが、
関西人の感性にマッチするせいか、
場内は爆笑の嵐。
「ここは吉本新喜劇か」と、突っ込みたくなるほどでした。
しかし、いい映画でした。
年明けから元気をいっぱいもらった気がします。
8. Posted by TATSUYAさまへ orange   2007年01月10日 19:27
TATSUYAさん。
明けましておめでとうございます☆

今年最初に素晴らしい作品をチョイスしましたね〜!
こちらは渋谷の劇場で観賞したのですが、爆笑とは言わずも、劇場からは心地良い笑いが溢れていました。
僕も近々、もう一度観に行こうかと思います♪
9. Posted by りんたろう   2007年01月16日 15:52
こんにちわ☆
コメントありがとうございました♪
観終わった後幸せな気持ちになれる映画でした(^−^)
DVDがでたらもう1度観たいと思っています☆
10. Posted by りんたろうさまへ orange   2007年01月21日 10:26
こんにちは☆
コメント&TBありがとうございました!

この作品はDVD出たら買ってしまいますが・・・劇場でもまた観たいほど好きになってしまった作品です。

映像の疾走感とストーリーが心地よく身にしみる傑作でした♪
11. Posted by jamsession123go   2007年02月04日 11:24
こんにちは、jamsession123goです。

>そのシーンに集約されるある人物の影響がもたらしたほのかな連帯感の素晴らしさとどんな家族でも底辺では繋がり続けるという愛の笑いを届けてくれる。

このシーン観たさに最後まで観てた感がありますね。
観て良かったと思わせてくれる映画です。
12. Posted by jamsession123goさまへ orange   2007年02月11日 10:30
こんにちは☆jamsession123goさん
コメント&TBありがとうございました〜!

ラストのあの家族の笑顔には心がほぐされました。
バラバラだった家族は、この先も多少危ういのかもしれませんが・・・一つのきっかけとしてこの旅がほんの少し彼らを変えていくのかもしれませんね♪
13. Posted by あっきー   2007年02月28日 13:23
orangeさん、こんにちは♪初めておじゃまさせていただきました。
祝アカデミー賞助演男優賞!グランパッ!!ですね。
この映画を観て、久しぶりに「いい映画だな〜」と思い、ネットで検索していたら…ここをみつけちゃいました♪
orangeさんはほんとに映画好きなんですね〜。読んでてとっても楽しい!
この映画を観る前少しブルーだった私ですが(T_T)、オリーブに言ったグランパの言葉にぐっときてしまいました…
意外に音楽が良かったのと、出てくる人達は個性的で面白くて、そしてやさしくて、オリーブのかわいらしさがとっても微笑ましかった。自分もあの家族の中に入って応援している気持ちになってました。
DVD出たら即買いっのつもりです。
14. Posted by あっきーさまへ orange   2007年03月09日 01:50
こんばんわ☆あっきーさん。
はじめまして。コメントありがとうございます。
グランパの受賞は嬉しい事ですね。
アラン・アーキンさんの強烈な毒は、実は優しさの裏返しなのかなと・・・それをカモフラージュしつつも、家族を愛する男を真っ直ぐに演じた名演だと思いました。
この作品って、押しつげがましくない力をそっと与えてくれる素晴らしさを兼ね備えてますよね!
僕は、この作品が昨年観た作品の中でも最も好きと豪語したいくらいの傑作でした。
もちろんDVD発売日には黄色いバスに乗る予定ですね♪
15. Posted by ミハイル暁   2007年05月09日 02:27
初めまして、orangeさん。
TB有り難うございました、こちらからもTBさせて頂きますね。

心が温まる映画でしたね。
ギアが壊れた車というのが一家を象徴していて、皆で押さないと進まないというのが、良く練られた脚本だなと思いました。
派手さはありませんが、いい映画でしたね。
ではまた。
16. Posted by ミハイル暁さまへ orange   2007年07月26日 02:11
初めまして、丁寧なコメント&お返事ありがとうございます。
お返事が大変遅くなってしまいごめんなさい。

皆が押すシーンと動き出すワゴンの緩やかな動きが映像に乗っていて観ている間は心を揺り動かされました。
確かに派手ではないけれども、そこにある家族の姿を静かに、面白く描いていてこれぞ脚本の力だなと思いましたね。
もちろん出演陣のアンサンブルも素晴らしかったです♪
17. Posted by M   2007年09月02日 18:40
検索していたらたどり着きました。
多分卒業大学が同じだろうとおもいまして、
思わずコメントを。。

私も映画大好きで、この映画も評判がいいので
観てみました。心あたたまる映画ですね〜。
18. Posted by 中村   2008年04月26日 00:15
5 先ほど映画を見ました。

「ネガティブな映画で何か学べることあったかな・・・?」

と考えていて、ネットで探していたところこのサイトを読むことになりました。


あなたが答えを教えてくれました!

