ブログネタ
★★劇場へ行こう★★ に参加中!



こんなにも暑くなる少し前

横浜の実家@チチ&ハハを都内の気になるスポットに接待して参りました



BlogPaint




どおーーん

バベルの塔ではありません


代々木上原にあり、小田急線の車内からもその姿を臨む事ができる


   東京ジャーミイ


トルコ文化センターでもあり、イスラム教のモスクでもあるこの場所

一見、敷居が高そうにも思えますが

建物の外には「見学はご自由に」という看板もあって

一般の人も自由に中を見せて頂くことができるんですね



BlogPaint




建設は日本の会社、鹿島が請け負ったそうですが

建材や細かい細工のモロモロはトルコから直送したそうです

タイルの細かいお仕事 めちゃめちゃ手が込んでます。


受付の方に見学をしたい旨お伝えして、まずは1階のスペースから見学スタート



BlogPaint




談話室・・・的に皆さんが集まるスペースでしょうか

施設内はどこも綺麗に整えられていて、とても気持ちが良かったです



BlogPaint




そしていよいよ、上の階にある礼拝堂へ


女性は、髪の毛を隠して中に入るのがマナー

礼拝堂の入り口には、貸し出し用のスカーフも置いてありますので

持参するのを忘れてしまった場合でも大丈夫です



BlogPaint




スカーフを頭に巻き、靴を脱いで中に入ると

そこには本当に美しい世界が広がっていました



BlogPaint




巻き髪家の他にも、見学にいらした女性グループが何組かいらして

最初は皆さん、ちょっと畏れの様な気持ちをお持ちになるものの

礼拝堂の中に入るとその美しさに言葉を失ってしまうご様子



BlogPaint




イスラム教は、モスク内で改宗を求める事が禁止されていますので

見学中、宗教的な勧誘をされる事は一切ありません。

(ちなみにウチは、仏事も行い、神社にお参りもして、クリスマスもお祝いする典型的な日本人家族です)


写真の撮影も、営利目的ではないと受付で一声掛ければ快く許可して頂けます



BlogPaint




外の喧騒が嘘の様に、静かで美しい空間の中で

精神的にとてもゴージャスな時間を過ごさせて頂く事が出来ました


・・・ただ、この時は、ハハが非日常なシチュエーションにすっかり舞い上がり

ボランティアでお料理を作っているトルコの方にいきなり話し掛けたり

(ハハはトルコに1人旅に出た事があるほどトルコLOVEな人


礼拝堂でスカーフをお借りするのに抵抗があったらしく、持参の大判のハンカチで頭を覆うと

その姿がコントに出てくる泥棒の様にしか見えなくて、何気に面白くなってしまったりと

心静かに物思いにふける・・・という状況とは少々違ったので

改めて、ゆっくり訪れさせて頂きたいと思いつつ、この日は失礼したのでした




BlogPaint




東京ジャーミイを後にして次に向かったのは、volさんで5.6分の場所にある


  旧前田公爵邸


加賀百万石でお馴染み、前田家の16代当主 前田利為(としなり)侯爵が

昭和4年から5年に掛けて建築した大邸宅



BlogPaint




第二次世界大戦後はアメリカ軍に接収され

その後、東京都の管理を経て、現在は目黒区の管理の下、運営されているようです



BlogPaint




時間によっては1階のスペースで優雅な心持ちでお茶も頂けます

カフェコーナーのスタッフさんはシルバー世代の方も多く、接客の際の言葉がまた美しいのです




BlogPaint




カプチーノにLotusのカラメルクッキーが付いているのが嬉しい〜




BlogPaint




こちらはご夫妻の主寝室



BlogPaint




ここは奥様の社交室  てか・・・社交室ってナンデスカ



BlogPaint




Wの悲劇ごっこや

姫川亜弓&ばあやのクイーンメリーごっこには最適なゴージャス階段



BlogPaint




こちらの旧前田公爵邸

この日見学した洋館だけで

何と建築面積が1129

延べ床面積は2930 ・・・もあって


書生さんやお手伝いさんのお部屋、社交ダンスの準備室や資料準備室等

「準備」をする為だけのお部屋なども多々あって、回っているうちに段々感覚が麻痺してきます




BlogPaint





ココでかくれんぼ大会とかあったら盛り上がるんだろうなあ、と

庶民以外のナニモノでもない感想を抱きつつ

駒場を後にした巻き髪



駒場は大学生だったチチとハハがデートに使ったこともある場所だそうで

少しは当時のことも思い出して貰えたかと


ささやかなジッカ接待の1日だったのでありました



そんなこんなで・・・Twitter




Twitter