巻き髪パンチ!!

上村由紀子の巻き髪な日常と非日常  ♪読むラジオなのっ♪

上村由紀子☆Profile

BlogPaint

     
上村由紀子(Yukiko Kamimura)

☆エンタメ系ライター(おもに演劇・ドラマ)+ラジオDJ、MC、ナレーター

TBS『マツコの知らない世界』「劇場の世界」に
”人生で3000本以上観劇した案内人”として出演


TBSラジオ『サキドリ!感激シアター』準レギュラー※

横浜市出身。桐朋学園大学短期大学部芸術科演劇専攻卒業
同大学演劇専攻科(修士課程)修了

観劇好きの母の影響で、幼いころからさまざまな劇場に通う。
劇団四季『キャッツ』初演を観て衝撃を受け
いつか舞台に関わる仕事がしたいと
高校3年生在学中に劇団青年座の夜間部へ。
演劇科の大学卒業後は、蜷川幸雄氏演出の舞台等に出演し
20代後半からはフリートークの世界へ。

bay-fm レギュラーDJ 、FM Nack5レポーター、JFNでのDJ
各種テレビ番組ナレーション、イベント・トークショーMC等の現場を経て
40歳の坂を越え、あるきっかけから「書く」世界へと飛び込む。

現在は雑誌、Web媒体を中心に
俳優、クリエイターのインタビューやコラム
ドラマやエンタメに関するアレコレなどを執筆しながら

演劇・ミュージカル関連のアフタートークショーや
トークイベントMCなど「喋る」仕事でも活動中。

Web媒体で執筆したおもなインタビュー記事

エンタステージ コラム
citrus コラム
All About

この他、雑誌、新聞等でも執筆


Twitter ID ( @makigami_p )

「書く」「喋る」仕事のご依頼、ご連絡はコチラに

stage4919☆gmail.com (☆を@に変えてご送信下さい)


オチャノミズデピクニック

7月のスタートアップトークイベント
『これってアリ?ナシ?観劇マナー』に引き続き開催した

PICNIC.シアトリカルトークイベントvol.1
『客席から2017年の演劇シーンを振り返る』
〜巻き髪、しのぶの演劇レビューの人とトークするってよ〜

11月25日(土)に無事終了致しました

PICNIC2


ご来場のお客さま
気にかけて下さった皆さま

本当にありがとうございました

今回も会場は劇場の椅子を数多く製作している
コトブキシーティングさんの劇場のようなショールーム

お客さまが7月の2倍ということで
スクリーンも二面に設定&どの席からも見易いレイアウトを組んで下さいました

04329_showroom_0011


ゲストにお迎えしたのは
現代演劇ウォッチャーの高野しのぶさん。

じつは、お会いしてお話するのはこの日が2回目。

今回、2017年の演劇界をテーマにトークをするにあたり
ワタシとまったく違う観劇傾向、趣味の方を…と考え
最初にオファーさせて頂いたのが高野さんでした。

初顔合わせの時は
好みの舞台、俳優に関する考え方の違いがかなりはっきり出て
正直、トークの出口が見えなかったりもしたのですが(笑)
本番ではびっくりするくらい”違うふたり”が噛み合ったと思います

当日
「緊張で全然寝れてなくて、ご飯も食べられなかったんですー」とおっしゃっていた高野さん。

嘘だ―(笑) 完璧に情報も思いも語ってくれてたよ。
ワタシ、フォローする箇所なんて1個もなかったもん。

PICNIC1


この日のトークイベントでは
冒頭でTBS『マツコの知らない世界』の「知られざる世界」をちょこっとお話し
高野さんをステージにお迎えしてからは

・2017年演劇的ニュース
・今年のベスト3作品(11月25日現在)
・2017年の上演傾向(ミュージカル・ストプレ)
・今年、心に刺さった俳優
・2.5次元舞台はどうなるのか
・2018年の注目作&注目ニュース

などを1時間ちょっとクロストークさせて頂きました

ちなみにワタシが挙げた2017年の演劇的ニュース3つは

・日下武史さん、中嶋しゅうさんご逝去
・四季劇場「春」「秋」改修に向けた取り壊し
 +IHIステージアラウンド東京、浅草九劇、オルナタティブシアター開館
・都立広尾病院が青山劇場跡地への移転を白紙撤回

PICNIC3


前回もそう思ったけど、今回もお客さまがあたたかかったなあ。
ステージ上まで物凄くポジティブな空気が伝わってきた

そうそう
前日の18時にキャンセルの受け付け締め切りをして
その後、追加エントリーをしたのですが
当日、ドタキャンがゼロだった
無料イベントでこれは珍しいこと。

お客さま、素晴らしいっ

そして、素晴らしいと言えば
コトブキシーティングの関係者の皆さま

企画に関して、いろいろなことを面白がって下さり
会場のことやお客さまにお渡しするお水の温度、お土産、アテンション、SNS等
大きなことから細かいことまで今回も素敵なタッグを組んで下さいました。

一緒に企画を立てたTheatre at Dawn・みなちゃん
プレイビルを作ってくれたやなパパ
受付を手伝ってくれたちあきちゃん、さっちゃん

すべての関係者の皆さま…本当にありがとうございました

PICNIC1

(高野さんはお顔出しNGのため、写っていません)

