2007年03月04日

パフューム ある人殺しの物語5

b41db76b.jpg







 18世紀のパリに産み落とされた赤子は悪臭立ち込める魚市場で、生み捨てられた。
 
 奇跡的に助かった彼グルヌイユは、その産声で母を子殺しの罪で死へといざない。また、歴史に残る嗅覚の持ち主でもあった。

 あらゆるものを嗅ぎ分け、遠い先のほのかな香りまでをも判別するその能力は神から与えられた驚異的な能力だった。

 彼は、売られたなめし皮工場で、機を待ち、そして天才調合師として次々と新しい香を生み出していく。

 しかし、彼が街中であった赤毛の女性の体から立ち上る美しくも素晴らしい香は彼の鼻を虜にし、それ故に誤って殺してしまった女性から消えていく匂いを取り込めようと必死になっていく。

 やがて、パリの街で出会ったバルディーニ(ダスティン・ホフマン)という調合師の元でその技術を磨いていくグルヌイユは、あの赤毛の少女の香りをいつしか保存する事に執念を燃やしていくのですが・・・

 香りって不思議なもので、この作品は鼻で香る作品かと思ったら体にスッと映像と共に入ってくる作品でした。女性の背中のショットから、そこにある距離感。そして到達していく香りのつながりがカメラによって巧みに描かれていきます。

 グルヌイユが子供の頃から異常な嗅覚の持ち主であるという事を鮮烈に描写していく過程もゆったりとしながら、強烈なショットを飽和させていくイメージも香りを放つ物体のグロテスクな側面と客観的な側面を起こしていく故に説得力を持って迫ってくるのも秀逸でした。

 バルディーニの言葉の導きによって、香りの首都グラースへとグルヌイユは赴きます。旅の過程で自分自身の立ち位置を知ることになったグルヌイユの葛藤はここから始まるのですが・・・自分自身に体臭が無いという事実=この世に香りという存在表現を失われた男の悲しき思いは、この先の物語で昇華されていきます。

 そして連続していく殺人事件によって、一つの感性形を見るサスペンス的な要素が持ち味にもなっていくのですが・・・ここで連想してしまうのは『羊たちの沈黙』のレクター博士。自分のコレクションとも言える香りを求める為にそっと近づき、女性の体臭を獲得していくグルヌイユの静謐な怪物感は、民衆の暴走によっても恐怖となり、混乱していくのです。

 自分の香りが無いという事で、グルヌイユが最も成し遂げなければならない所業は、かつてパリの町で出会った少女の香りを保存し、作り上げること。その所業によって自分の存在を知らしめるというアイデンティティの確立を彼は一縷の望みとし、その行いが犯罪だとしても殺人を実行し、女性の体から立ち上る芳香をある方法によって抽出していく過程はグロテスクにして見事。

 後に発見される女性達の死体が、あまりにも清廉な場所に安置されているかのようにそっと現れる描写が対比構造ともなり、映像の力を感じさせます。

 やがて冒頭にも示される通り、グルヌイユは捕まり投獄されます。狂気の民衆の勢いが死罪の宣告のアジテーションへと繋がり、緊張感が高まった所で出現する。女性達の香りの結晶があるラストへと導かれているのですが・・・

 天使のような香りとはどのようなものか。僕はこの作品の間に広がる香りの存在を確かめた時。人々が持つパッションが外側に引き出されてしまう恐ろしくも欲の深い香りなのかなと思いました。知らず知らずのうちに自分の愛と欲を情動的に引き出してしまう淫靡な香り。もどかしくもラストの群集心理が一様に嗅いでしまう香りとはどのように魅力的なのかをとても知りたくなってしまう・・・

 そして、グルヌイユは自分のアイデンティティが生み出された場所に還る事となります。香りに見せられた男の狂気が持つものは、本来は人を愛し、人から愛されるという事を何よりも心の奥で切望していたかった男の悲しくも切ない思いだと。そして彼の人生は母性から見放された時に既に決定されてしまった事項なのかもしれません。

 香りが彩る音楽と映像のイマジネーションに飲み込まれた時、そこに存在するのは、母の香りでもあり、女性から立ち上る起源的な匂いへの眺望なのだと思います。

 魚市場の悪臭で消された母の匂い。生命が得てして最初に獲得するあの思いを知らなかった故、またそれを追い求めたがゆえに犯罪を繰り返した香りの神聖なる男の欲と思いは、まさに彼が作ったパフューム=香水によって構築されました。

 

