ブログネタ
★★劇場へ行こう★★ に参加中!



そんなこんなで  → ネエサントヨバナイデ 前編


2日目のワークは、前日にメールで発表されたグループ毎でのシーン稽古

ウチは10人の大所帯なので

演劇リハビリなうの巻き髪は、舞台上の場所取りが出来るか・・・もう不安


演出家の大まかな指示を受け、動きの確認をしながら、まずはざっくり流れを作っていきます


佐竹さんは基本、’女王様キャラ’の人なので、センター前方に座っている事も多いのですが

(えっと、’女王様キャラ’はあくまで役の設定ですからね・・・の 

他のメンバーの動きや位置を見ていると、劇団内の人間関係が一目で分かって面白い


約1時間の稽古を終えて・・・明日はもう・・・台本離して発表会 ひょー


2日目の帰宅後も、ソコは勿論、ノンアルコールビール


台本を読んだり閉じたりして、佐竹さんについて、色々考える・・・夜



BlogPaint



最終日・・・発表会の日


約2時間、チーム毎の打ち合わせと自主稽古をし、段取りの確認&1回通しを経て・・・本番

10人の我がチームは1番手  うん・・・この順番の方が緊張しなくてイイ


最後まで迷っていた佐竹さんの・・・ある意味、決めのセリフも

1回通しの後に、演出家と話せた事で何とかクリアに


場面と場面の間に音楽が挟まれたりしつつ

簡単な舞台転換なんかもあったりして・・・全8チーム あっという間の1時間半



BlogPaint



いやー

本当に楽しかったし、色々なギフトを頂いた3日間でありました


個人的には

長い間、台本のあるお芝居から離れて、インプロや朗読、リーディングを経験したりして

以前と比べて、良い意味で変われた・・・と実感できた事もあったし

・・・ああ、やっぱり苦手だ・・・と、再認識したいくつかの事もありました・・・


あの、ワタシはアレが・・・どうしても苦手なんです・・・プレーヤー同士の話し合い


勿論、プレーヤーも自分の役や戯曲全体の解釈がきちんと出来て

演出家の意図が分かっていなくちゃいけないのだけれど

大勢でシーンを作っていると、何となく&いつの間にか

押しの強い人や、コミュニケーション能力に長けている人の思うように場が動いてしまうことも多く

そこに違和感を感じながらも

的確に自分の意思を伝える事も出来ず、悶々・・・ってバージョンが昔からの・・・myパターン


・・・面と向かって、相手と真っ直ぐ戦うコトも、気持ち良く受け容れるコトも出来ない

まあ、砂場で力の強い子に、おもちゃを取られてグズるヘタレな子供と同じ状態ですね


今回、はっきりそういうシチュエーションがあった・・・と云う事ではないものの

一瞬、自主稽古中の役者同士のコミュニケーションで躓きかけた事は・・・自覚



仕事だったら、自分の立ち位置や役割がはっきりしているし

朗読は基本、1人の表現だし

インプロは予め何も決まっていない所から始まるので

役の解釈について、プレーヤー同士が話し合うことはまずナイ


・・・やっぱり・・・まだ・・・演劇的フルオープンマインドの壁は厚いデス



BlogPaint



んで

今回の配役やシーンのセレクトは、初日から全て演出家の指定だったワケですが

巻き髪が発表会で担当させて頂いた「佐竹由美さん」と云う役

正直、初日に制作さんから渡されたお土産封筒の中の台本を読んだ時点では

ノーマーク&「へ、この役っすか?」ってモードだったのですね。


実は、初日の短いシーン作りの時から、振って貰えなかったものの

やってみたい・・・昔だったら無理だけど

もしかして今なら出来るんじゃないか?・・・と惹かれていた役が他にあって

そのキャラクターのサバサバした感じや、ちょっとした姉御モード、すくっと立ってる凛々しさに

勝手に思いを馳せていたので・・・配役決定メールを読んで

「あれ? んんん こっちか?」みたいな感じになっちゃったりして


でもでも

もう1度、佐竹さんのセリフを読み直してみると・・・そこには衝撃の事実がっ



・・・って、本当は前・後編でまとめたかったのですが

またまたダラダラ長くなってしまっているので・・・続きは・・・次回に。


な、長ええよぅ 




そんなこんなで・・・Twitter




Twitter