今年は
「書くこと」と「語ること」が
テレビ、ラジオ、トークイベントと仕事で多くリンクした1年でした。

それは自分がひとつの目標としてずっと目指してきたことで
本当に本当にありがたい

「劇場は人生を変える可能性を持った場所」
このことを、一人でも多くの方に実感して頂けるよう
これからも小さな一歩を踏み重ねていきたいと思います。

ご来場下さった方
気にかけて下さった方

またお目にかかれる機会がありますように

心からの感謝をこめて

ヒトカライタダク

8月後半から9月にかけて
ワタシのキャパを少し越える勢いで
人と会い、話す時間が増えています

…なかなかの引きこもり体質なのに

BlogPaint


先日もとある現場の終了後に
女性スタッフさんと初めてちゃんとお話する機会があったのですが

東京で初めて住んだ町が同じ&超近所
さらに
お互いの横浜の実家も近く、なんと、卒業した中学が同じと判明っ

うわあ
同じ大学や高校の人とは複数回遭遇したけど
中学が同じって初めてだー

パイセン、これからもよろしくお願いします(笑)。

BlogPaint


と思えば
あることがきっかけで
誰も連絡が取れなかった大学時代の同期とFBで繋がるというプチ奇跡も

現在はアメリカ在住の彼女。
演劇科の大学卒業後に住んだロンドン時代
『ミス・サイゴン』に出演…というところまでは人づてに聞いていたのですが

なんと、ジジ役として100回以上舞台を踏み
エンジニア役のオリジナルキャスト、ジョナサン・プライスとも共演歴があると

凄い― ジョナサン・プライスと共演って…おおおー(興奮)

そんな嬉しいサプライズがあったり
一時期、泣き笑いながら一緒に走った人と久々に飲んでみたり
TBSラジオ『サキドリ!感激シアター』のパーソナリティ&スタッフチームで
観劇の約束をしたり…と、ん?なんだかリア充みたいじゃないか

(いやいや、引きこもり系ですけど)

BlogPaint


8月は小さなアクシデントに見舞われることも多く
膝を抱える時間もしっかりあったのですが
そういうモロモロも
親しい人たちや一緒にいて楽しい人に笑い話として語ることで
すーっと楽になっていくのだと改めて実感しました

ほら、よく言うじゃないですか
「コップの水が半分」ってなった時に
「半分しかない!」ってなるか「半分もある!」って構えられるか。

ワタシの場合、明らかに前者です。
物事が降って来た時に必ずネガティブ方向に捉えてしまう。

そんな時に「え、まだ半分あるじゃん」って笑ってくれる人と
一緒に酔っ払うと…いいんですよ、コレが

9月にまた登れるか分からない山が1つありますが
そこをなんとかクリアして
秋から冬に向かうこの季節を体感していきたいと思います

そしてーー

11月の終わりに
例のアレ、またやるよー

テンキニツイテ

そう言えば
”転機”っていつも前触れなくやってくる。

え、今?そうなの?早くない?…みたいな。

パターンとしては

ちょっとしたorソコソコのピンチがあって
そこから自分が動くことで状況も動く…みたいな感じ。

その時に大事なのは
最終目的が何なのか、しっかり自分の胸に刻むこと。
ただ闇雲に動いても意味がない。

なんてことを考えつつ、朝4時に起床して
丸の内朝大学の「ミュージカル発見クラス」で
ゲスト講師としてお話させて頂いてきました。

この日のテーマは「メディアの活用法」。

メイン講師の超ミュージカル指揮者・塩田明弘さんと登壇し
メディアやプレスの側から見た取材現場のお話を1時間

勿論、塩田さんのことはずっと客席から拝見(拝聴?)していましたが
春のホテルラウンジ&当日の30分の打ち合わせ、そして実際のトークで
おこがましくも自分との共通点を感じました。

それは

客席と舞台とを”繋ぐ”役割の人だということと
既存とは少し違う立ち位置で現場にいるということの2点。

はい、おこがましいですね(汗)

BlogPaint


朝とは思えないナイト感満載の2ショット。
トップスの柄がうるさすぎる(笑)。

例えばこれまで
吉原光夫さんや柿澤勇人さんをお迎えしたトークショーでは
俳優さんのお話をお客さまにお届けするのがワタシの仕事で

コトブキシーティングでの観劇マナーに関するトークイベントや
丸の内で働くビジネスマン&ウーマンに向けて
コミュニケーションについてお話した朝イベントに関しては
進行もメイントークも自分で担う。

お客さまの前で”話す”ということは同じですが
話し手としての立ち位置は現場によって全く違うワケです。

20代の始めから人前で”話す”現場を3桁以上重ねてきて
この日の塩田さんとの掛け合いはちょっとこれまでにない感覚でした

またまたおこがましいですが
五分と五分でバンバンボールを打ち合い、返し合う感じ。

塩田さんのプロフェッショナルモードとお人柄のお陰です。
本当にありがとうございました

18朝大学3


さて、ちょっとこれから
イロイロなことが変化しそうな予感。

それがピンチになるのか、転機に昇華できるのか
小さな傷を作りながら、また動くことになりそうです。

そしてー
週末に伺った明治神宮でひいたおみくじ
なんと番号は「1」番

「誠実でありなさい」というメッセージがしっかり書かれておりました

誠実さと毒とを共存させつつ(えっ?)
あと3ヶ月ちょっとで終わる2017年を何とか生き抜きたいと思います

上村由紀子
twitter Time Line
月ごとのフリートーク♪
携帯からはコチラ
QRコード
livedoor 天気
タグクラウド
  • ライブドアブログ