2009年09月26日

空気人形4

kukiningyou




 地に足立つのは、空気の重みなのか。もしくは心の重みであるのか。ふいに本来持ち合わせない心を人形が持ったとしたらという空想の出来事は不思議にせまり、少しのおかしさを漂わせながら、何だか居たたまれない気持ちにさせてしまう。

 秀雄(板尾創路)は古いアパートで空気人形を慰み物として使用し、毎日あった出来事とは正反対の事を聞いてもらう家族として捉えているかのようだ。ただその方向性はもちろん一方向であり、その一方向という思いは彼の寂しさを紛らわすと同時に、彼に対して何物をも言わぬという閉塞的な居心地のよさがヒーリングとしてある。

 一方で普段から周囲の視線や言葉を嫌でも受け止めている秀雄にとって、家に帰ってまで生身の人間を相手にするつもりは毛頭無いらしい。そんな空気人形は彼の心と性の隙間を埋めるファクターとしての要素を押し出しながらも、その人形に生まれたのは本来持ち合わせない心という皮肉を表しているかのようであった。

 そんな心をもった空気人形(ペ・ドゥナ)は、秀雄が仕事に出かけた後、街へ出かける。ふわふわと足取りは覚束無く、出来れば家にいておとなしくしていれば良いものをなどと思ってしまう。まるで何も知らない子供の信念が道を進むかのように、新しい世界に向かって進んでいくのだ。

 その道のりに花を添えるかのように気になったのが、彼女の着ている服。最初はメイド服で出かけるが次第にその服装もまるで空気のようなふわりとした質感の服装をしている。しかも寒そうな日に夏服に近い格好で外を出歩くのだから、観ている方としては何だか肌寒い感じもするのだ。

 それこそ空気人形という心を持ってしまったけれども、体は以前として血の通わない物質的なものの象徴としてあらわにしているのであろうか。彼女の手は以前として冷たく、人に温もりを与えられない限りはその肌に暖を宿すことなど出来ないのかと。

 やがて彼女は、散歩で訪れたレンタルビデオ店でアルバイトをする事になる。そこで働く純一(ARATA)に働きかける心の感情とは何なのか。思わぬとまどいと覚えながらも紛れもない新しい感情=恋というものを芽生えさせていく躍動感はペ・ドゥナにしか醸し出せない感情の発露であろう。

 さて、ここで考えたくなるのは、彼女は人形でありそれ以上でもそれ以下でもないという厳然たる事実がある事だ。純一は人形としての彼女を受けいれるのか、そして心をもった人形の純然たる汚れていようで簡潔な心の動きがもたらす平易な恐ろしさというのは日常からかけ離れたところでどのように変化するのか。

 それを知る前と知った後では、この作品の表向きの躍動感は山を超えてあちら側に形を潜める事になる。心は押し出されたが、ふわふわと浮かび上がるかのような心の変遷は思わずして人形から空気が抜けるかのようにしぼみ、そしてそのオルガスムスから抜け出たかのような脱力感が襲う。

 これほどまでに観るまでと観た後のギャップに驚かされた作品も無い。それは良い意味で観客を裏切るか、ちょっと歯がゆいような思いを起こさせるかはそれぞれの感じ方によるであろう。

 そう、なんだかカメラワークもふわふわと躍動感と脱力感が同時に襲ってくるようで、その2つは紙一重のところで繋がっているのかもしれない。人形が心を持つという焦点の裏ごしとなって背景で描かれた人間が抱えてきた心とこれから関わっていこうとする人間の姿のように。