監督 トム・ティクヴァ
出演 ベン・ウィショー
   ダスティン・ホフマン
   アラン・リックマン
   レイチェル=ハート・ウッド
   
3月3日 吉祥寺バウスシアターにて鑑賞

『パフューム ある人殺しの物語』
perfume-t

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 『パフューム ??ある人殺しの物語??』  [ Sweet* Days ]   2007年03月05日 08:54
CAST:ベン・ウィショー、ダスティン・ホフマン、アラン・リックマン 他 STORY:18世紀フランス。魚市場で産み落とされ孤児になったジャン=バティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)は幼い頃から鋭い嗅覚を持っていた。ある日ジャン=バティストは、美しい女性の...
2. 『パフューム ある人殺しの物語』  [ M[エム] ]   2007年03月05日 23:25
製作年度:2006年上映時間:147分監督:トム・ティクヴァ出演:ベン・ウィショー 、ダスティン・ホフマン 、アラン・リックマン 、レイチェル・ハード=ウッド 、アンドレス・エレーラ 、サイモン・チャンドラーオススメ度:★★★★★ストーリー:18世紀のパリ。悪臭立ちこ...
3. 「パフューム−ある人殺しの物語−」  [ ジグソーのオレデミーアワード日記 ]   2007年03月06日 01:20
5 「パフューム−ある人殺しの物語−」(2006) <それは、昨日まで人だったもの。> 11/25新宿ミラノ1での東京国際シネシティフェスティバル2006にて観賞 introduction 監督/共同脚本/音楽:トム・ティクヴァ cast ベン・ウィショー、レイチ....
4. パフューム ある人殺しの物語  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2007年03月06日 14:31
映画を観る前に原作を読んでみた。良い意味でも悪い意味でも匂い立つ小説、世界45ヶ国で1500万部を売り上げた驚異のベストセラー『香水 ある人殺しの物語』は、どう映像化されるのか―【story】18世紀のパリ。悪臭立ちこめる魚市場で一人の子どもが産み捨てられる。名をジャ...
5. パフューム 〜ある人殺しの物語〜 2007-10  [ 観たよ〜ん〜 ]   2007年03月07日 08:32
「パフューム 〜ある人殺しの物語〜」を観てきました〜♪ 18世紀のパリ、悪臭立ち込める魚市場で一人の子供が産み落とされた。その子の名は、ジャン=パティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)、驚異的な嗅覚を持ったグルヌイユは、ある日芳しい香りを持つ女性を誤って...
6. パフューム ある人殺しの物語  [ UkiUkiれいんぼーデイ ]   2007年03月07日 16:33
あんなに怒り心頭だった人でも魅了されてしまうって・・・ ど、どんな匂いなん? 「ボールド」とどっちがいい匂いなんやろぉ〜♪ これねぇ、とにかく観たかった映画でした! 1500万部も売り上げたという原作は読んでおりませんが、監督があのトム・ティク...
7. パフューム ある人殺しの物語  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2007年03月08日 12:55
5 スクリーンに香りを映した映画。天才調香師が生み出したのは、許されざる“天国の香り”_ 舞台は18世紀パリ。一人の天才が誕生する。名をジャン=パティスト・グルヌイユ。彼に神が唯一与えたのは、あらゆるものを嗅ぎ分ける驚異的な嗅覚だった。ある時偶然出会った女の...
8. Pefume パフューム 映画  [ 愛とまごころの書評 ]   2007年03月08日 23:31
? ? Pefume パフューム  ★あらすじ 18世紀フランスの世界中の汚穢が固まったような魚市場で生まれた 私生児ジャン=バティスト・グルヌイユは驚異の嗅覚を持っていた。 絶対音感ならぬ絶対臭感をもつ彼はやがて香水調合師となるが、 いびつに育っ...
9. パフューム ある人殺しの物語  [ 八ちゃんの日常空間 ]   2007年03月09日 07:13
Das Parfum - Die Geschichte eines Mörders(PERFUME: THE STORY OF A MURDERER) [TOHOシネマズ錦糸町/SC1/レイトショー] 公式サイト 『その香りに、世界はひれ伏す。』 平日というのに、レイトショーとは言え、結構人入っていました。やっぱ話題作なんですよね〜...
= 過去にも「映像化不可能」と呼ばれた作品は少なくない。 = 本作はまさにその極地とも言える作品――だった。 45ヶ国語に翻訳され、のべ1500万部を売り上げた大ベストセラー、 作家のパトリック・ジュースキントは映画化のオファーを拒み続け、 スピルバーグ、スコセッ...
11. パフューム ある人殺しの物語  [ 映画を観たよ ]   2007年03月09日 20:45
実は香水が嫌い!
12. 750人の全裸男女が絡み合う、パフュームのテレビCM  [ ネット社会、その光と闇を追うー ]   2007年03月10日 01:16
750人もの全裸男女が一斉に睦み合うテレビCMが話題を集めて
