ブログネタ
★★劇場へ行こう★★ に参加中!




スピリチュアル・・・関係の事は良く分からないけれど

やっぱり自分に起きるすべての事は

時や場所を超え、繋がっているんだなあ、と思う今日コノゴロ



BlogPaint




先日

8月の「群読音楽劇 銀河鉄道の夜 2011」@桜美林 プルヌスホールで

一緒に10日間、銀河の中を旅した

18歳の大学1年生 Aちゃんと一緒に舞台を観に行って来ました


観劇後、フレッシュネスバーガーで

巻き髪 彼女はフレッシュオレンジジュースを飲みながら、トーク開始


銀河に関わっている時

Aちゃんをはじめ、桜美林の1年生女子3人とは、精神年齢の差を感じず

先輩・後輩という間柄とは全く違う関係性で仲良くして貰っていた巻き髪

んで、この日も

やっぱり精神年齢の差を全然認識しないまま  普通にトークが盛り上がって イェー


Aちゃんと話していると

ワタシなんかよりずっと大人で、ちゃんと周囲と自分を見ていて、家族の事を考えていて

笑顔の奥に秘密の引き出しが幾つかあって・・・凄いなあ・・・と、素直に尊敬してしまうのです




BlogPaint




10代の終わり 18歳の半年間

横浜市内の高校の授業の後、片道1時間45分掛けて、この駅に通っていました


今はもうなくなってしまいましたが

代々木八幡にある劇団青年座には

当時、学生だったり、昼間働いている人だったりを対象にした「専科」=夜間部があって

昼間のプロ俳優育成とは少し違った趣きの、18時30分オープンのこのクラスには

それはそれは濃ゆい方たちが集まっていたのです


自衛隊の除隊者、看護師さん、幼稚園教諭、モデル兼マダムのヒモ、エレベーターガール etc・・・


そんな中、まだ巻き髪になる前の高校生@18歳は最年少で

法を犯す事や、親の顔を見られないような事は流石にしなかったものの

年上の皆にくっついて、夜遅くまでお稽古の後も夜の街(主に新宿)に居ましたねー


無理して履いたサンダルで靴ヅレして、バレエシューズで歌舞伎町を徘徊してみたり


まあ書けない事もイロイロと・・・(ぼそっ)



BlogPaint




4月から半年後・・・1クール修了時に「ステージドア」という作品に

バーニスと言う、お調子者で空気が読めない女の子の役で立たせて頂きました

今考えると・・・当時からそのキャラ・・・だったんですねえ  ←今頃、気付くなよ

(「ステージドア」は当時、戸田恵子さんがいらした劇団・薔薇座のレパートリー作品でもありました)


そして高校卒業後

今度は片道2時間掛けて、演劇科の大学に通うことになるものの

まあ、今考えるともうどーしようもない19歳だったかと


自意識と自己愛が非常に強く、何かあると自らを振り返る前に、他者をジャッジしようとする

自信がある事とコンプレックスのバランスがめちゃめちゃで扱いにくい

チャレンジしたり、意思の疎通を図ろうとする前にココロを閉じてしまう・・・。



学校も1年生の時の記憶って

2月か3月の演技公開テスト以外・・・殆どないんですよね

ウチの学校の夏のお約束・・・八ヶ岳の合宿とか

多分、何か理由を付けてパスして・・・行ってないんじゃないかなあ


親にも不満をぶつけたり、ケンカをするような事はあっても

学費を出してくれてありがとう・・・とか

進学させてくれてありがとう・・・的な事を口に出して伝えた事もなかったし

多分・・・そんなの当たり前って、感謝の気持ちを持つ事すらなかったかもしれません


うわあ 書いててトリハダが立ってきました  もうもう酷いクソガキですよ




BlogPaint




なーんて

かなりイタタタな10代後半を過ごした自覚があるだけに

あの頃の自分の何万倍もしっかりしていて

他者に対して思いやりの気持ちを持って接する事のできる10代の子達と出会うと

その姿が本当に眩しくて可愛くて素直に尊敬してしまうのです


この日、ご一緒したAちゃんの話を聞いていて

それはきっと、今の彼女にとっては本当にソコソコ深刻だったり不安だったりするのだな、と理解しつつ

多分、殆どの事は25歳になったら笑い話になる・・・と何度も呟いてみたりして


まあ、その頃はまた、違う悩みや問題が出てきたりもするんだけどさ


ワタシなんて、楽に呼吸ができるようになったのは25,6歳位からがやっとで

親を含めた周囲の他者に、少しづつでも感謝が出来るようになったのなんて

下手したら・・・ここ7.8年の事かもしれないよー


ふげええええ 遅っ




BlogPaint




17歳・・・18歳になる4月のほんの少し前

上に書いた青年座の夜間部の試験に受かり

その入所金やレッスン料を払いに行こうと、都内に向かう電車に乗っていると

車内に、いつも舞台で拝見している大好きな俳優さんを発見

思わずそのお顔をじーーっと見ていたら、何とその方がお茶に誘ってくれたのです


「君はいくつなの?」

「17歳です」

「17歳かあ いいなあ、17歳ならなんだって出来るなあ」

「え? だってバレエをやってる子は3歳位から始めてるし・・・もうきっと遅いです」

「僕がちゃんとバレエのレッスンを受け始めたのは

    20歳の時だったよ 17歳 何だって出来るよ 何だって」



あの時は、その言葉を素直に信じ切れず

結局バレエは上手くなる努力さえしないまま、学校を出てしまいましたが

今になって思えば・・・17歳・・・間違いなく、間違いなく何でも出来る


大好きな俳優さんから言って頂いた事でも

自分への自信のなさからその言葉を信じられなかったのだから@当時の巻き髪

今、ワタシ如きがナニを言っても

悩みも多い彼女たちの心にはなかなかHitしないかも、と思いつつ


でもでも

18歳とか19歳 人生超これからだよー

今持ってる価値観なんて、後3、4年もしたらめちゃめちゃ変わるよー


そしてちょっと前より、確実にこの世界は女子が歩きやすくなってるよー


・・・と

先輩・後輩でもなく、勿論保護者モードでもなく

経験値がほんのちょこっと高い、同じ目線の友人として、彼女たちと絡ませて貰っているのも

きっと何かが繋がっているから・・・なのでしょう


さあ

パワーを頂いた分

ワタシも、目の前の事に少しづつチャレンジして行かないと、ね



こちらでも絡んで下さい・・・Twitter




Twitter