巻き髪パンチ!!

上村由紀子の巻き髪な日常と非日常  ♪読むラジオなのっ♪

上村由紀子☆Profile

BlogPaint

     
上村由紀子(Yukiko Kamimura)

☆エンタメ系ライター(おもに演劇・ドラマ)+ラジオDJ、MC、ナレーター

TBS『マツコの知らない世界』「劇場の世界」に
”人生で3000本以上観劇した案内人”として出演


横浜市出身。桐朋学園大学短期大学部芸術科演劇専攻卒業
同大学演劇専攻科(修士課程)修了

観劇好きの母の影響で、幼いころからさまざまな劇場に通う。
劇団四季『キャッツ』初演を観て衝撃を受け
いつか舞台に関わる仕事がしたいと
高校3年生在学中に劇団青年座の夜間部へ。
演劇科の大学卒業後は、蜷川幸雄氏演出の舞台等に出演し
20代後半からはフリートークの世界へ。

bay-fm レギュラーDJ 、FM Nack5レポーター、JFNでのDJ
各種テレビ番組ナレーション、イベント・トークショーMC等の現場を経て
40歳の坂を越え、あるきっかけから「書く」世界へと飛び込む。

現在は雑誌、Web媒体を中心に
俳優、クリエイターのインタビューやコラム
ドラマやエンタメに関するアレコレなどを執筆しながら

演劇・ミュージカル関連のアフタートークショーや
トークイベントMCなど「喋る」仕事でも活動中。

エンタステージ コラム
citrus コラム
All About

この他、雑誌、Webでのインタビュー記事執筆多数。
(近々、リストアップ予定)

Twitter ID ( @makigami_p )

「書く」「喋る」仕事のご依頼、ご連絡はコチラに

stage4919☆gmail.com (☆を@に変えてご送信下さい)


TBS『マツコの知らない世界』ノセカイヘ

本日オンエアされました
TBS『マツコの知らない世界』「劇場の世界」
ご視聴下さった方々、ありがとうございます

ロケに入れて下さった各劇場関係者の皆さま
番組制作スタッフの皆さまに加え
お力添え下さった方、気に掛けて下さったすべての方たちに心からの感謝を

ということで
ここでは本人の備忘録も兼ねて
どういう流れで番組に関わらせて頂いたのか
書きとめていきたいと思います。

関係者のお名前、詳しい日時等は一部ボカしますので
ご了承くださいませ〜。

突然の連絡〜出演決定まで

1月上旬、早稲田大学教育学部授業での
学生からのフィードバックメールを読んでいる時に
仕事用のアドレスに1本のメールが届きました。

送信者はTBS『マツコの知らない世界』の制作スタッフさん。

今度「劇場の世界」で番組を作る企画があり
もし興味があれば、お話をさせて頂けないかとのこと。

元々、大好きな番組でしたし
「演目(作品)」「キャスト(俳優)」というカテゴリーでなく
「劇場」そのものにスポットライトを当てるという企画内容がとても興味深く
もし、出来ることがあれば是非!と、お返事しました。

その2日後に、たまたま赤坂に取材で行く予定もあり
TBSで担当ディレクターのKさん、ADのSさんと初めて面談。

私のバックグラウンドや
この時点では何も決まっていなかった「劇場」の切り取り方について
約2時間、お話をさせて頂きました。

最初に提案させて頂いたのは
・主にミュージカルや歌舞伎を上演する大劇場
・下北沢に点在する小劇場
・地方にある個性的な劇場

の3つのカテゴリー。

また、現在の演劇・ミュージカルの上演傾向等もお話し
この日は取材の都合もあったので、失礼しました。

この時点では、そもそも「劇場の世界」が番組として成立するのかも未確定。
まして、私が出演するかどうかは全く決まっていませんでした。
(ゴールデンの番組ですし、候補者は複数いらしたと思います)。

それから少し経ったある日
再びディレクターのKさんからご連絡を頂きTBSへ。
(この日も赤坂で観劇の予定があり)。

そこで更にピックアップしたい劇場の方向性や個性
自分と演劇、劇場とのこれまでの関係などをお話し
会議で最終決定が出るまで、連絡を待つ運びとなりました。

その3日後くらいでしょうか。
「劇場の世界」で番組を作ることが正式決定。
ゲストとして出演して頂きたい、と
Kさんからお電話があり、具体的に色々なことが動き出します。