13. 映画「パフューム ある人殺しの物語」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2007年03月10日 17:09
原題:Perfume -The story of a murderer-  ※いわゆるひとつのネタバレ 赤毛の女性は芳醇にして妖艶、天国へといざなう至高の香りを放つ・・?「ラン・ローラ・ラン」は好きな映画だが、これは感動も共感も教訓も得られなかった 冒頭いきなり衝撃的なシーンがあ...
14. パフューム ある人殺しの物語  [ 週末映画! ]   2007年03月12日 23:07
期待値: 95%  ニオイフェチの男が主人公のサスペンス・ファンタジー映画。 ドイツのベストセラー小
15. 真・映画日記『パフューム』  [ CHEAP THRILL ]   2007年03月14日 01:37
3月6日(火) またしても、朝、日記の更新ができなかった。 ちょっとした手違いで書いていた文を消してしまった。 精神的にダーメジをくう。 仕事はこの日もスムーズに。 寒さがやわらいできた分、いくらかやりやすい。 午後6時前に終業。 神谷町駅から日比...
16. パフューム ある人殺しの物語  [ 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽 ]   2007年03月14日 15:31
 ドイツ&フランス&スペイン  サスペンス&ドラマ&歴史劇  監督:トム・ティクヴァ  出演:ベン・ウィショー     ダスティン・ホフマン      アラン・リックマン      レイチェル・ハード=ウッド 18世紀のパリ。悪臭立ちこめる魚市場で一人の...
17. パフューム ある人殺しの物語/ベン・ウィショー  [ カノンな日々 ]   2007年03月16日 00:43
3 今日、公開された作品で楽しみにしていたのが「パリ、ジュテーム」とこの作品。邦画の新作もたぶん観には行くけどイマイチ気分が乗ってません。特に予告編でモンゴルの英雄が日本語を気張って喋ってるのには引き気味です(笑)。 出演はその他に、ダスティン・ホフマン、ア....
18. パフューム ある人殺しの物語 (2006) 147分  [ 極私的映画論+α ]   2007年03月16日 08:03
 「変態」の定義は本当に難しい(笑) かつて「カリギュラ」という映画でみた裸を上回る裸の量でした(笑)
19. パフューム ある人殺しの物語  [ ネタバレ映画館 ]   2007年03月16日 08:12
処刑台で香水を振り撒くグルヌイユのシルエットがエスパー伊東に見えたのは私だけであろうか・・・
20. パフューム ある人殺しの物語  [ Diarydiary! ]   2007年03月16日 22:05
《パフューム ある人殺しの物語》 2006年 ドイツ/フランス/スペイン映画
21. パフューム/ある人殺しの物語  [ 明け方シネマ ]   2007年03月17日 18:48
 見る前は、香水と殺人という取り合わせに魅惑され、危ない共感を誘う映画のように思っていた。少なくともまじめな映画だと。けれど…。  ラストは確かに驚きの展開だったけど、そこに心地よい裏切りとか胸のすくような痛快さがあったわけではなく、ついていけなかった....
22. パフューム/ある人殺しの物語  [ eclipse的な独り言 ]   2007年03月20日 20:20
 多分映画とは全く関係のないこと書くと思います。
23. パフューム 〜ある人殺しの物語〜−(映画:2007年36本目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2007年03月24日 18:09
監督:トム・ティクヴァ 出演:ベン・ウィショー、レイチェル・ハード=ウッド、アラン・リックマン、ダスティン・ホフマン 評価:79点 公式サイト (ネタバレあります) ダスティン・ホフマンが香りの調合士役に選ばれたのはやはりあの大きな鼻のせいだろうか。...
24. パフューム ある人殺しの物語 (Perfume: The Story of a Murderer)  [ Subterranean サブタレイニアン ]   2007年03月30日 13:45
監督 トム・ティクヴァ 主演 ベン・ウィショー 2006年 ドイツ/フランス/スペイン映画 147分 サスペンス 採点★★★★ 嗅覚っていうのは視覚や聴覚よりも記憶に直結されているのか、旅先で撮った何十枚という写真を見るよりも、久々に開けた旅行バッグから香る僅かな残り香...
25. 偉人の言葉  [ 影山伊作の公式ブログ−in the pocket ]   2007年04月19日 19:05
Don't play what's there. Play what's not there.- Miles Davisそこにある物を演奏するのではなく、無いものを演奏しろ。- マイルズ・デイビス
26. グーグル 地図 でフランス パリへ!  [ グーグル 地図 でフランス パリへ! ]   2007年04月20日 21:58
フランス パリへもう一度!
27. 映画評:パフューム ある人殺しの物語  [ 映画と写真のブログ ]   2009年03月11日 16:11
18世紀のパリは、悪臭そのもののような都市だった。 下水は整備されておらず、汚物と汚水は路上に打ちすてられ、その汚物を踏んでしまわないためにハイヒールが必需だった。 ジョン=バティスト・グルヌイユが生まれたのは、そんな中でも悪臭のきつい、魚市場だった。 ...

