ブログネタ
★★劇場へ行こう★★ に参加中!



今年、2011年も残すところあと1ヶ月なんですね  早っ


何だかもう、まとめなきゃいけない事、考えなきゃいけない事、総括したい事等山盛りなのですが

とりあえず、11月中盤〜後半のプチトピックスを



BlogPaint




・・・コレ、一体何の映画のセットですか?


と、つい呟かずに居られないカオスなSPOT・・・浅草


オモシロSF映画のCGにしか見えません この角度からの風景 不思議過ぎます




BlogPaint





遠近感さえヘンな感じになりながら

ハハのたっての希望でやって来たのはコチラ



BlogPaint




どーーん


・・・って、外観だけだとイマヒトツ分かりにくい



BlogPaint




はい そうです


隅田川沿いに建てられた素敵な芝居小屋


平成中村座


11月の夜の部にお邪魔してきました

平成中村座では、舞台上演中以外は写真撮影が可能です



一、猿若江戸の初櫓(さるわかえどのはつやぐら)
              猿若  勘太郎
           出雲の阿国  七之助
          奉行板倉勝重  彌十郎


二、伊賀越道中双六(いがごえどうちゅうすごろく) 沼津

          呉服屋十兵衛  仁左衛門
              お米  孝太郎
            池添孫八  彌十郎
            雲助平作  勘三郎


三、弁天娘女男白浪(べんてんむすめめおのしらなみ) 浜松屋より勢揃いまで

         弁天小僧菊之助  七之助
            南郷力丸  勘太郎
           赤星十三郎  新 悟
         浜松屋伜宗之助  国 生
            忠信利平  彌十郎
          日本駄右衛門  橋之助



夜の部は、上記3つの演目が上演されたのですが

個人的には勘九郎の襲名が決まった勘太郎さんの気迫と自信に溢れた踊り&お芝居

仁左衛門さんの美しさと繊細なお芝居にヤラれた4時間でした


・・・七之助さんは本当に可憐で可愛いのだけれど

女形としての引き出しがまだ少ないような気もしたり

後、弁天小僧菊之助の口上は・・・もっと頑張ってえええ


弁天娘女男白浪の口上は、橋之助さんという芯があって、何とか聞けつつ

やっぱり、若手の弱さもしっかり目に付いてしまいました

と、特に 国生さんと新吾さん・・・




BlogPaint




ハハはご贔屓の仁左衛門さんがすぐ近くに来てくれたので大喜び

白浪で、5人が並んで口上を述べる場のお着物のデザインが夫々格好良かったなあ




BlogPaint




終演後は、夜の雷門を眺めつつ

洋食屋さんでハハと晩御飯

帰りに駅まで彼女を送り、横浜と都内、お互いの帰路に着く・・・何だかちょっと不思議な感じ


そうだよ

ワタシの人生、横浜の家を出てからの時間より

アナタと一緒に生活してた期間の方がまだずっと長いんだよね





BlogPaint




イタリアン、ほぼ不毛の地と思っていた新宿の裏道に

知る人ぞ知るオステリアがあると伺い、お邪魔してみました


オステリア・ヴィンチェロ


え、本当にこんな場所にイタリアン? と思いつつ、ビルの半地下に降りると

そこには大人のための空間が




BlogPaint




ズッキーニとまぐろのタルタル ミルフィーユ仕立て


お料理の外側に描かれたソースの地図

ピンクペッパーはピリリとお仕事してました




BlogPaint





こちらは

コースのお料理に合わせて、お店セレクトのワインをグラスで1杯づつ出してくれるのです

んが

元々、ワインにそんなに詳しくない上に

お料理に合わせてガンガン出てくるグラスでかなり酔っ払い・・・あああ、意識が・・・




BlogPaint




海老とヤングコーン エリンギのフリット


この辺りのお料理がオステリアならでは・・・と思いました

良く伺うリストランテでは出されないモードのシンプルな一皿




BlogPaint




手打ちパスタ@ボンゴレ風味




BlogPaint




4種のチーズのパスタ



多分、この辺りからワインも白から赤に変わったかと




BlogPaint





牛肉のタリアータバルサミコ添え


このメインが・・・もうもうめちゃめちゃ美味しかったのです


イタリアンはフレンチと違って、途中にパスタという炭水化物を挟むせいか

殆どの場合、巻き髪はそのパスタでお腹がいっぱいになってしまい

メインは惰性・・・というか、流れで頂く事も多いのですが

牛肉をシンプルに調理したこちらの一品 これまで食べたイタリアン@牛肉の中で最高だったかも




BlogPaint




メインの後に出たドルチェ(ティラミス)は酔っ払っていた為、画像が・・・ナイ

こちらは、デザートワイン 

酔っ払っているのに不思議とすいすい飲めてしまう魔法のワインでした


・・・最初の泡も含めて、トータルで7,8杯は飲んだでしょうか

完全に自分のキャパを越えた量で・・・帰りは陽気な酔っ払い@馬鹿


誘ってくれた外科医の友人に絡んだり殴りかかったりしていないか・・・心配です




BlogPaint




・・・と

ただワインで酔っ払い、マチナカでクダを巻いていたばかりではなく

夏の「銀河鉄道の夜」後、巻き髪的に

2011年の下半期、大きなトピックの1つであるこちらに今年も参加させて頂きました


心の中で勝手に「オールドデュトロノミー」と呼ばせて頂いている

演出家 鴨下信一さんの「日本語の学校」


今年も、心に嵐が吹き荒び、目からウロコが100枚落ちて、まだ少しボーっとしているのですが

この事もまた改めてUP出来ればと思います





こちらでも是非絡んで下さい・・・Twitter




Twitter