4カ所でのロケ

企画・出演が決まってからの動きは早く
スタッフさんと一緒にピックアップした各劇場に連絡や折衝をして頂き
最終的にご紹介する劇場が決定!私が参加するロケは4カ所になりました。

自分にとってホームグラウンドとも言える
いくつかの劇場を今回ご紹介できなかったのは
ロケの日程と劇場側のスケジュール等が合わなかったからなのですが
これはいつか機会があることを楽しみにしたいです。

また逆に
貸館として稼働することが多い日生劇場に関しては
ロケ日と、劇場メンテナンス日が重なるラッキーもあり
「美の壺」以来、テレビカメラを入れて頂くことが叶いました。

ロケ中、いわゆる無理な演出等は一切なく
毎回「なるべく明るく楽しい感じで」…ほぼこの1点でした。
(だから、リラックスした状態でカメラの前に立てたのだと思います)。

4カ所のロケでラストとなった
新劇場・IHIステージアラウンドトーキョー。
昼間に竣工式が行われ
『髑髏城の七人』「花」キャストの皆さんが舞台に上がったことを受けて
その日の夜、豊洲に完成した劇場に入りました。

こちらの支配人さんは、元々赤坂ACTシアターの支配人だった方で
取材やアフタートークのMCに入る私のことをご存じでいて下さいました。
普段の取材では、ごあいさつ程度のTBS事業部の方たちと
色々お話させて頂けたのも嬉しかったです。

スタジオ収録〜その後

実は、ステージアラウンドでのロケ翌日がTBSでのスタジオ収録。

今回はカメラリハーサルが1番手
実際の収録は3番手なので、空き時間がかなり長いという状況。

朝、現場に入り、番組スタッフさんと段取りの確認や
フリップの受け渡し等を含めたリハーサルを行い
他の案件の打ち合わせ、書類作成、赤坂での軽い買い物などで
本番までの時間を過ごします。

そして、いよいよスタジオ収録…本番。

マツコさんと最初にお会いするのは
カメラが回って、本番の流れの中で呼ばれてから…ということで
スタジオのパーテーションの後ろにスタンバイ。
名前を呼ばれるのを待ちます。

マツコさんの「どうぞ」のお声掛けで
先ほどリハーサルした位置に座るのですが
…正直、それからのことはほぼ覚えていません(笑)。

ただひとつ
収録に入る前に心に留めていた事は
「飛んできたボールを確実に受けてお返しする」…これだけでした。

オンエアに乗ったのか、今の時点では分かりませんが
(このブログは放送日前に書いています)
収録の終盤にマツコさんが言って下さったある言葉を聞けたことで
この現場に参加させて頂けて、本当に良かった…と
心と身体がふっと浮いた気がしました。

収録後、楽屋に戻って着替え、お昼に食べられなかったお弁当を頂き
帰ろうとしたところで
Kさんと最初にメールを下さったAPのSさんが来て下さって
嬉しい感想をたくさん伝えて下さいました。

今回、事前のモロモロからロケ4カ所、そしてスタジオ収録と
スタッフさんとご一緒する時間も長かったのですが
Kさん、ADのSさんともに取材先である劇場関係者の方たちに
毎回とても丁寧に、敬意を持って接していらして
不要なストレスを一切感じる事無く、現場に立たせて頂けました。
(Kさんは山本耕史さんの若い時にソックリです

また、スタジオでの構成台本に関しても、細かいところまで一緒にご確認頂き
例えば「テレビ的にはこの方が面白いから」的な強引な押しもなく
収録日にプロデューサーさんや総合演出の方も含め
一番多く現場でかけて頂いた言葉は「楽しんで下さい」…この一言。