監督・プロデューサー・脚本・編集 是枝裕和
原作 業田良家
出演 ぺ・ドゥナ
   ARATA
   板尾創路
   オダギリジョー
   高橋昌也

9月26日 新宿バルト9にて鑑賞

『空気人形』
kukiningyou-t
orange0802 at 23:33│Comments(0)TrackBack(3)映画 「か行」 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 人形は羊の夢を見るか  [ 宇宙のめいぐると ]   2010年01月10日 14:41
「空気人形」
2. 空気人形  [ C'est joli〜ここちいい毎日を〜 ]   2010年01月22日 16:09
空気人形’09:日本 ◆監督・脚本・編集・製作: 是枝裕和「歩いても 歩いても」「誰も知らない」◆出演:ぺ・ドゥナ、ARATA、板尾創路、オダギリジョー、高橋昌也 ◆STORY◆古びたアパートで持ち主の秀雄と暮らす空気人形は、ある朝、本来は持ってはいけない「心....
3. 空気人形(99点)評価:◎  [ 映画批評OX ]   2010年11月27日 18:02
総論:みんなが心に感じる”欠如”こそが、他者へとつながる可能性。「誰も知らない」「歩いても 歩いても」の是枝裕和監督が、業田良家の短編漫画「ゴーダ哲学堂 空気人形 ...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
劇場公開作品

【2010年2月】

パレード★★★★

ルド and クルシ★★★

抱擁のかけら★★★

おとうと★★★★

インビクタス/負けざる者たち★★★★


【2010年1月】

ゴールデンスランバー★★★

ボーイズ・オン・ザ・ラン★★★★

フローズン・リバー★★★★★

Dr.パルナサスの鏡★★★

ミレニアム ドラゴンタトゥーの女★★★

板尾創路の脱獄王★★★

かいじゅうたちのいるところ★★★

(500)日のサマー★★★★



【2009年12月】

誰がため★★★

蘇りの血★★★

アバター★★★★

のだめカンタービレ 最終楽章 前編★★★

THE 4TH KIND フォース・カインド★★

インフォーマント!★★★

ジュリー&ジュリア★★★★

パブリック・エネミーズ★★★

カールじいさんの空飛ぶ家★★★★


【2009年11月】

ニュームーン/トワイライト・サーガ★★

戦場でワルツを★★★★

2012★★★

イングロリアス・バスターズ★★★★★

脳内ニューヨーク★★★★

Disney’s クリスマス・キャロル★★★

ゼロの焦点★★★

大洗にも星は降るなり★★★

スペル★★★★★

【2009年10月】

わたし出すわ★★

風が強く吹いている★★★

母なる証明★★★★★

沈まぬ太陽★★★★

アンヴィル!夢を諦めきれない男たち★★★★★

パイレーツ・ロック★★★★

さまよう刃★★★

クヒオ大佐★★★

戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH★★

狼の死刑宣告★★★

悪夢のエレベーター★★★

エスター★★★★

パンドラの匣★★★★

カイジ 〜人生逆転ゲーム★★★

私の中のあなた★★★★

ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜★★★

ワイルド・スピード MAX★★★

【2009年9月】

ドゥームズデイ★★★

男と女の不都合な真実★★★

あの日、欲望の大地で★★★★

アドレナリン:ハイ・ボルテージ★★★

空気人形★★★★

カムイ外伝★★★

プール★★

ウルヴァリン:X-MEN ZERO★★★

サブウェイ123 激突★★★

【2009年8月】

マーターズ★★★★

グッド・バッド・ウィアード★★★★

女の子ものがたり★★★★

ナイトミュージアム2★★★

20世紀少年 <最終章>ぼくらの旗★★

30デイズ・ナイト★★★

南極料理人★★★★

ノーボーイズ、ノークライ★★★

96時間★★★★

トランスポーター3 アンリミテッド★★★

キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語★★★

縞模様のパジャマの少年★★★★★

色即ぜねれいしょん★★★★

HACHI 約束の犬★★★

3時10分、決断のとき★★★★★

G.I.ジョー★★★

ボルト★★★★

サマーウォーズ★★★

コネクテッド★★★★


【2009年7月】

バーダー・マインホフ 理想の果てに★★★★

セントアンナの奇跡★★★

セブンデイズ★★★

アマルフィ 女神の報酬★★

ハリー・ポッターと謎のプリンス★★★

サンシャイン・クリーニング★★★★

モンスターVSエイリアン★★★★

ノウイング★★★

ごくせん THE MOVIE★★

MW -ムウ-






携帯から見れます☆
QRコード