ブログネタ
★★劇場へ行こう★★ に参加中!




少し前に目にした悲しいニュース

銀座テアトルビルの売却に伴い

2013年の5月末をもって、ル・テアトル銀座が閉館・・・




BlogPaint






巻き髪が横浜の高校生だった頃

受験勉強で予備校や塾に通う同級生たちを横目に

放課後、「ぴあ」で、この劇場の上演演目を調べ

(当時は銀座セゾン劇場と云う名称で呼ばれていた。)


学生証を提示すると、ほぼどんな演目でも2000円で観劇出来る当日券

「ジーンズシート」を窓口で購入し

新しい瞬間に出会える事にドキドキしながら客席に座っていたのを今でも良く思い出す





杉村春子





演劇と云うものを学ぼうとするのなら一度は観ておかないと

&どんな凄い演技なのだろう、と客席に座った

杉村春子さんがブランチを演じる「欲望という名の電車」


劇場最後列に座っていたにも拘らず

ブランチの「あたし、もう30歳なのよ」というセリフに

心の中で「いや・・・それはナイ」と激しくツッコんだり


今、杉村さんのブランチを観る事が叶うとしたら

もう少し違う目線で異なる感想を持てるのだろうなあ





BlogPaint





ジーンズシートの設定が何故か最前列で

幕が開いた瞬間から終幕まで

余りの衝撃とカッコ良さ、大人の世界を目の当たりにし、震えが止まらなくなった

秋元松代 作  蜷川幸雄 演出 「七人みさき」




BlogPaint





多分

子供の頃から今日まで観劇した数えきれない作品のラブシーンの中で

この「七人みさき」近藤正臣さんと名取裕子さんの場面が

自分の中では一番美しく、心臓がバクバク鳴ったシーンだと思う



近藤正臣さんより名取裕子さんの方が身長が高い為

蜷川さんは舞台上の階段を上手く使い

二人の身長差が見えない演出をしていて、それも強く印象に残っている





BlogPaint





当時、好きだった人にもこの舞台を観て欲しくて

凄い勢いで「良かった もう絶対観た方が良いっ」と力説し

彼が来ると思われる日に、劇場の前で待っていたのも

今となっては懐かしい・・・痛い・・・思い出  イタタタタ


・・・結局この「七人みさき」は4.5回観劇したんじゃないかしらー






BlogPaint





そう云えば

2005年にはこんなプチレアなストプレもありましたね〜

山口祐一郎さん主演 「そして誰もいなくなった」 @アガサ・クリスティ





BlogPaint





なーんて

この劇場にまつわる色々な事を思い出しながら某作品を観劇






BlogPaint





東京の劇場シーン

もうじきオープンする渋谷ヒカリエ内の

シアターオーブがしばらくは注目を集めるのでしょうが


個人的に

文化・・・特に演劇関係に関しては、東急グループの持つ劇場より

西武系(今はまた色々変わってしまいましたが)の

劇場のデザインや客席配置、スタッフさんの対応が好きな事もあり


何だかちょこっと切ない夏の夕暮れだったのでした


本体の小売の方で色々な話も聞こえてきますが


PARCO劇場だけは・・・どうか・・・今のままで




こちらでもゼヒゼヒ絡んで下さい・・・Twitter




Twitter