ああ、こういう空気の中、この番組は作られているんだ。
だから、視聴者としても大好きだったんだな、と。

そして
マツコさんは、色々な意味で本当に大きい方でした

今回の「劇場の世界」をひとつのきっかけに
少しでも多くの方が「劇場」や「演劇」に興味を持って下されば…
それが一番の願いと祈りです。

「劇場」はひとの人生を変える力を持った場所。
心からそう信じ、胸いっぱいの感謝をこめて。



上村由紀子(Yukiko Kamimura)


バタバタホヨホヨ

今年に入ってから
ずーっと続いていた「お祭り期間」が
2月の半ばで一旦終わりました

BlogPaint


まず
体調を崩してはいけない
そして
疲れから来るネガティブ思考に負けてはいけない

…そーんな日々

バレンタインデーの打ち上げ花火は
それまでの集大成のように、冬の空にパーンと上がった気がします
(本人、覚えていないことの方が多いのだけれど)


祭りの後は、地道な取材と原稿書き

さらに
ダッシュしてきた日々を取り返すかのように自宅で寝たおす

BlogPaint


そうか
あの謎の症状からもう1年か。
熱はないのに声が出なくて倦怠感が半端ない。
まさかの2週間分仕事キャンセル

さて、この辺で
ちょこっとモロモロ離脱します

3月終盤もナニヤラ祭が再開する予感満載…エネルギーチャージ

ビックリナイロイロ

お久し振りでございますー。
またまた間が空いてしまいました

あの、アレですね
Twitterとかですぐ呟けちゃうと、ブログまで手が回らなくなりますね。
あ、勿論言い訳です

12両国&ダンデライオン (35)


で、突然本文に入っていきますが
昨年の8月に物凄くショックな出来事があったんです。
非常に落ち込みましたし、誰にも話せずひとりで泣きました。

そんな時にですね、ある出会いがあったんですよ。
それも”衝撃的出来事”の翌日に。

暑いのと東南アジアみたいな湿気が渦巻く中訪れた参宮橋のお稽古場。
そう、あの劇団がスタートした場所です。

そこで、あの劇団の創立者の方に合同インタビューをさせて頂いたわけですが
その中にプレスの一人として彼女はいました。

質問の内容が…どうやら普通のライターじゃない(笑)。
これは子どもの頃から四季…あ、いや、あの劇団の舞台を観てきて
自分なりに歴史やバックボーンを調べている人だとすぐ分かりました。

ワタシは通常、現場で同業の方と名刺交換をすることはないのですが
その時は考えるより先に言ってました。
「ご挨拶させて頂いても良いですか?」って

そして、名刺交換をした彼女の口から出た最初の言葉は

「ウケる〜 マジか〜

それが彼女…Mちゃんとの出会いでした。

第一印象は
「は?ウケるとか…意味わかんない。なんなの、この人」。
そりゃそうですよね、名刺交換で笑われたの、初めてだし(笑)。

実はMちゃん
ワタシが書いたミュージカル関係のコラムや
インタビュー記事を読んでくれていて
「好きだ」とずっと思ってくれていたらしいのです。

…マジか

その3日後にはスタバで2時間お茶をして
Mちゃんとの不思議に濃ゆいお付き合いが始まりました。

そう、これが今から半年前

12銀座・清澄白河・イルミ (12)


なんかね、今思うと、あの参宮橋での夏の日から
自分がこれまでやって来たこと、願っていたことのイロイロが
嘘みたいに動き出した気がするんです。

年末進行でバッタバタの渦中
何とか打ち合わせを重ねて頑張った
早稲田大学教育学部での授業

Mちゃんが企画・進行をすべて取り仕切ってくれる中
コミュニケーションについてお話させて頂いた
GOOD DESIGN Marunouchiでの朝イベント『INVITATIONS
(みんな、素敵な笑顔だなあ

そしてこの後も
いくつかのサプライズ的な企画やお知らせが控えています

面白いね、人生。
何が起きるか分からないね。

また、こんな時だからこそ
目の前にいる人たちと今まで以上に信頼関係を作って
足元がしっかりした状態でちゃんと立たなくては…と思います。

はあ やっと年が明けた気がする(遅っ)


上村由紀子
twitterやってます
twitter Time Line
月ごとのフリートーク♪
携帯からはコチラ
QRコード
livedoor 天気
タグクラウド
  • ライブドアブログ