挑戦し続けることに意味があるんですね。

そう考えると、あの映画はとても深いものになるなと思いました。

ありがとうございます!
19. Posted by 中村さまへ orange   2008年05月19日 23:38
こんばんわ☆
コメントありがとうございます。お返事が大変遅くなりごめんなさい。

この作品、今でもグランパがオリーブとの会話の中で放つ一言が身に染みますね。
それに上回って映像は真っ直ぐに気持ちよく進んでいく。そしてあのラストの爽快感は素晴らしかったです。
こちらこそご訪問頂きありがとうございます。
これからもお互いに素敵な作品にめぐり合っていきましょうね♪

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
劇場公開作品

【2010年2月】

パレード★★★★

ルド and クルシ★★★

抱擁のかけら★★★

おとうと★★★★

インビクタス/負けざる者たち★★★★


【2010年1月】

ゴールデンスランバー★★★

ボーイズ・オン・ザ・ラン★★★★

フローズン・リバー★★★★★

Dr.パルナサスの鏡★★★

ミレニアム ドラゴンタトゥーの女★★★

板尾創路の脱獄王★★★

かいじゅうたちのいるところ★★★

(500)日のサマー★★★★



【2009年12月】

誰がため★★★

蘇りの血★★★

アバター★★★★

のだめカンタービレ 最終楽章 前編★★★

THE 4TH KIND フォース・カインド★★

インフォーマント!★★★

ジュリー&ジュリア★★★★

パブリック・エネミーズ★★★

カールじいさんの空飛ぶ家★★★★


【2009年11月】

ニュームーン/トワイライト・サーガ★★

戦場でワルツを★★★★

2012★★★

イングロリアス・バスターズ★★★★★

脳内ニューヨーク★★★★

Disney’s クリスマス・キャロル★★★

ゼロの焦点★★★

大洗にも星は降るなり★★★

スペル★★★★★

【2009年10月】

わたし出すわ★★

風が強く吹いている★★★

母なる証明★★★★★

沈まぬ太陽★★★★

アンヴィル!夢を諦めきれない男たち★★★★★

パイレーツ・ロック★★★★

さまよう刃★★★

クヒオ大佐★★★

戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH★★

狼の死刑宣告★★★

悪夢のエレベーター★★★

エスター★★★★

パンドラの匣★★★★

カイジ 〜人生逆転ゲーム★★★

私の中のあなた★★★★

ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜★★★

ワイルド・スピード MAX★★★

【2009年9月】

ドゥームズデイ★★★

男と女の不都合な真実★★★

あの日、欲望の大地で★★★★

アドレナリン:ハイ・ボルテージ★★★

空気人形★★★★

カムイ外伝★★★

プール★★

ウルヴァリン:X-MEN ZERO★★★

サブウェイ123 激突★★★

【2009年8月】

マーターズ★★★★

グッド・バッド・ウィアード★★★★

女の子ものがたり★★★★

ナイトミュージアム2★★★

20世紀少年 <最終章>ぼくらの旗★★

30デイズ・ナイト★★★

南極料理人★★★★

ノーボーイズ、ノークライ★★★

96時間★★★★

トランスポーター3 アンリミテッド★★★

キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語★★★

縞模様のパジャマの少年★★★★★

色即ぜねれいしょん★★★★

HACHI 約束の犬★★★

3時10分、決断のとき★★★★★

G.I.ジョー★★★

ボルト★★★★

サマーウォーズ★★★

コネクテッド★★★★


【2009年7月】

バーダー・マインホフ 理想の果てに★★★★

セントアンナの奇跡★★★

セブンデイズ★★★

アマルフィ 女神の報酬★★

ハリー・ポッターと謎のプリンス★★★

サンシャイン・クリーニング★★★★

モンスターVSエイリアン★★★★

ノウイング★★★

ごくせん THE MOVIE★★

MW -ムウ-






携帯から見れます☆
QRコード