この記事へのコメント

1. Posted by カトキチ   2007年03月05日 21:07
私もこれは楽しめました。トムティクヴァは好きな監督ですが、また1つ監督としての腕を上げましたね!
2. Posted by ジグソー   2007年03月06日 02:02
どうも!

本当に素晴らしい【匂いフェチ変態映画】でしたね。

究極の香水恐ろしいですが、嗅いでみたいです。
多分全裸で走り出すかな(笑)
3. Posted by パピのママ   2007年03月08日 13:14
こんにちは!、いつもTB貼り逃げですみません(ペコリ)。
パフュームのレビュー素晴らしい記事ですね。
いつも拝見して、見事な文の描写に惚れ惚れしています。
この作品は、私も同じような感想を書きましたが、とても映像と音楽(ベルリン・フィル)がマッチして、最高のアンサンブルに仕上がっている映画だと思いました。
ラストのどんでん返しのような広場でのシーンとパリの魚市場へ帰り着いた最後、一粒の涙が意味するものは?、最高のクライマックスでした。
4. Posted by TAM   2007年03月09日 02:22
こんばんは!
私、この映画を観に映画館にいこうかどうか考えていたんですけど、観ることに決めました。
本当にすばらしい文章ですね。
5. Posted by ななな   2007年03月09日 20:50
orangeさん、こんばんわ。
この映画を観ている間は何だか観てはいけないものを観ている気がしてそわそわしていました。
最初の赤毛さんを追いかけるところから妖しい雰囲気がすっごく漂っていましたよね。
グルヌイユの愛を欲する姿は痛々しくもありましたがラストはあれでよかったのだろうかと・・・
嫌いではないんですけど何となく好きにはなれない映画でした。

6. Posted by youpi   2007年03月10日 20:59
orangeさん、こんばんわ。orangeさんの『パフューム ある人殺しの物語』の紹介文を読んで映画を見てきましたが、正直、紹介文の方が勝っていた!またここにupされている[f73d42dc-s.jpeg]にウットリ。このポスターは美しい...美しさや香りの[はかなさ]も良く表現している。同じ印象を得られなかったのは残念ですが、orangeさんの紹介文を読んでまた出かけたいと思います。
7. Posted by カトキチさまへ orange   2007年03月12日 00:56
こんばんわ☆
コメントありがとうございました。

彼の作品は『ラン・ローラ・ラン』しか観たことが無いのですが、これは凄い作品でした。
個人的に『マリアの受難』が気になるところ・・・鑑賞出来たらしようと思っています♪
8. Posted by ジグソーさまへ orange   2007年03月12日 01:17
こんばんわ☆ジグソーさん。

変態映画でしたね〜!
描写も実はかなりエロイし、香水が引き起こす大事件も凄まじいです。

嗅いでみたいけど、これ嗅いだら大変な事になるんだろうな・・・
ジグソーさん☆是非とも誰もいない無人島でしたら・・・いくらでも駆けずり回れますよ♪
9. Posted by パピのママさまへ orange   2007年03月12日 23:37
こんばんわ☆

いえいえとんでもないですよ〜TBだけでも大歓迎なのでお気になさらないでくださいね。
すいません・・・かなり妄想や憶測が入ってますが、この作品も今年観た中でも思い入れの強い作品となりました。
映像と音楽が見事でしたね。特にカメラワークには翻弄され驚きました。
一筋の涙・・・愛への眺望か、起源的な母性への喪失感か・・・あまりにも切ない彼の行動と思いの反発が響いてきましたね♪
10. Posted by TAMさまへ orange   2007年03月13日 00:03
こんばんわ☆
コメントありがとうございました。

是非とも、ご覧になったら感想聞かせて頂けると嬉しいです。
この作品、結構好みが分かれているみたいなので・・・
お褒めの言葉ありがとうございます。
これからもよろしくお願い致します♪
11. Posted by なななさまへ orange   2007年03月13日 00:13
こんばんわ☆なななさん。
コメント&TBありがとうございました〜!

どこか禁忌的な雰囲気を漂わせる作品でもありましたね。
観ては行けないという気持ちも分かります。誰かの嫌な部分を覗いたかのような気持ちになる作品でしたね・・・

愛への憧憬が切ないのですが、彼の行った所業もまた悲しい・・・
香りの翻弄された作品でした♪
12. Posted by youpiさまへ orange   2007年03月13日 00:16
こんばんわ☆youpiさま。
ご訪問&コメントありがとうございました〜!

レビューの方が勝っていたなんて・・・とんでも無いです。
しかし、この作品。観る度にまた新たな発見がありそうな作品でしたね。
このポスター。作品の雰囲気を見事に語っているようで素晴らしいですよね。
うっとりしてしまいます。
レビュー。なるべくネタバレしないで(する場合もありますが、冒頭に注意書きします)楽しく書いていこうと思います。
これからもよろしくお願い致します♪

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
劇場公開作品

【2010年2月】

パレード★★★★

ルド and クルシ★★★

抱擁のかけら★★★

おとうと★★★★

インビクタス/負けざる者たち★★★★


【2010年1月】

ゴールデンスランバー★★★

ボーイズ・オン・ザ・ラン★★★★

フローズン・リバー★★★★★

Dr.パルナサスの鏡★★★

ミレニアム ドラゴンタトゥーの女★★★

板尾創路の脱獄王★★★

かいじゅうたちのいるところ★★★

(500)日のサマー★★★★



【2009年12月】

誰がため★★★

蘇りの血★★★

アバター★★★★

のだめカンタービレ 最終楽章 前編★★★

THE 4TH KIND フォース・カインド★★

インフォーマント!★★★

ジュリー&ジュリア★★★★

パブリック・エネミーズ★★★

カールじいさんの空飛ぶ家★★★★


【2009年11月】

ニュームーン/トワイライト・サーガ★★

戦場でワルツを★★★★

2012★★★

イングロリアス・バスターズ★★★★★

脳内ニューヨーク★★★★

Disney’s クリスマス・キャロル★★★

ゼロの焦点★★★

大洗にも星は降るなり★★★

スペル★★★★★

【2009年10月】

わたし出すわ★★

風が強く吹いている★★★

母なる証明★★★★★

沈まぬ太陽★★★★

アンヴィル!夢を諦めきれない男たち★★★★★

パイレーツ・ロック★★★★

さまよう刃★★★

クヒオ大佐★★★

戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH★★

狼の死刑宣告★★★

悪夢のエレベーター★★★

エスター★★★★

パンドラの匣★★★★

カイジ 〜人生逆転ゲーム★★★

私の中のあなた★★★★

ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜★★★

ワイルド・スピード MAX★★★

【2009年9月】

ドゥームズデイ★★★

男と女の不都合な真実★★★

あの日、欲望の大地で★★★★

アドレナリン:ハイ・ボルテージ★★★

空気人形★★★★

カムイ外伝★★★

プール★★

ウルヴァリン:X-MEN ZERO★★★

サブウェイ123 激突★★★

【2009年8月】

マーターズ★★★★

グッド・バッド・ウィアード★★★★

女の子ものがたり★★★★

ナイトミュージアム2★★★

20世紀少年 <最終章>ぼくらの旗★★

30デイズ・ナイト★★★

南極料理人★★★★

ノーボーイズ、ノークライ★★★

96時間★★★★

トランスポーター3 アンリミテッド★★★

キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語★★★

縞模様のパジャマの少年★★★★★

色即ぜねれいしょん★★★★

HACHI 約束の犬★★★

3時10分、決断のとき★★★★★

G.I.ジョー★★★

ボルト★★★★

サマーウォーズ★★★

コネクテッド★★★★


【2009年7月】

バーダー・マインホフ 理想の果てに★★★★

セントアンナの奇跡★★★

セブンデイズ★★★

アマルフィ 女神の報酬★★

ハリー・ポッターと謎のプリンス★★★

サンシャイン・クリーニング★★★★

モンスターVSエイリアン★★★★

ノウイング★★★

ごくせん THE MOVIE★★

MW -ムウ-






携帯から見れます☆
QRコード